Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
週末、近所の空き地にサーカスがやってきたので子供たちを連れて見に行きました。サーカスといっても、木下大サーカスのような立派なエンターテイメントとは程遠く、数人の芸人一座が手作りで行う小規模で素朴なものです。怖くない綱渡りに、お寒い道化師、象のいない馬とロバだけの動物芸に、ちょっと危ない火炎術といった、お約束の芸の数々は、華麗さよりもうら寂しさを感じさせます。ある日に看板が出たと思ったら、水曜日に空き地に忽然とテントが姿を現し、週末だけショーを見せて、月曜には派手な色のトレーラーに一団と機材を積み込んで、次の町を目指す。まさに巡業一座。

ヨーロッパにはこうしたサーカス一座や、移動遊園地がたくさんあって、それぞれが各国各地を年中ぐるぐる巡っています。イギリスにもありましたが、ドイツではより頻繁に見かけます。アメリカでは出くわした記憶がないので、これはヨーロッパならではの風物と言えるのでは。思えば、フェデリコ・フェリーニの”La Strada”(「道」)や、パトリス・ルコントの橋の上の娘などはこうしたサーカス一座がドラマの舞台として描かれていて、彼らの暮らしの厳しさとわびしさが強く印象に残る映画です。でもよく考えたら、サーカス一座はアメリカ映画にも登場しますね。「ダンボ」なんていう名作もありましたが、フランシス・フォード・コッポラのミュージカル映画「ワン・フロム・ザ・ハート」ではナスターシャ・キンスキーが美しいサーカスの踊り子として登場します。どちらもアメリカが舞台でした。

取りとめもない連想が続きますが、この「ワン・フロム・ザ・ハート」のサントラはいまでも私のお気に入りの一枚。渋い男声のトム・ウェイツと、艶やかな女声のクリスタル・ゲイルの二人が歌い上げる極上のバラードは、夜中に一人で聴くとと身に沁みます。

ワン・フロム・ザ・ハート(エクスパンディッド・ヴァージョン)ワン・フロム・ザ・ハート(エクスパンディッド・ヴァージョン)
(2004/03/24)
クリスタル・ゲイル トム・ウェイツ、トム・ウェイツ 他

商品詳細を見る


話がそれました。ヨーロッパならではのサーカス。家族で楽しみながらも、人生というものを少し考えさせてくれました。
スポンサーサイト

コメント

ヨーロッパのサーカスは、幻想的で
良かったです。もう入場する前から、
魔法の世界に来たみたいで・・子どもだけじゃなく、大人もしばし夢の中ですよね!

日本に帰ってきてから、そのつもりで
サーカスに行って、非常にがっかりしました
さらみさん
さらみさん、

ヨーロッパの草サーカスは、小規模でも、独特の雰囲気があって、それはちょっとした伝統芸能を思わせます。まあ、私が見たものはクオリティは中の下といったところで、とてもほめられるような代物ではありませんでしたが、それでも、そのチープさがかもし出す雰囲気はありました。歴史のなせる業でしょうか。日本人にはマネはできないでしょうね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/338-dd714486

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。