Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
イギリス人のビジネスマンの典型的なランチはサンドウィッチとCrisps(ポテトチップスのこと)とダイエット・コーク。平均ランチタイムは19分で、ランチを取る場所は自分のデスクでネットのニュースをチェックしながら・・・

この記事を見かけて、ああ、まさに自分のことだと思ってしまった。六年前、私が日本から初めてイギリスに転勤してきた時、最初に違和感を感じたのはランチをめいめい一人で取る習慣。私が日本で働いている時は、ランチタイムはみんなが一斉にレストランや社員食堂で取るもので、それが結構情報交換になったり、人間関係構築の場であったりしたものだが、こちらイギリスでは顧客とのビジネスランチはあるものの、普段から社員同士が昼食を共にするような習慣はない。多くのイギリス人はランチは楽しむというより、仕方なく取るものととらえている傾向があり、ランチにかける時間も2000年に比べて半分近くまで減ってしまったらしい。アメリカや日本のハードワーカーに取り残されまいと言う心理の顕れだと記事では分析しているが、確かにヨーロッパの中ではイギリス人は大変な働き者だ。

ランチにワインまで飲んでしまうフランス人に比べて、イギリス人のまじめな勤務態度と食事軽視(!)の傾向が出ているデータではある。

なお、この記事では最後に、それでもイギリス人はティータイムだけはきちんと取ることが付記されている。紅茶の年間消費量の半分はオフィスでのものだとか。
スポンサーサイト

コメント

イギリスは、デナーに賭けているのでしょうか?
しかし、イギリスで、コース料理は食べるチャンスが、無かったなあーーー。
朝食も程ほどだし・・・。

いつ美味しい物を食べるのでしょうか・・・。
食道楽の大阪人には・・・理解できない・・・。
パソを見ながら食事なんて・・・です。
TIさんは日本人だから、美味しい朝食と晩御飯を美味しく食べる習慣がありますよね。
ランチの時間、かなり短いんですね。
しかも会話もなし・・・何だか消化に悪そうですね^^;
日本のように昼休みって時間はちゃんと確保出来てるのですか?
休憩って意味でも大切ですよね~

ティータイムをしっかりとるっていう部分はイギリスって感じですね。
聞いた話によると、お寿司をランチに取るイギリス人がいるとのことでしたが・・・事実はいかがですか?お寿司の方がサンドウィッチよりも安いから~とのことですが。
ここでも、切り売りピザを立ち食いしてすますような方もいれば、ワイン片手にしっかり食べる方もいるようです。ここの忙しいビジネスマンのことはわかりませんが、シニョーラ(マダム)たちはワイン片手にゆっくりランチしています。なにしろ、ここは14時から昼休みが入る国ですから。
イギリスには、日本のように安価でおいしい食堂やレストランが圧倒的に少ないですよね。
需要がないからビジネスとして成り立たないのか、供給がないからサンドウィッチで我慢しているのか。。どちらにしても悪循環。
借金大国イギリスでは、ランチにお金をかけるのがもったいなーい。と、いうのが大半のビジネスマンの本音ではないでしょうか。
オフィスの端末で、無料でニュースを読み、3点セットで値引き販売されているランチをほうばる。
仕事より家庭を大切にする?大半のイギリス人男性も、これで質素倹約+家内安全(笑)
なのでは。。
イギリス人の主婦のみなさん、たまには美味しいお弁当を持たせてあげてくださいネ。
華さん、

イギリス人はディナーにかけているのかということですが、夕食には冷凍食品がすごく普及しており、あまりこちらにも手間をかけているとは言いがたい現実があります。朝シリアル、昼サンドイッチ、夜は冷凍のパイやピザ、というのがかなり標準的ではないかと推測します。私は、昼はわびしいですが、夜は妻の手料理をいただいております。そういう意味では夜に賭けているといえるでしょう。
ステラさん、

昼休み、私は買い物する前後の時間も入れてたぶん平均すると15分くらいではないでしょうか。サンドイッチを買ってきて、ミーティングしながら食事とか、食べながら片手で仕事ということもままあります。昼食が味気ない-->昼食時間がもったいない-->なるべく早く仕事に戻る、という循環になっていますねえ。休憩時間もまったくといっていいほど取ってません。不健康ですね。

といっても普段出張が多くオフィスにはあまりいませんので、気分転換は外出でするということになるでしょうか。
Castagnaさん、
お寿司、実は今日ランチに食べました(休み時間なしで会議をしながらですが)。私のリクエストではなく、イギリス人同僚のチョイスでそうなりました。イギリスではパックのお寿司が最近はたいてのスーパーで手に入ります。健康ということでかなり人気のようですね。明らかにお寿司コーナーが増えています。

イタリアの時間の流れ方は東京やロンドンとは違うなと実感することがしばしばあります。それでもミラノは結構せかせかしていますが、ローマはのんびりしたイメージがありますね。
Sasha.Yさん、
確かに気軽に昼ごはんを楽しめるおいしいお店が少ないと思います。食欲そそりませんからね、どこも。基本的に昼食を楽しむという習慣がないように思います。だから手軽でまずくて当たり前、みんなそれが当然と思っているからそこからなかなか向上しません。

ランチ代ですが、サンドイッチでもかなり高いですよね。3点セットで毎日£4前後払っています。ただのサンドイッチとポテチとジュースだけで800円かと思うとうんざりします。まあそれでもそこら辺のレストランで食事するよりはずっと安いんですが。

手作りサンドイッチ?
TI さん、はじめまして。TI さんの msn のブログに「イギリス英語」で検索してヒットしたのがきっかけで、ここに飛んできました。

イギリスのランチといえばサンドイッチというわけで、数年前にどこのサンドイッチが一番おいしいかという調査がありましたよね。結局なんだかんだ言って、値段も安くないので、自分で作ってきたサンドイッチが一番安くてしかも一番美味しいという結論になっていました!ちなみに、イギリス人は前の晩に作ったりもします。共働きだと朝作るのキツイですから。サンドイッチ以外だと、たまにパブに繰り出して二時間ランチとかしますよね。

セットだと、サンドイッチも結構いけて他のバリエーションもある Boots の Meal Deal も悪くないと思いますが、どうでしょう?サンドイッチだけなら Boots もいいけど Marks & Spencer のファンです。

ロンドンでの生活について、おもしろい (interesting のほうです) ブログですね。これからちょくちょく遊びに来させてください。
琴乃葉かすみ さん、
初めまして。

なるほど、やはり家庭のサンドイッチが一番というのはうなずけます。
私もサンドイッチはたいていいつもM&Sです。ベーコン、トマト、アボガドのサンドイッチがお気に入りです。(とても高いですが)

イギリス英語のブログを書かれているようですね。また遊びに行きます。私も引き続きイギリス英語の話題にも触れていきたいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/54-52f07025

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。