Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/06«2017/07 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
日本を離れて八年と三ヶ月、イギリス、アメリカ、ドイツ、イギリス、ドイツと渡り歩いた海外生活もあと一ヶ月となりました。目下帰国準備に追われています。今回一番時間とエネルギーを割いたのが帰国後に住む場所探しです。帰国後、どこに住みたいのか、どこの学校が帰国子女の受け入れがしっかりしているのか、小学校だけではなく、中学進学まで視野に入れるとどうなのか、通勤時間は、家賃は、などなど、考え出すと様々な要因が複雑に絡み合い、どれを優先してどれを犠牲にするのか、とても迷いました。毎晩毎晩、仕事を終えて帰宅してからネットとにらめっこです。色々と見て考えているうちに何を優先して、何を妥協すべきかが見えてきましたが、そこにいたるまではかなり寄り道をして悩みました。

ネットの威力はすごいものがあります。海外にいながらにして、日本の学校の事情から、マンションの価格調査、不動産屋との連絡、住もうと思っている場所周辺の航空写真まで、あらゆる情報が手に入ります。これが10年前なら手に入る情報はもっと限定されていたでしょう。ただ、情報が多すぎて、調べているうちにそちらにはまって、時間をかけた割には成果がなく、結果として効率が悪いということもありました。情報の取捨選択がこれほど大事になってきた時代も人類史上初めてでしょう。まさに時空を超えるネットの便利さとその裏に潜む難しさを実感するここ数週間でした。

ともあれ、次に住む場所は決まりました。ドイツの今の住居から広さは半分になるので、そのギャップに苦しまないかと少々心配です。こちらの人に、日本で住む場所の広さの話をするとまず眼をむいて驚かれ、次に憐れまれてしまいます。先日、オランダ人と話をしていて、アムステルダムで不動産を買うととても高いという話になりました。「いやいや、東京も高いですよ」と相槌を打っていたのですが、よく聞くとそのオランダ人がアムステルダムに持っているのは165平米+広い庭付きの家。築100年の家を買い取って自分たち好みにスケルトンリフォームしたといいます。東京で165平米で庭付き、加えてスケルトンリフォームはとても庶民に手の出るレベルにはありません。私とたいして年齢も家族構成も変わらない彼が得ている生活レベルは、私が得られるものより、はるかに高いようです。たとえ給料が同じレベルでも、その同じ給料で得られる住環境では、日本は欧米にはかないません。「日本では築年数の古い家は耐震性に問題があるので、怖くてとても買うことはできないんです。」と負け惜しみの良く分からないコメントで適当にお茶を濁しましたが、貧困な日本の住環境に悔しくなる瞬間でした。
スポンサーサイト

コメント

そうですよね。。東京は狭くて高い。。。今自分も家を探しているんですが、東京はダメですね。でも職場の関係上、この辺じゃないととまずいので苦労しながら探しています。5~6000万出してもこんなに狭い家なら外国に住んだほうが良いのかと思っちゃいます。TIさんは大きい家からこちらですから余計まいっちゃうでしょうね。環境も絶対そちらのほうがよいでしょうから。。
お久しぶりです。
今年の1月にドイツから一人赴任してきて、やっと家が見つかったようです。
日本の家の狭さにはびっくりしていました。
TIさんは日本に戻ってくるのですね。
海外へ出たとき以上に帰国したときのほうがカルチャーショックは大きいのでは?
savaさん、
savaさん、

私が住んだデュッセルやロンドンは東京に比べて、家が広いだけでなく、緑が多いなど、住環境全体として優れていると思います。東京だと何億円出しても得られない環境がこちらにはありますね。日本の都市生活はとても便利なのですが、もっと大事なものが忘れられているように思います。しょうがないから日本はマンションの充実設備など、ちまちましたところが発達して、そこで勝負するようなところがありますね。こちらから見ているとそれも何か虚しく感じられます。
ach soさん
ach soさん、

お久しぶりです。海外生活から日本に戻ると逆カルチャーショックがあると言いますね。私もしばらくさいなまれそうです。ドイツの家は欧米の中で特に大きいほうではありませんが、それでも日本の狭さはショックでしょうね。日本の家の狭さは世界的に有名で、欧米では誰でも知っていることですが、おかげで誰も日本に住みたいと思わない。日本のイメージ上とてもネガティブですね。とりあえず広くはなくても、格別狭くはないというレベルまで改善しないと、外国人の積極誘致は難しいかもしれません。
お久しぶりです。ご帰国されるとのことで、ビックリしました。私もシンガポール在住の合計期間(一度帰国しているので)が、ちょうど同じくらいになったところです。このブログは、貴重な写真や体験のつまったものなので、ブログを本にすると(サービスが確かあった?)いいでしょうね。また是非違ったテーマでブログを継続してくださいね。また、コメントいたします。
aoさん、
aoさん、

いつもコメントをいただきどうもありがとうございました。とても励みになりました。青臭く気恥ずかしいようなことも書き散らしてきましたが、確かに後で人生を振り返るときに、こうして書き残したことはよい記録になると思います。私にとって貴重なこの数年間でした。いずれにしても一度ブログはこの7月で一度終えて、別の形で仕切りなおしということになると思います。またよろしくお願いします。
帰国されるのですね、それも、一つの解決ですね~~~。
いろいろ有るんでしょうけれど・・・楽に選択して・・・楽しく過ごせると良いのにな・・・とお祈り致しております。
華さん
どうもありがとうございます。まあ日本人ですから、やはり自分らしさを発揮できて、エンジョイできるのは日本だと思います。いままではアウェーでの戦いみたいなもので、不利な状況下で仕事をし、暮らしてきていたと思います。久しぶりの日本、仕事はきつくなりそうですが、公私共に楽しく過ごそうと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/358-b1fb6ea0

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。