Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/03«2017/04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
ヨーロッパは車のメーカー、ブランドがひしめいており、トヨタが半分を占める日本よりもバラエティに富んでいます。その中には、いくつか日本では見ることが稀なメーカーの車も走っています。そのうちの一つがスペインの車セアト(SEAT)。元々フィアットと提携していたメーカーですが、現在はフォルクスワーゲンの子会社になっています。

ヨーロッパの車というのは、メーカーの名前がそのままブランドのイメージに直結しており、その下の車名というのは、単なる番号だけというパターンが多いのですが(プジョー407とか、BMW645, Audi A5といった具合です)、SEATのネーミングはなかなかユニーク。SEATの車はみんなスペイン国内の地名をその車名として冠しています。

例えばSEAT Ibizaはダンスパーティアイランドとして知られるイビザ島の名前を付け、ヨーロッパの若者に大いに人気を博しました。

SEAT IBIZA


そのほか、小型車マルベーリャ、コンパクトファミリーカーのコルドバやマラガ、中型車トレド、そしてファミリーMPVにはなんとアルハンブラというたいそうな名前を付けています。すべてスペインの名所旧跡の名前です。日本ならさしずめ、「京都」「横浜」「法隆寺」という感じでしょうか(笑)。

実はSEATは、最近はフォルクスワーゲンと車台を共有しており、違うのは顔つきだけという車ではありますが、こうしたユニークなネーミングととんがったデザイン、安価な価格設定でうまく若年層に売り込んでいるようです。

だいぶ前イギリスで、スズキの軽トラが“Sumo”という名前を付けられているのを見て笑ってしまったことがありましたが、日本の車も、欧米の真似をした無個性で無難なネーミングから一つ脱皮して、日本車であることをもっと訴求するネーミングにすれば、意外と海外で受けるのではないかと思うのですが、どうでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/346-c07eea3b

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。