Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
今週は出張でベルギーのブリュッセルに行きました。車でデュッセルドルフからアーヘンを通過してオランダに入り、15分も走ればベルギー国境を越えます。ブリュッセル市内に入るとほどなく現れる巨大なガラス張りのEU本部ビルの真横を抜け、そこから先は文化遺産が立ち並ぶ旧市街エリアに入ります。ここまで来るのに約2時間半のドライブ。

ブリュッセルといえば美食の都です。フランス料理、チョコレート、ワッフル、ビールと、おいしいものには事欠きません。ミシュラン三ツ星レストランのキッチンで三時間以上かけて7コースもあるフランス料理を楽しみ、ワインを飲み、ピエール・マルコリーニのチョコレートをいただき、締めに世界遺産グランプラスにあるオープンエアのカフェでLeffeのビール、という贅沢な時間を過ごし、ホテルに戻ったのはもう夜中の2時でした。

今回一緒だったメンバーはドイツ人女性、イギリス人男性、そして中国人女性でした。香港生まれのこの中国人女性はベルギーに来て30年以上。並の男性ではとてもかなわないバイタリティと智恵で、中国人で女性であるというハンディを撥ね返し、ヨーロッパで成功を手にした彼女。人を見抜く眼は鋭く、説得力があります。間もなくヨーロッパを離れる私に彼女が語ってくれたのはこんな教訓でした。

 人は頭が良いだけでは上に立てない。部下を思いやることができなければ真のリーダーになることはできない。
 ビジネスで成功するには、人とのプロフェッショナルな距離感が必要。近すぎてはだめ。
 謙虚であること。しかし、その一方で自分を売り込み、守ることも必要。

こうして文字にしてしまうと平凡に見えますが、これが中国人でありながらヨーロッパで成功した人のコメントだと思えば少し違って見えてきます。特に三番目の、「自分を売り込み、守る」能力はともすれば伝統的な日本のビジネス社会では軽視されがちです。こうした点に中国人ならではの強さ、したたかさを感じました。グローバルなビジネスで成功するには必須の条件でしょう。普段、のほほんとした日本人である私としては、きちんと忘れずに胸においておきたい言葉です。
スポンサーサイト

コメント

実は、先週まで2週間日本に出張だったのですが、そこで、以前から気になっていた勝間和代さんの本を初めて買って読みましたが、非常に印象に残りましたので、昨日アマゾンで最新作の2冊目を買いました。(現在アマゾンランキング3位)。どうしても女性でという枠で見てしまいがちですが、それを許してもらって、「女性なのに、ここまで本格的なビジネス本は今までなかったのではないか」と思います。論理的に非常に明解で、新しい考え方で、簡潔に言い切っているところがすごいです。今後、日本の女性もこの方の出現で大きく変わるだろうなという気さえします。視野の広いTIさんに是非読んでいただきたいです。読後感想に興味があります。

よきリーダーの条件として部下を思いやることは、重要なのでしょうね。その前に部下に尊敬されたいというところが私の場合は本音です。リーダーと聞いて思い出すのは、小泉元首相が、首相時代にリーダーの3条件として、「情熱」「洞察力」「使命感」を何かからの引用で挙げていました。実力がなくても、この3つがあれば、なんて頭では考えていますが・・・。
IT さん
しばらくご無沙汰していました・。
帰国されるとのこと。おめでとうと言いたいのですが手放しで言えるかどうか。本来そうあるべきと思いますが。
帰国された当初はお忙しいでしょうがブログはお続けください。
では、
aoさん、
aoさん、

勝間和代さんの本はまだ読んだことがありませんが、新聞やネットで名前をよく目にします。お奨めにしたがって、今度読んでみようと思います。

リーダーのスタイルというのは一通りではなく、さまざまなスタイルがあっていいのでしょうね。ただ、その中でも共通項がいくつかあって、やはり周囲の人をモチベートできるかどうかは重要な要素でしょう。情熱しかり、周囲からの尊敬を集める態度しかりでしょうね。
spaceglowさん、
spaceglowさん、

ありがとうございます。帰国することは予期しておりましたし、いつかは来る辞令でしたので、驚きはありませんが、こちらでの暮らしや築いてきた人脈などを失うことにすこし未練もあります。一方で日本のほうが楽なこともありますし、仕事の幅が広がることもありますので、楽しみな面もあり、それらが入り混じった複雑な心情です。

帰国後、ブログをどうするかはまだ考えていません。そもそもブログを始めるだいぶ前から、日記はつけており、その時々の心や考えを整理するのに役立っていました。形はどうあれ、そういう行為は自分に必要なのではと思っています。
大きな組織に属した経験が有りませんが、何処に有っても、周りの人に気を使い、常に謙虚であり、又自己をアピールする事が出来る人はすばらしいと思っています。
他人の評価は大切だと思いますが、あくまでも他人の評価は他人の物で、その評価に左右されない強さは大切だと思いますが。一匹狼ですから・・・・

そうそう、ブリュッセルの駅からグランプラスまでの間のシーフード屋さんで、バケツ一杯のムール貝と白ワインとフランスパン・・・を頂いたのは・・・感激でした。
陽気なおじさんに、柱に貼ってあった写真メニューを指差して、ゲットしました。
異文化での体験は・・貴重です。
楽しんで下さいね。
華さん
「他人の評価に左右されない強さ」、これは大きな組織であればあるほど、実現するのが難しくなりますが、とても大切な点だと思います。自分に自信があれば他人の声は気になりませんが、自信を失うと周囲の評価がとても気になるもの。かといって自信過剰でも困るわけで、そこのバランスが難しいです。

ブリュッセルのムール貝は私も何度かいただいたことがある好物です。初めて体験したときは衝撃的でした。日本では体験できないボリュームとシンプルさですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/359-f259c569

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。