Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
若い頃、当時の事業部長に「TIくんは、ロックとクラシックとどちらが好きなの?」と訊かれれたことがあります。音楽の好みで、アメリカに向いているか、ヨーロッパに向いているかがわかるそうで、それによって部下をどこに駐在させるか、決めていた・・・とはさすがに思えないけれど、参考くらいにはしていたのかもしれません。

そのとき私がどう答えたか、今となっては思い出せません。ロックはアメリカよりブリティッシュが好きだけれども、ジャズやフュージョン、R&Bなんかも好きだし、つまり、イギリスとアメリカのどちらでもいけたかもしれません。ボサノバなどの南米系もOK。その後、当時の事業部長はもういないものの、結局はイギリス、アメリカ、ドイツと欧米を巡ることになりました。

さて、そんなハイブリッドな私ですが、最近の好みは音楽も映画ももっぱらヨーロッパに傾倒しており、ジャズでも最近は本場アメリカのものだけではなく、こちらヨーロッパのジャズを愛聴しています。

バラッズバラッズ
(2006/10/18)
エンリコ・ピエラヌンツィ

商品詳細を見る


エンリコ・ピエラヌンツィはイタリア人ジャズ・ピアニストで、もう今年で還暦。長い経歴を誇りますが、私が知ったのは最近のこと。イタリア人らしいというか、実に叙情的な余韻を残すピアノを弾く人で、クラシックの素養も感じさせます。その叙情性から、いわゆるビル・エヴァンス派に分類されるようですが、ヨーロッパらしいテイストを感じさせるその演奏は個性的です。

パリジャン・ブルーパリジャン・ブルー
(2007/10/10)
ミシェル・ルグラン・トリオ

商品詳細を見る


そして、こちらは御大ミシェル・ルグラン。フランスで生まれ育った彼は、すでに50年代にはマイルスやコルトレーン、ビルエヴァンスなどと共演し、アメリカのモダン・ジャズ界でその名を知られるようになります。その後も「シェルブールの雨傘」などフランス映画の音楽を中心に活躍するコンポーザー兼ピアニスト。グラミーやアカデミー賞の受賞暦も多くあります。彼の演奏、作曲にはクラシックに加え、フランス人ならではのシャンソンの影響も感じられ、その分ジャズ色は薄れますが、実に映像的で美しい。学生時代から好きなミュージシャンでしたが、最近また聴き返したりしています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/337-e8ab858e

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。