Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/03«2017/04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
こちら北西ドイツのイースター四連休最後は雪がちらつく天気。今年はほとんど雪らしい雪は降りませんでしたが、ここに来て寒の戻りといった感じです。とはいえ、大きく積もるほどではありません。

最近、ヨーロッパにいながら、アメリカ人と仕事をする機会が増えています。アメリカ人というのは、人の名前をファーストネームで呼び捨てにするのが普通。受ける我々日本人も、それが親しさの裏返しのように好意的に捉えてあげるのですが、そんなアメリカ人の気安い呼び方に眉をひそめるヨーロッパ人は意外と多いです。特にドイツでは50代より上の人はビジネスでファーストネームは普通使いません。ファーストネームを使うのは学生時代からの知り合いとか、家族の間だけという不文律が年輩の人にはあります。どこに境目があるのか分かりませんが、40代以下のアメリカナイズされた世代から下では、ドイツ人でもファーストネームで気安く呼び合うことが多く、このあたり、かなり明確に世代間ギャップが見て取れます。

イギリスも基本的にファーストネーム文化ですが、ビジネスの場面では、結構気取って”Sir”とか、”Mr”という敬称を使ってSurnameで呼ぶことも多いです。そこには日本人でもなじみやすい節度がまだ感じられます。電話の押し売りでさえファーストネームで呼び捨てにされるアメリカとは少し違う。

日本人の名前を呼ぶのにファーストネームで呼ぶべきか、ラストネームで呼ぶべきかと外国人から訊かれることがたまにあります。日本人と仕事をしたことがある外国人は、日本人同士がビジネスでファーストネームを使わないことを知っているからです。そんな時私は、

「日本人には”san”という敬称がとても便利だ」

と教えます。日本人でも欧米のファーストネーム文化は理解していますので、ファーストネームで呼ばれることで機嫌を損ねる人は普通いません。かといって、相手を立てたいときや目上の人にはファーストネームの呼び捨てはちょっと抵抗感があるという場合も多いです。そんなときは、”Hiroshi” ではなく、”Hiroshi san”にすることで、十分な親しみを持たせながら、見下す感じにならない。また、”Mr Sakai”だと堅苦しすぎるという場合でも、”Sakai san”とすることで、節度を保ちながら、やや砕けた感じになる。日本人とのビジネス経験が豊富な外国人ほど、このsanをうまく使い分けています。しかもこの”San”は男性女性を選びません。

Sanというのは欧米にはない、とても便利な敬称なのです。
スポンサーサイト

コメント

『便利』という説明は、わかりやすいですね。今まで気がつきませんでした。この場合、英語で言うとき、convenient って言えばいいのでしょうか?
TI さん 
そうですね、アメリカから来る商用郵便物はアドレスに名前だけの場合が多いですね。
ところで、アメリカではMr.などは敬称の他に、自分の名前にも付ける習慣から、名前であることをはっきりさせる”接頭辞”の役割があるように思いますがどうでしょうか。
また、学位を持った人の場合、Dr.とか Professor など一般と差別しているように思います。英国系のwebなどで名前を登録するとき、Dr.にマークを入れれば、ビジネスメールの場合、決してMr.では送ってきません。
また、女性の場合未婚、既婚の区別、職業上では、男女の区別も必要が無いことから呼び捨ての方が合理的かも知れません。その点日本語の「さん」は便利ですね。
aoさん
aoさん、

そうですね。Convenientでもいいですが、usefulもしっくりと意味がはまるような気がします。
Spaceglowさん、
Spaceglowさん、

そうですね。確かに自分のことをMr. xxとか、Dr. xxと呼ぶことがあります。名前であることをはっきりさせる意味があるとは気がつきませんでした。英語ではMr以外にSir、Dr.、Professorといった様々な敬称があるため、区別をはっきりさせるためだと思っていました。

女性の場合、Miss, Mrs.は性差別的だということから、Ms. という敬称がビジネスでは使われることがありますね(特にアメリカ)。
TI さん
質問ですが(政府中央銀行)総裁について、欧米の現在の人物をそれぞれの政府のオフィシャルサイトで調べてみました。米、英、ドイツ、オランダは経歴がDr.かProfessorでした。世界的なレベルの大学院で教えたり、学会で活躍する学者は、国際的な情報や人脈を必然的に持つていて、経済先進国の金融政策にはそれが欠かせない要素の一つであろうかと思いますがどうでしょうか?。日本の様に学部卒で、生涯一組織の職歴しかないMr.は異質のような感を受けました。
spaceglowさん、
spaceglowさん、

興味深いですね。国を左右する組織のトップに上り詰めるための力学が、日本と欧米では異なるということのようですね。歴代のアメリカのFRB議長の経歴を見ていると、その多様さに驚きます。グリーンスパンなどジュリアード音楽院卒ですから。だからといって、日本の総裁の頭脳が劣るとは思いませんが、経験や視野の幅広さ、人脈ではやはりかなわないのではないでしょうか。

欧米では学位に対する社会的な重みが日本以上にありますから、高い学位がないことは、国際舞台では不利に働くことがあるかもしれませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/339-3d1da070

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。