Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/10«2017/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
今日から土曜日までドイツに出張。デュッセルドルフとハノーバーに土曜日まで滞在予定。昨年の今頃もちょうどハンブルグとハノーバーに来ていたことを思い出す。

ところで、エレベーターの階数表示にはアメリカ式とヨーロッパ式があることはよく知られている。ヨーロッパでは一階のことを地上階と呼び、一階はアメリカでは二階にあたる。日本はアメリカと同じ。この地上階、イギリスではG, ドイツではE と表示される。

また、日本ではエレベーターのドアを閉めるボタンがついているのが常識だが、ヨーロッパではこのボタンがないことが多い。イギリスだと自分の行きたい階数のボタンをもう一度押すとドアが閉まるようになっていることが多いが、ドイツだと、ただしばらく無言でドアが閉まるのを待つのみということが多い。このあたり、ドアを早く閉めたいせっかちな日本人気質とのんびりしたドイツ人気質を反映しているようで面白い。

ただ、日本だと、人が乗ろうと近づいて来ていても知らんふりをして鼻先でドアを閉めてしまうことが多いが、イギリスだとたいがい開けて待っていてくれるというマナーのよさは見習いたいものだ。これはエレベーターのドアに限らず普通のドアでも当てはまる。もともとふすま文化を持つ日本人のドアを開け閉めする歴史が短いことがこうしたマナーの未熟さにつながっているのか、などと考えたこともあるが、やはりこれは日本人のせっかちさのひとつの顕れなのだろう。
スポンサーサイト

コメント

ヨーロッパでは『閉』ボタンがないのが普通なんですか!私はマケドニアだからだ!ケチ!!と思ってました。(笑)
ちなみに地上階はほとんどが『0(ゼロ)』(笑)と表示されています。
そういえば、以前から不思議でしたが、その、OとかGのあるエレベーターに乗って3の時は3階ですか?それとも4階ですか?乗るたびに不思議に思いますが・・・あまりに変な疑問で、伺いそびれています。
ルーマニアのエレベーターは、乗って扉を押していないと止まります。(あの飛行機のトイレと同じ扉で、中央押しです。)単純に、0~8までの数字だけですし、緊急停止の赤いボタンもありません。日本人にとっては・・・信じられない・・・代物ですわ。
おはようございます^^。そうですね、エレベーターで勘違いを防ぐために、日本での一階にあたるフロアをわざわざ”グランド・フロアー”と再確認することを思い出しました。国次第では、日本と同じだったり、欧州式だったりしますもんね。一階なんて言ってて、フロアの上下で待ち合わせてたら、悲しいですから~。転妻さんのおっしゃるように、そうそう、「開」は、あるのに閉めるのがなくて、、でも、それを見て理由を納得した(閉まるのは、当然だけど、開けておきたいときに、閉まったら、困るから。。。)とき、”なるほど”と思いました。「0」もよく見ますよね。年の数え方と同じかも・・・。
ドアを開けて待っている話
日本の大学で興味ある体験をしました。白人の大学院留学生(白人だからといって欧米人とは限らないが)が、私の前を歩いていて入り口のドアを開けて建物内に入ったのですが、私はドアを持っていてくれると思い近づいたら鼻の前で閉められました。ドアははガラスで外の方が明るい時でしたから当然後ろは見えたはずです。もしかしたら、日本ではドアは自分で閉めるのがマナーと理解していたのか? もう一人、この人は白人でカリホルニア大学出身者でしたが、お茶を飲むときすすり音を出して飲んでいました、これは日本人と親しくするための雰囲気を出すためとのことでした。
エレベータでは、最近田舎の町の駐車場では足音がするとドアを開けて待ってくれる人や、荷物を持っていると降りる階を聞いてくれる人が出てきました。これはマナーと言うより、生活に余裕があり、社会人として良く思われたいという、欧米人と同じ発想と見ています。 
建物の階数の表示では、さすが自然科学の発祥の地ヨーロッパは論理的であると実感します。地下がある場合、日本やアメリカ方式では、地上と地下との表示のつながりに矛盾が生じます。グランドフロアを0階とする方式では地上を+地下をーで表示できますが日米方式では言語の表示を併用しなければなりません。
これらの違いを、面白いと感ずるか厄介と感ずるかは人それぞれと思いますが。
MSNから移られたんですね~
さて、エレベーターですが、こちらもヨーロッパのはしくれで1pianoというと2階になります。最近やっと混乱しなくなりました。
↓パンケーキの日というのは面白いですね~これはパスオーバーとも関係があるのでしょうか?春の行事は、どこでも生まれ変わることがテーマなので興味深いです。こちら3月9日は女性の日ということで女性にミモザの花をプレゼントするのが習慣だそうです。
転妻さん、

マケドニアだけがけちというわけではないようですね(笑)。私の経験ではドイツなど欧州大陸ではないほうが多いようです。イギリスは閉めるボタンは時々見かけますし、なくても、階数表示を押すことで閉まることが多いです。これも文化の違いかと思っています。地上階が0、これもドイツなどで見かけることが多いようです。イギリスでもありますが、Gが多いように思います。
華さん、
3の時は日本で言う4階になりますね。
ルーマニアのエレベーターは乗ったことないですが、なんとなくイメージがわきますが、扉を押さないと止まるというのは変わっていますね。
宇宙さん、

>一階なんて言ってて、フロアの上下で待ち合わせてたら、悲しいですから

そういえばなんか、過去にそういったことがあったような記憶があります。間違えやすいのはあとで二階で会いましょうという場合ですね。わざわざ「日本でいう二階で」なんて確認することもあります。
space-glowさん、

白人でもドアを開けて待ってくれない人はいます。たとえばドイツなどはあまり待ってくれません。(日本よりははるかにましですが)

ヨーロッパが論理的、なるほどそういう考え方もありますね。でも、実際には-1,-2と表示するより、UG、UG2としているエレベーターが多いようです。
castagnaさん、そうですね、イタリアの階数って1 piano, 2 pianoと数えますね。ピアノの元の意味ってそういう意味だったのかと思ったことがあります。

同僚のロシア人から聞いたのですが、9日はロシアでも女性の日だったようです。祝日のようで、会社の女性社員に男性から花をプレゼントするのが習慣だそうです。
ちょっとご無沙汰してたらお引越しでした
おめでとうございます
ちょっと気後れしつつも追いかけていいものかと悩みましたがまたお邪魔いたします
リンク先の住所もまたはらせてください。

各国でそんなに違いがあるんですね
観光旅行くらいじゃそういえばそうだったかな?
くらいの覚えがない~~

エレベーターと言えば一気に50階くらいを上がる高速エレベーター!
あれは本当に苦手です
一瞬無重力みたいになりません?
ブログのお引越しに気がつきませんで、申し訳ありません。アドレスもこちらのアドレスに交換しました。

フランスのエレベータは0階から始まります。日本の2階がこちらでは1階になります。
ドアーの開閉のボタンは付いているところ、付いてないところがあります。どちらにしても困るのはユダヤ人のようです。主日に働たらくのは律法で禁じられているのでエレベータのボタンを押すこと自体、仕事なのでこのような時はエレベータの前で人が来て押してくれるまで待っています。イスラエルに行った時はホテルのエレベータは主日は自動的に各階止まりになっていました。
m-olive さん、

移転でご迷惑をおかけして申し訳ありません。これからもよろしくお願いします。
高速エレベーターですが、ヨーロッパに暮らしているとめったに体験できませんが。耳がおかしくなるほどの速度、シースルーだったりすると高所が苦手な私は足がすくんでしまいます。
Miyokoさん、
こちらこそ、すみません。移転の件はこちらからそちらにお知らせすべきだったのでしょうが、うっかりしておりました。

ユダヤ人が安息日にはエレベーターさえ操作しないという話は初めて知りました。ちょっと極端ですね。でも、敬虔なユダヤ教徒はそこまで徹底するんですね。いろんな習慣があるものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/6-c45ff8c4

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。