Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

Las Vegas5日目、午後のフライトまで少し時間があったので街を歩いてみた。二年前には建設中だったモノレールがもう完成しており、それに乗ってメインストリートのLas Vegas Boulevard( 通称”The Strip”)まで出て、そこから歩いてやはり最近完成したらしいFashion Show Mallというショッピングモールへ。専門店街を四つのデパート(Neiman Marcus, Bloomingdale, Saks Fifth Avenue, Macy’s) が取り囲むという典型的アメリカのショッピングモール。そこでお土産を買い、最上階のフードコートではお気に入りのSbarro のピザを久しぶりに食べることができた。


 大人のエンターテイメントという印象が強いラスヴェガスだが、最近は子供向けイベントや、ショッピングセンターも充実してきており、家族連れも数多く見かける。しかし、やはりこの街の巨大さは桁違いである。The Strip沿いに並ぶ「超」大型ホテルの数々はそれぞれ巨大なカジノ、コンベンションセンター、劇場、ショッピングモールなどを中に抱え、上が宿泊客用の部屋になっている。映画”Oceans 11”にも登場したホテルBellagioやそのお隣のCaesars Palace などは端から端まで歩くと15分くらいはかかるし、広すぎて中で迷うこともしばしば。隣のビルが近くに見えるので、歩いてみたら実は距離があってなかなかたどり着けない。そう、まるで砂漠に浮かぶ蜃気楼のような街なのである。


Hotel Rioの屋上にあるバーVoo Doo から、ストリップのホテル街を望む。 LV View



今月はシーザースパレスホテル内の劇場でセリーヌ・ディオンのコンサートが。
CelineDion



二年前にはなかったモール、Fashion Show Mall。
Fashionshow



中にビーナス・フォート風のモールがあり、運河をゴンドラで移動するホテル・ベネチアン。
Venetian



最近オープンした高級ホテル、Wynnリゾート。窓があるのか??
 Wynn


毎晩海賊のショーが行われるHotel Treasure Island 。
TreasureIsland

スポンサーサイト

コメント

おはようございます^^。ラスベガスといえば、今の私にとっては、米国のTVドラマ、「C.S.I.」が好きなので、身近に感じてしまいますが、、まだ行った事はありません。日本でも、カジノを合法化(?)するための準備っていうのが、ニュースになっていましたが、どんなもんでしょうね~、日本にも、昔から、”賭博”っていうのがあったわけだから、合法化されても不思議はないなのかもしれないけど、税収のため・・・っていうのが、ちょっとねえ~、出来上がった ラスベガスを初めとする”カジノ”で成功しているところを見て、日本でも、ということなのでしょうけど、ちょっと甘く考えすぎているような・・・そんな気がします。
有難うございます。
アメリカははるか昔新婚旅行で行ったハワイだけですので、ラスベガスをご紹介いただき感激です。
なかなか訪れる事はなさそうですので、これでバッチリです。
私も、ビル視察かなんか、仕事がらみで行こうかな・・・?
ギャンブルのイメージが強かったので驚きでした。まだ行った事もないですし。
広いモール内は私なら絶対迷子です(>_<)
巨大すぎて見尽くす事も難しそうですね。
ホテルも自分の部屋に着くまでに時間がかかりそうな大きさですね!
宇宙さん、

CSIのラスヴェガス編は私はほとんど見たことがないので、そのうち見てみたいです。たぶん知っている場所が満載で楽しめると思うので。

東京のカジノ構想ですが、賭け事というのは絶対に胴元が儲かる仕組みですから、最も手っ取り早く税収を増やす方法でしょうね。でも市民からお金を巻き上げるという意味では、自治体がやるものとしては卑劣だとも言えます。

ただ、あれだけたくさんの日本人やイギリス人がラスヴェガスに集まっているのを見ると、アメリカだけに儲けさせるのもどうかと思うのですが、あそこは都市全体が巨大なエンターテイメント施設(一種のテーマパーク)になっていますから、あの総合力は東京がちょっと手を出したところで簡単にはまねできないでしょうね。
華さん、

ビル視察という意味では、あれほどバラエティにとんだビルが立ち並ぶ町というのは他にないと思います。

グランドキャニオン観光などと組み合わせればいい旅になるかもしれませんよ。
ステラさん、

ヴェガスはここ10年くらいの間に、かつてのいかがわしいイメージから、総合エンターテインメント+国際会議場の街としてずいぶん変わったと聞きます。

巨大なモールはここだけでなく、いくつもありますから、短期間ですべてみて回ることは不可能ですね。

ホテルの部屋ですが、ロビーから本当に遠いんです。ロビーから部屋まで迷うこともあります。うそではありません。実際、到着した時に玄関からチェックインカウンターを探してカジノ内をうろうろ(ホテルのほとんどはロビーに巨大なカジノがあります)といったことはしょっちゅうですから。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/41-51f02542

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。