Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
先ほど旅行から戻ってきた。今回以前から行きたいと思っていたコーンウォールに行ったのだが、旅行については後ほど写真も交えてまとめて報告することにして、今日はとりあえず先日の食事の時に交わされた会話から。

イギリス人:「TI、こないだ見たよ。あの日本の映画、"Sprited Away"。」(邦題「千と千尋の神隠し」、ちなみにドイツでは"Chihiro"というタイトルで2003年に公開)

私:「ああ、あれ見たの。そう、あれってイマジネーションの爆発っていう感じですごいよね。」

イギリス人:「そうそう、どうやったらあんなストーリーを思いつくんだろうって思うよ。天才だね、あの作者は。」

そこに割り込んできたイタリア人。

「ねえ、何の話だい?」

イギリス人:「いや、日本の映画の話だよ。有名なアニメ作品」

イタリア人:「ほお、どんな話なの?」

イギリス人:「いや、少女が主人公でね、ゴーストタウンに迷い込むんだけど、両親がブタに変身しちゃうんだ。」

イタリア人:「・・・」

と、話はそこで途切れてしまった。もっとうまく説明すればいいようなものだが、大人数が入り混じる席だったので、話はそのままううやむやに。

これだけ聞いたイタリア人は「変な映画だな」で終わってしまうであろうことが残念だが、常識を超えたような映画のストーリーをかいつまんで何も知らない人に話すのはかくも難しいという一幕。
スポンサーサイト

コメント

宮崎さんの映画は、難しい・・・・単純な気持ちで見ていると、何が何やら・・・。私の頭が悪すぎ?かと悩みながら、めげずに見続けています。
理解できていないと、同じ作品とは思えない感想です。”ガックリ”
華さん、

確かに単純なストーリーではありませんし、突飛な発想のものもありますが、かならず物語にやさしさがちりばめられていて、見終わった感じがとてもいい作品が多いように思います。

イギリス人の彼は、ディズニーの時代は終わったとまで言っておりました。(スタジオ・ジブリの作品はディズニーが独占して配給していますが。)
言語の表現が簡単ではありませんと思います、違い文化背景、違い慣習を育ちだから、一つの話題を打ち上げて、自分の主張とか、観点とか相手に伝わる時、相手如何な形で理解する、本当に気に成ります、日本語をつかって話す時、いつも心配して所ですlol
ちなみに宮崎監督の映画は大好きです。
宮崎監督plus石久さんの音楽交せて、完璧です。日本映画の誇りと思います。
megさん、

文化的背景の異なる相手とのコミュニケーションはささいなことで行き違いが起こることがあるので(そしてお互いいやな思いをする)、気を使うことは大事だと思います。相手への思いやりが必要ですね。ただ、気にしすぎてもよくないのですが、このあたりはある程度慣れが必要なのでしょう。お互い国際人目指してがんばりましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/33-c0848a86

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。