Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/10«2017/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
今日はまたドイツに。最近は毎週のように通っている。ワールドカップのこの時期、航空運賃がつりあがって、驚くほどの高さである。

ヨーロッパを旅しているとどこでも聞こえる都市の音というものがあるとすれば、なんだろうか。
最近あるメロディーを聞いて、これこそが現代ヨーロッパの都市を象徴する音だなと思い至った。

Nokia Banana Phone for Matrix

それはNokia Tuneである。フィンランドが生んだ世界最大の携帯電話メーカー。世界シェアの3割を握るが、ヨーロッパ地域でのシェアはさらに圧倒的。世界で数億台も使われるその携帯電話に必ず入っている着メロがNokia Tuneと呼ばれるこのメロディ

単調で上っ調子なメロディで、さして美しいとは思えないのだが、この10年ほどヨーロッパの町のありとあらゆるところで聞こえるものだから、いつの間にか耳になじんでいる。20世紀の終わりには日本ではすでに着メロは定着し、和音となり、高音質化し、多様化してきた。ヨーロッパは日本には数年ほど遅れながらも、着実に高音質化、多様化が進んでいるのだが、それでもNokia Tuneだけは昔も今も変わらずに鳴り続けている(音質だけは向上しているがメロディは変わらず)。

ヨーロッパのブランドというのはデザインに統一性をもたせるのがうまい。たとえばBMWやメルセデス、プジョーの車はどのモデルであっても一目でそれで分かる。核となるデザインがどの時代のどのモデルでも共通だからだ。最初は無骨に見えても、長い間をかけていつの間にかそのデザインが深く人々の間に定着している。そんなヨーロッパのデザインはバッグや時計など他にもたくさんある。

Nokiaがそれと同じことを「音」でやっている。世代、モデル、地域を超えて人の耳に届くNokia Tune、いつしか耳になじむそのメロディは音のブランドとも言える。
スポンサーサイト

コメント

ノキアの携帯の呼び出し音ですか?
娘にイギリス契約のノキアを持たしています。
ブタペストのホテルで、深夜響くノキアの呼び出し音・・・・。
耳についています。

娘は日本にかけるときはボーダホンのカード、ルーマニア近辺は、オレンジカードをノキアに入れなおして使っています。

ルーで購入した携帯は既に壊れて・・・・ノキアは丈夫ですわ・・・。
こんにちわ^^。私も、持ってま~す! vodafoneのプリペイドの携帯を愛用している私ですが、事情があって、妹から名義変更し、vodafoneの契約携帯も持つことになり、そっちの携帯を、「NOKIA」 にしました^^。そして、この音を メールの受信音にしています。しばらくまえ、私の配偶者が、このメロディの出所(=このメロディは、この部分の前に、メロディが着いているんですよ、そして、この携帯音の部分に繋がる・・・。)を調べて、いました。ダウンロードしたかったみたい。彼のは、NOKIA ではないので・・・。ちゃんと 曲名()作曲者)もあったと思うんですが、忘れてしまいました。 
で・・・音の話、 日本の音は??? お寺の鐘?! 最近、(米軍のジェット機の音!といいたいところですが!) いろんな町で、スピーカーから電子音の”野ばら”などのメロディが流れます、5時とか、正午とかの決まった時間に・・・(私の実家の町は正午と午後六時でした。曲がそれぞれ違います。どっちかが、「恋は水色」でした。)。 中東にいくと、アザーンが 響きますよね。結構好きでした^^。
華さん、
やはりヨーロッパとアジアではノキアの電話が一番信頼がおけるという気がしてしまいます。やはりどこでもつながるというのがポイントですから。ノキアの端末は日本のものより大きくて無骨な感じがしますが、華奢なものはヨーロッパでは好まれませんし、中東やアジアなどより環境が厳しいところでの使用にも耐えるようになっているのでしょうね。
宇宙さん
ノキアの端末、市場環境が特殊な日本市場では苦戦しているようですね。
そうですか、Nokia Tuneはある曲の一部分なんですね。誰が作った曲なんでしょうね。

日本の都市音、私にとってはJRのプラットフォームに流れる電子音ですね。ヨーロッパなら教会の鐘も思いついたのですが、ドイツなどカトリックの国ではよく聞こえますが、イギリスなどではまず聞こえないので、違うかなと。その点、ノキアの着信音はヨーロッパ共通ですから。音に風情があった時代は、ヨーロッパも日本もとうの昔に終わりを告げているのかもしれません。
同感です
私もこのメロディーが町中で流れているのでビックリしました。
あのメロディーは何?と現地の子に聞いて
NOKIAの着メロだと知りました。
スペインだけではなかったんですね。
みんな思ってたんだと思うとうれしくてコメントしちゃいました☆
vacacionesさん、
コメントありがとうございます。そうですね。あの音楽はスペインだけでなくて、ヨーロッパ全土、さらに日本を除くアジア全土でおなじみの音だと思いますよ。ヨーロッパだけでなく、全世界で日常的に鳴り響くメロディとしては、世界一ではないでしょうか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/74-ec47e86b

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。