Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/04«2017/05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
今月一杯でイギリスを離れることになった。転勤である。転勤先はフランス、と言いたいところだが、ドイツ。前の勤務地だ。欧州本社に戻ることになる。急に決まったわけではなく、もうかなり前から分かっていたのだが、いよいよ時が迫ってきたので、ここで明らかにすることにした。

二度に渡るイギリスの生活は通算三年ほど。一度目は一種のプロジェクトであり、その後にアメリカへの留学も控えていたので、一年半の計画通り。今回二度目もプロジェクト的な意味合いが強く、腰をすえて長期という雰囲気ではなかったことは確かだが、それにしても短かかった。身軽な単身ならまだしも、学齢期の子供も抱えた四人家族、教育の一貫性、言語の発達など、抱える問題は多く、妻子には申し訳ないと思う。

転勤、転居にまつわる話はまた後日。というわけで、天気が良かったこの週末は最後のロンドンの観光に出かけた。引越し前の見納めということで、名所をおさらいした感じである。
まずはWestminster Abbey。最近はダ・ヴィンチ・コードのおかげでアイザック・ニュートンのお墓が注目される。
LDN_Westminster.jpg


ビッグベン。手前の集団はイスラエルのレバノン侵攻に抗議するデモ。レバノン移民が多いのもロンドンの特徴。
Big Ben


テートモダン美術館側からセント・ポール大聖堂を望む。美術館と大聖堂は2001年以来、ミレニアム・ブリッジで結ばれている。
St. Paul’s Cathedral


発電所を改築して作られたテートモダン美術館。現在はカンディンスキー展が開かれている。
Tate Modern Museum


新しいロンドンの奇抜なランドマーク二つ。手前がシティホールで、右端がErotic Gherkinとあだ名されるスイスの保険会社の建物。
London City Hall and Erotic Gherkin


世界最大の観覧車(Observation Wheel)。ロンドンアイ(London Eye)。ブリティッシュエアウェイズが経営しているため、ゴンドラに乗り込むことをDepartureと呼ぶ。
London Eye


夕日に染まるタワーブリッジ。今日は橋が跳ね上がる様子も見ることができた。
Tower Bridge


スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
国をまたいでの転勤とは大変ですね。
お子さんの教育の問題など、私には想像もつかないようなご苦労がおありかと思います。

日本は梅雨特有の不安定な天気ですが、ヨーロッパは如何でしょう。
ご家族の皆さんも、勿論TIさまご自身も体調をお崩しになりませんように。
つつがなくお引越しが終わられることをお祈りしております。
そして、ドイツでもどうぞよいお仕事が出来ますように。
良く判りませんが、一応日本式に・・・

ご栄転おめでとうございます。
予定通りの移動のようで・・・お仕事は順調ですね。
ご家族の皆様は大変でしょうけれど・・・・ポジに考えて・・・
基本は何処で生活していても同じでしょうから・・・。
と他人は、ナンとでも・・・
お体に気をつけて、移動してくださいね。
傍観者は、まだまだ続くヨーロッパの情報を楽しみに致しております。

ファイト!!!
ドイツに転勤なんですね~おめでとうございます、で良いのでしょうか?
生活をするとなると国をまたいで引越しですからTIさんもご家族も大変な事も多いでしょうね。
お子さん達は順応性が優れていると思われるので切り抜けて成長してくれるのでは
ないでしょうか。
しばらくは大変でしょうけど家族全員が一緒に暮らせるほうが良いですよね♪
これからもブログ楽しみにしておりますので
頑張って下さいね!
はじめまして♪
古い方のブログを先ほど知ってコチラへ参りました。
年に数回ヨーロッパへの出張があるのでとっても興味深く読ませていただきました。
参考になる事も多そうで、楽しみが増えました。
これからじっくり読ませていただきますわっ☆

それにしても、もうすぐドイツへ転勤とは残念ざますっ。
あ、いえ、おめでとうございます!(笑)
あちらへいらしても、イギリスやフランスへご出張の際には記事をアップしてくださいね♪

ところで、地下鉄Map。そんな昔にデザインされたものだったんですね!
ちょっと感動すら覚えましたっ。 ロンドンのデザイン能力ってスゴイと思っているんです。他の国にはないものを持っているような気がして、惹かれます。なぜでしょう?
今のMapの表紙というかなんというか、線でごにょごにょ書いてありますよね。
アレを見た時、「元のMapに、かなり忠実に書いてあるぅううう!」って、ひとりで感心してましたのよ(おほほほほ・・・

あと、チルアウトのコーナーも、ロンドンで必ず立ち寄ります。
いつもジャケ買いなのですが、なかなかムツカシイんです。
今度行く時は、ここで紹介されているのも参考にさせていただきます!

長くなっちゃってごめんなさいね。久々に龍崎の中でヒットしたブログだったので。
piaopeng さん
ありがとうございます。ヨーロッパは例年以上に良い天気が続いております。今日もロンドンは32度まで上がったようです。しばらく雨が降っておらず、水不足が問題になっています。引越し、うまくいくかどうか、最近は引越しにも慣れが出てきて逆に慎重さがなくなり、抜けがたくさんあるのではないかと不安です。引き締めてかからねば。
華さん
ありがとうございます。まだ栄転かどうかは結果が出ていませんので分かりませんが、そうなるようポジティブに考えてがんばります。引き続き、ヨーロッパにはおりますから、ブログのタイトルは変更不要ですね。これからもよろしくお願いします。
ステラさん、
そうですね、子供たちがうまく順応してくれれば、私たち両親としても気が休まると言うものです。私たちは少々大変でも家族が一緒に住むのがベストと信じていますので、どこにいようが一緒に入れることが大事ですね。これからもよろしくお願いします。
龍崎 瞳さん、
初めまして。気に入っていただきありがとうございます。
ロンドンのデザイン能力が世界的に見て優れていると言うのは、特に商業デザインにおいてはその通りだと思いますよ。世界レベルで優れているとされるデザイン集団やクリエイターが世界中から集まっていますから。実際私も仕事の絡みでデザインエージェンシーなどとやりとりがありますが、とにかくロンドン中心ですね。

チルアウトでは、つい最近Hed Kandiレーベルから"Serve Chilled"シリーズの新しい二枚組が夏向けにリリースされましたので、チェックしてくださいね。

それではこれからもよろしくお願いします。
ご無沙汰しております。
ドイツですか。落ち着くまでしばらく大変かと思いますが(もう、かなりの経験がおありでしょうからお手のものでしょうか?)、引き続き楽しみにしております。
これからはいままで以上にドイツのお話が多くなりそうですね。
わたしは只今ブログを休んでいますが、そのうちまた再開します。内容は今までどおりつまらない感じで。。。^-^;
こんにちわ^^。転勤ですか・・・。(日本式に)おめでとうございます! 
そして、、面識もないのに、こんなことをいうのは、なんですが、、、奥様に、「がんばってください。」と、、、お伝えください。 デュッセルドルフ、、となったら、ロンドンよりも、、、、大変でしょう・・・・(何が?なんて 聞かないでくださいね・・・。)。 ご存知と思いますが、『インマーナン、30秒(60秒?)、オーバーカッセル、3分 』というところですから、「お仕事」されている男性諸氏とはまた違った苦労が、ご夫人方には、待っていると思います。
それこそ、もう20年近く前ですが、三○物産のあるご夫人と知り合いになって、彼女のお宅(デュッセルドルフ)にお邪魔したことがあるのですが、、、、商社の方々の生活って大変なんだな~と、あの時初めて、思いました・・・。  我が家も、配偶者が、転勤予定ですが、私と娘は半年は、日本に残る予定です。 学校に通える状況となったら、あとで行くかもしれません・・・(そう、そんなところです、学校はあるのですが、住居がね・・、っていう・・・。欧州とは大違いです~)。では、! 
訂正: インマーマン です。 キーボードの NとM、間違えました、、m_ _m.
直海さん、
お久しぶりです。おかげさまで、海外引越しはさほど特別なことではなくなってきました。特に勝手知ったるドイツですから。最近ブログの更新が無いのでどうされたのかなとは思っていました。再開されるのを楽しみにしています。今後ともよろしくお願いします。
宇宙和里さん、
メッセージをありがとうございます。ええ、確かにデュッセルならではの狭いコミュニティがありますから、気の使い方はロンドンのような大都市とはかなり異なりますね。そういう意味ではロンドンのほうが気楽でしょう。

単身赴任されるのですね。私の周囲にも何人かそういう境遇の人がおりますが、ご本人もご家族も気苦労含めて大変だろうと想像します。半年後、どうするか、考えどころですね。
TIさんやご家族にとっては大変でしょうけど
私は、デュッセルドルフの話が聞ける!と
今から、わくわくしています。

日本クラブの様子とかも、どうなっているのか
知りたいな~。
そうそう、そういえば、一時クラブ会報誌の
挿絵を描いていたことがありました。。
ほんの短い間だったけど。

ところで、急ですがブログをやめてしまいました。
別に深刻な理由はないですが、
まあ、色々な事情が重なって・・。
でも、やめてみるとなんだか寂しいものですね。
きっと、余裕ができたらまたどっかで再開しそうな
気がします。
こちらには、今までどおり遊びにきますので
よろしくお願いします。
追伸:


>テートモダン美術館。現在はカンディンスキー展

↑ これだけを見に、ロンドンに飛んで行きたくなりました!
さらみさん、
日本クラブの行事にはソフトボール大会だけしか参加したことが無かったので、どうなっているのか、さっぱりですが、また何かネタがあればアップします。

ドイツ語が分からないと、現地のニュースなどが分からず、ブログも話題が偏りそうなので、ドイツ語の勉強を再開したいと思っています。

ブログ、突然の終息宣言、驚きました。とても好きなブログだったので、残念です。またいつの日か再開されるのを楽しみにしています。

カンディンスキー、お好きなんですね。今、Royal Academy of Artsではモディリアーニ展もやっていて、こちらも見に行きたいと思っています。
チルアウト
オススメ、ありがとうございました!
>Serve Chilled
出張用の手帳にメモりましたーっ。
来月行くので、早速チェックしてきます。


ブログの文章から受ける印象と、TIさんの音楽の好みが一致しないのは私だけでしょうか(あ、いい意味でです。。
私は常に『自然とカラダがリズムにのってしまう曲』に出会いたいと思っていますが、
選ぶセンスがないのと、仕事の合間のほんの少しの時間で選ぶのとで、なかなか出会えません。

静かな感じでも、うるさい感じでも好きですが、何か他にもオススメがあったら、また教えて下さい。
前回行った時は、Cafe Madu??(お聞きになった事、ございますか?)のシリーズや、他のCafeのシリーズのCDをたくさん見ました。これは人気のCafeもの??? 何かよさげな予感がしたのですが(はずれてるかもですが・・・笑)、この時は5分くらいしか時間が無く、試聴のところにあったCDを買ってくるだけに終わってしまいました。。。 

TIさんは、いつもどーやって自分好みの音楽にたどり着くのですか?
龍崎も早く自分のブログにオススメの音楽など紹介してみたいものです。。。とほほ
龍崎 瞳さん
難しい質問ですね。『自然とカラダがリズムにのってしまう曲』で私が好きなのはブラジル音楽ですが、最近名曲「マシュ・ケ・ナダ」で復活したセルジオ・メンデスがブーム再燃のようですね。

Cafe Maduとは聞いたことがありませんが、スペインのイビサ島のDJが編集したコンピレーションCafe Der Marシリーズは好きです。ヨーロッパでも数年前ブームになり、1から7くらいまでシリーズで出ています。日本のCDショップにもたくさんありますよ。

龍崎さんのブログ、今度紹介してください。
音楽の好みって
色んな音楽を知らないだけに、伝えるのはとてもムツカシイです。
まぁ 音楽音痴といいますか・・・(照) 申し訳ない。。。
ブラジル音楽ですか。 全くわかりません(汗) ちょっと注意して見てみます。

スペインに行ったとき聞いたフラメンコとヒップホップが混じったような(???)曲を聴いたときは『コレだ!』と思ったのですが、聞く人がいなくて未だに謎のままです。。。(凹)
一応空港で店の人に曲のイメージを伝えて買ったのですが・・・ぜんぜん違ってました(がびーん)

Cafe Der Mar シリーズ! 見ましたみました! たくさんあってどれか迷いそう(苦笑)
今度買ってみます。あのようなシリーズものは、最初に出たものが当たりな気がしますが、どうでしょう。。。 イビサのCDは結構買いました。好きですっ♪ でもだんだん飽きてきたというか・・・感動がなくなってきちゃいました(-_-;) ノリはいいですよね♪
なんとなくでも、ヒントをくださってありがとうございました。 お忙しいのにごめんなさい。

龍崎のブログは・・・不良な部分で書いてますので、TIさん、鼻血だされるかもしれません。。。(爆)
アドレス残させて頂きますが、どうかお気遣いないように。(あ、ちなみに自分が来易いように勝手にリンク貼らせて頂いています。お許しを)
ここでは真面目な龍崎で通しますので(苦笑)

龍崎 瞳さん、
スペインの音楽がお好きなら、ブラジルも結構いけるのではないでしょうか?同じラテン系で共通点はたくさんありますので。 Cafe Der Marですが、確かに最初の方がクオリティが高いのかもしれません。ただ、意外と6なんかがよかったりします。

鼻血、出してしまいました(笑)。また、遊びに行きます。リンクいただくのはうれしいので、ご遠慮なく。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/94-dc12e053

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。