Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
最近、周りのドイツ人やオランダ人、イギリス人などから、「日本に帰ることになって感想はどう?」とよく聞かれます。単なる挨拶代わりの質問ではありますが、その裏には、「日本なんかに帰ったらまた生活が大変だよね。かわいそうに」という哀れみが含まれていると感じる場合がよくあります。日本=「残業地獄」、「通勤地獄」とか、「休めない」「家が狭い」、「物価が高くて生活が苦しい」といったネガティブな先入観が固定化されているわけです。彼らから見れば、極東の生活後進国からやって来た日本人が、豊かで自由なヨーロピアンライフを満喫して、また不自由な監獄に連れ戻されていくというイメージがある=だから可哀想、となるわけです。そこには日本の生活レベルを一段下に見る、ヨーロッパの傲慢さがあり、偏見や認識違いもありますが、いくばくかの真実が含まれているのも事実。

私の隣人はドイツ人の銀行員で、奥さんがイタリア人。先日通りかかったときに話をしたら、彼らは今週から奥さんの実家のあるトスカーナに家族で帰省するとのことでした。どれくらいの期間銀行を休むのと訊いたら、あっさり三週間だと言います。こちらは一週間ぶち抜きで休むのがやっと。日本に帰ればほぼ暦どおりですから、それも難しくなります。ドイツやオランダ、フランスといった国々では二週間から三週間の夏期休暇は当たり前。北欧では一ヶ月丸まる休みという人が主流だと聞きます。休めばよいというものではないという議論があるのは百も承知ですが、休むことが既得権益として市民社会の仕組みに組み込まれているヨーロッパの人にとっては、滅私奉公を強いられるような日本社会のあり方は、受け入れがたい社会主義的、会社主義的考え方と映ります。

以前、イギリスからアメリカに引っ越すとき、多くのイギリス人の反応は「何を好き好んでアメリカへなんか」という感じでしたが、当時の上司だったイギリス人は「アメリカの生活はイギリスよりもQuality of Lifeが高いからいいよ」と言いました。実際に住んでみると、確かに物質的な衣食住の豊かさではアメリカのほうが上を行っていました。また、別のケースでは、先月、同僚のオランダ人女性は「憧れのアメリカ」に引っ越すと言って、サンフランシスコに引っ越して行きました。アメリカと言えば、見下す人も多いヨーロッパですが、このように、一方で憧れの感情も強いのも事実です。

国の魅力が人を惹きつけ、活力を生み出し、それが政治的にも国力を高めるというソフトパワーの時代です。日本のライフスタイルが世界でベストではないのは事実でしょうが、一方で日本は自己PRが下手なのも事実だと思います。「なぜ外国人が日本に住みたいと思わないのか」「なぜ日本人が日本から脱出したいと思うのか」といった点をより掘り下げて考えて、将来に通じる魅力的な日本を形作っていきたいものです。
スポンサーサイト

コメント

この前、出張で大阪に行きましたが、寿司が安くてとてもおいしくて、熱燗のお酒などを気兼ねなくカウンター越しに頼んだりして、やっぱり日本もいいなと思いましたよ。このよさは、あちらの人には、わからないでしょう。ははは。
aoさん、
寿司に限らず、食事が安くておいしいのは日本のよいところですよね。最近はヨーロッパでも日本食がブームというか、着実に定着してきており、先日も同僚のイギリス人が家族全員がカツカレーが大好きだとか、オランダ人がお好み焼きのファンだとか、高級料理以外の日本食が浸透しつつあります。もっとこういう日本食をPRして、日本は高いというイメージから脱却するのも、観光立国に向けての一つのキャンペーンになるかと思うのですが。
TIさん、こんにちは!

日本に帰ってくるんですね!!

確かにね~色々問題はあるかもしれないけど
でも、やっぱり、日本人にとって一番住みやすいのは
日本だと思います。
自分の国に住んで、行きたい国に旅行に行く、またはショートステイするのが一番いいかな、って今は思ってます。
さらみさん
お久しぶりです!そうですね。やっぱり行き着くところは母国ですよね。でも、最近はこちらに住む日本人から、日本は今後どうなってしまうんだろうという不安の声をよく耳にします。将来性がよく見えないのでしょうね。一方外国人からは、働きアリの日本人のイメージが抜けていないようです。もっと日本人が自信を持って外国人に薦めることができるような国にしたいものです。
ご帰国にあたり
TI さん
帰国にあたりお忙しい毎日と思います。
古い話ですが、私もアメリカから帰国するときのことを思い出しました。私は独身でしたが、ご家族をお持ちのTIさん、お察しします。
ヨーロッパ人のアメリカ感、見下したようなことを云いながら憧れがを持つ感情、文化的な関係の近さでしょうか。
日本人の欧米感、うまくいえませんが、色々な意味での挫折感が背景になって、欧米で生活してき人に対して屈折した感情を持つ人がいます。特に、職場以外の人間関係で日本人同士、微妙な感情の動きが分かるだけにご苦労されることもあるかと思います。もうすでに十分ご存知のことかもしれませんが、この時期にこのようなコメント、迷いましたが送らさせていただきます。
spaceglowさん
ヨーロッパ人のもつアメリカ観は、日本で言えば関西が持つ東京へのライバル心に近いものがあるように思います。つまり、歴史ある誇り高き古都が、自分たちを追い越して発展した新興都市に持つやっかみと憧れ、そして新参者をやや見下す態度にたとえられるのではないかと思います。

確かに日本人は欧米の暮らしへの憧れが強いですよね。欧米帰りの人を揶揄する「欧米かぶれ」という表現はありますが、「中国かぶれ」「韓国かぶれ」「アジアかぶれ」というような表現はありません。この裏には欧米至上主義の偏見や屈折があるわけです。ちなみに、関西では「東京かぶれ」という言葉が使われることもあります。職場には欧米帰りの人はたくさんいますが、近所付き合いも含めて、なるべく「かぶれ」ていると陰口をたたかれないよう、注意したいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/360-ec61662a

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。