Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/06«2017/07 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
先週は仕事も大詰めを迎えました。水曜と木曜はアムステルダムでいくつかの打ち合わせとプレゼンをこなし、翌日金曜は日帰りでロンドンという過密スケジュール。しかもそれに続く土日はパリでした。

アムステルダムでは仕事仲間と夕食をともにしましたが、そのうち二人がイタリア人でしたので、ちょうど日本で話題になっていた、フィレンツェのサンタ・マリア・デル・フォーレ大聖堂に落書きした日本人への処罰について、彼らの意見を聞いてみました、彼らの反応は予想した通り、「イタリア人は大して気にしていないのに、とても厳しい処罰だ」というものでした。日本人との付き合いが10年に及ぶ、私のイタリア人上司は、日本人はとても礼儀正しく、こうしたことを国として恥と感じるので、とても厳しいのだともう一人のイタリア人に解説してくれました。それが日本のよさでもあり、時に理解しがたい点でもあるとのこと。そこから話は、ナポリなど南イタリアの人たちがいかにルールを守らず、無秩序かという話題に移っていきました。

翌日金曜は早朝の便でロンドンに飛んで、イギリスでお世話になったビジネスパートナーに挨拶に訪れ、オランダ人後任者を紹介して回りました。久しぶりのヒースロー空港では、新しいけれど悪評高い第五ターミナルを初体験。まだ作りかけのように見えるワイヤーむき出しの天井のデザインに驚きました。日中はイギリスに欧州本社を置く、とある韓国企業を訪ね、昼食は社員食堂で韓国料理をいただくという貴重な体験。一緒に食事をしたのは韓国人ではなく、インド系イギリス人でしたが。

午後のミーティングが終わってから、夕方には再びヒースローへ。うわさには聞いていましたが、第5ターミナルのブリティッシュエアウェイズのラウンジは全面大きなガラス張りで、滑走路が目の前に広がる見事な眺め。そこでオランダ人の同僚と、帰りの飛行機を待つ間話をしましたが、「日本に帰ることによるメリットは何?」と訊かれました。

私はいくつか浮かんだ答えの中から、「日本語で仕事や生活ができることで、自分の能力が発揮しやすくなること」と答えました。外国語でのコミュニケーションにはどうしても不利な点が伴います。彼はそれに強く同意。英語が驚くほど流暢なオランダ人ですが、それでも英語は外国語。言いたいことがうまく伝わらない、細かいニュアンスを伝えられないもどかしさはあるそうで、いろいろと現実に起こったコミュニケーションの行き違いなどを挙げながら、話は盛り上がったのでした。

そうこうしているうちに離陸時間が迫ってきましたが、私が知らなかったのは、第五ターミナルはA、B、Cと三つゲートがあり、それぞれをシャトル列車で移動しなければならないことでした。ヒースローの他の4つのターミナルと比べて第五は広大。それを知らなかった私は出発間際に搭乗口に駆け込む羽目になってしまったのでした。まるで慣れない旅行者でした。
スポンサーサイト

コメント

TIさん

日本に帰ってきたら、ますます活躍しそうですね!!

こっちは、段々暑くなってきました。
明日は35度になるそうです。

夏にベルギー人の友人が日本に旅行に来ます。
ベルギーに行った時に、お宅にお邪魔したんですが
しきりに「小さい家」と言っていました。
確かに、一般のベルギーの家に比べたら小さいかもしれないけど、十分広くモダンで機能的で素敵な家でした。

・・我が家を見てみると本当に小さくておまけに古びてます・・・家に呼びたいけどちょっと躊躇してしまいます。
ありのままを見てもらえばいいと思うんですけど・・ね。


そうそう・・・またブログ始めました・・
何度も、始めたり、やめたりと恥ずかしいですが・・
文化の違い
TIさん  
もうご存知かも知れませんが、昨日芥川賞の発表があり、中国人のヤン・イー女史が受賞しました。中国生まれ22歳で来日、お茶の水大卒、現44歳。もちろん日本語で書いた小説。
20年余りで外国語を本物にし、小説を書き、文学作品で最高峰の賞を受賞する、才能はもちろん、日本語を身につけるのに並大抵の努力ではなかったかと思います。
ヨーロッパでは珍しいことではないかも知れませんが。

落書きの件は、外国文化に慣れない日本人が、外国では落書き下もいいんだと言うように一辺倒になることを心配します。

さらみさん
さらみさん、日本はもう35度ですか。聞くだけでうんざりです。こちらは暑すぎず、寒すぎず、20度前後を言ったりきたりしています。日本の家については、こちらの人にはさんざん小さいだろうと言われるので、なんとか見返してやりたいのですが、残念ながらそれは遠い将来のことになりそうです。でも、家なんて人に自慢すると逆に印象悪いですから、少々小さいくらいでも、快適にもてなしてあげるのが、一番喜ばれると思いますよ。

ブログまた始められたのこと、楽しみにしています。私のほうは、当面お休みということになってしまうと思いますが。
spaceglowさん
母国語以外で小説を書いて賞を取る。すばらしい能力と努力ですね。ヨーロッパではどうなのか、浅学であまり分かりませんが、ミラン・クンデラはチェコ人でありながらフランス語で執筆して数々の名著作を物していますね。母国語がマイナーな言語である場合、より幅広い読者に訴えることができる、メジャーな言語で執筆することは世界に認めてもらう一つの有効な作戦なのでしょうが、それにしても大変なことだと思います。

落書きの件、当初は「世界の恥」という多くの日本人の反応でしたが、少し時間が経つと、逆に落書きが実はたくさんあるんだということが知れ渡る結果になりましたね。確かに一辺倒に流されがちな日本人ですから、一度抵抗がなくなると、心配ですね。世間知らずなほど丁寧で礼儀正しいことが逆に日本人のよさでもあるわけですから、その節度は失わないで欲しいものです。

日本語を使うことによるメリットは多いにあるのでしょうね。日常生活においても、英語・ドイツ語の意味は分かったとしても、文化的な違いからか冗談の内容が理解が出来なかったり、冗談を交わすことが出来ないもどかしさも時折り感じます。

以前、スイスから日本に引っ越したことがありますが、同じ平米数のアパートに入っても、天井が低くて家具が入らなかった経験がありました。地下の倉庫なども無いですし、以前TIさんが書かれていたように、日本は実際の平米数より小さい気がします。。。

日本にお戻りになるとのこと、TIさんのヨーロッパ体験談を拝見することが出来なくなるのは淋しいですけれど、ヨーロッパでのご経験を積んだTIさんならではの日本評を楽しみにしたいところです。でも、日本ではとかく忙しくなってしまいますものね。。。今後ますますのご活躍を期待しています。
ハイジさん
ハイジさん、目下引越し準備真っ最中ですが、天井が低くて家具が入らないというのは何とか避けたいですね。でも、長年の欧米に暮らしいると頭の中にある標準サイズの感覚がずれていくのでしょうね。長さや容積など、日本に持って帰ると大きすぎるものはたくさんありそうです。

とりあえず、ブログはこれをもっていちど終わりとし、またもし日本でも書く意欲が湧けば、また違った視点で再開できればと思います。これまでどうもありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/362-4c8041b8

-

管理人の承認後に表示されます
FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。