Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
結局、もう一晩デュッセルドルフですごし、翌朝の飛行機でロンドンではなく、バーミンガムに到着。BAの係員の案内で空港を出るとそこにメルセデスが待機しており、自分たちを乗せて二時間弱のドライブの末、ヒースロー空港の駐車場まで送り届けてくれた。疲れはピーク。

飛行機にまつわるトラブルではこんな思い出がある。最初のロンドン駐在の時のこと。出張でロンドンからバンコクに飛んだ。航空会社はカンタス。バンコクは途中経由地で、シドニーに向かう飛行機だった。10数時間のフライトを終え、バンコクに降り立つも荷物がいっこうに出てこない。案の定、荷物だけ降りそこなってシドニーに行ってしまったという。三泊四日の出張なのにスーツケースなしでPCが入ったカバンだけ。カンタスからは洗面道具が与えられただけ。仕事の前にまずはバンコクのデパートを回り、下着にYシャツ、ネクタイなどを買い揃える羽目に。

結局私の荷物がシドニーからバンコクに戻ってきたのは、帰国の前夜。未使用の下着やシャツは一度も使われること無く、翌朝バンコクからロンドンに。まったく無意味である。

最後出発前に空港で補償金なるものが支払われたのだが、これがすべてタイのバーツ紙幣。持ち帰っても意味がないので、出発直前までしたくもない買い物をして終わったという話。

他にも思い出せばあれにこれにと、飛行機にまつわるトラブル話には事欠かないのである。
スポンサーサイト

コメント

こんにちわ^^。搭乗回数もかなり多いTI さんでしょうから、そんな中でのトラブルの話は、世の中のお母さんが、育児日記につけるちょっとした”失敗談/笑い話"みたいなもんなのかもしれませんね・・・いえいえ、世の中には、失敗の少ないお母さんも多いかもしれませんが~m_ _m。 私も、ヨハネスブルクからバンコク経由で成田に飛んだとき、荷物だけ真っ直ぐ東京に行ってしまいました。私はバンコクに一泊だったので TI さんみたいにいろいろ買い揃えるほどではありませんでした(ナイト・クリームと、洗顔フォームは買ったかな?歯ブラシはあったのですが・・・)が、成田で荷物と再会するまでは不安でした、下手してまたどこかに飛ばされたら(BKKに戻されても、その頃、私はいないだろうし・・・)困るなあって。私は、あまり航空機・空港でのトラブルは多く経験していませんが、強いて言うなら、豪州シドニーの国際線⇔国内線の移動が、あんなに距離があったとは、(かつて3年も住んでたのに、記憶が薄れていたもんで、)想像してなくて、しかも、豪州ドルは直ぐに両替できるだろうなんて甘く考えてたので、(実は、自宅に$100-ほどあったのに、これも、忘れてきて)、日本円のままで・・入国・通関にとても時間がかかり荷物も最後にやっとスーツケースが出てきて、あわてて両替もせず、国内線へのバス乗り場へ・・・そしたら、(笑ってください!空港間のシャトルバスは、無料だと思い込んでいた!)、バスに乗るための豪州ドルがない!ということに気づいて、でも、両替するために建物にもどるとバスに遅れる=載る予定のフライトに遅れるってことで、見ず知らずの豪州人に10ドル、恵んでもらった、という失敗談があるくらいです。でも、これは、すべて私の自業自得なんですけどね・・・。見ず知らずの人の親切が、あれほど身に沁みたのも、久しぶりでした。
宇宙和里さん、
回数が多いと必然的にトラブルも多いのは必然の理ですが、私の周りにはもっとたくさん飛んでいる人がいますが、それでも私は間違いなく多いほうだと言われます。

乗り継ぎで荷物だけ行方不明になる、これもよくありますね。私もロンドンから日本に帰ったとき、荷物がコペンハーゲン、私だけ東京ということがありました。

私の感覚では、空港ターミナル間シャトルは普通無料です。ロンドンやパリも無料ですし。宇宙さんは間違っていないと思います。周りに親切な人がいてよかったですね。バスの運転手さんも機転を利かせてあげればいいのに、と思いました。

いやはや、誠に申し訳ないが、人様の蒙ったトラブルは、とても参考になります。
よー-し私がこんな目に遭ったときは・・・・。とシュミレーションしながら・・・・・旅する気分です。有難うございます、TI様、皆様。
華さん、
私のトラブルを参考にしていただいて他の方の役に立つのであればうれしく思います。トラブルでこうむった不快感を少しでも取り返せます。

今回のトラブルについて、ブリティッシュエアウェイズに苦情申し立てをすると、なんらかの補償が受けられることがあると友人にアドバイスを受けたので、早速BAのウェブサイトから申し立てをしました。何か連絡があればまたブログで取り上げようと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/61-18c8325d

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。