Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
ルームシェアというのがあります。数年前、アメリカに留学したときに驚いたのが、見知らぬ男女がルームシェアをすることが当たり前のように行われていたことです。アメリカの学生向けアパートというのは、ルームシェアを前提に作られているところが多く、バスルームが二つ部屋の両端にあるなど、プライベートな生活空間がうまく分かれるようにできています。ただ、それでももちろんリビングやキッチンなどは共有するわけで、そんな中見知らぬ男女が部屋をシェアするというのは、日本人女性にはかなり抵抗があると思うのですが、アメリカではごく自然に受け入れられていました。イギリスなどヨーロッパでも若い男女が、別に恋人同士でなくても一緒に旅行をするとか、部屋をシェアすることが普通にあるということを見聞きします。

こうした慣習というのは欧米でも昔から同じというわけではないようで、二世代ほど上になると「けしからんこと」として眉をひそめる人が多いそうです。ではそうした意識の変化というのが、どうして起こったのかを考えると、それは「男女同権」というところに行き着くように思います。

欧米では女性が強いということはよく言われますが、実際に日本女性よりも欧米の女性のほうが自己主張、権利主張が強く、気も強いように感じます。日本では女性は控えめで男性を立てることがよいとされる風潮が強く、法律的には男女平等と言いながらも、社会的にはまだ男性優位の社会だと言えるでしょう。そんな中、男女を同じ屋根の下に住まわせると、欧米であれば男女同じ強さでバランスが取れる一方、日本では女性が心理的に弱い立場に立たされるということがあり、女性側に抵抗感(逆に男性にとっては優位に立とうという心理)が生まれやすいのではないでしょうか。

その背景には性に対する考え方、意識の違いがありますし、法律的にも日本の男女平等の歴史が欧米に比べて短いということがあるのでしょう。数十年前であれば欧米でも保守的な考え方が強く、男女がルームシェアなどとんでもないという風に思われたわけですから、今後日本でも女性が権利をもっと主張するようになって社会的意識がより平等になったとき、こうしたことがより一般的なこととして自然に受け入れられるようになっていくのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

男女の関係、家族の考え方。それぞれの社会や宗教が持っていた伝統が世界中で急激に変わりつつあるということでしょうか。
いつも昔話で恐縮ですが、アメリカの1960年代後半の州立大学では、際立った才能は無いが教育者として職を維持するためには、結婚していることと、夫婦で直属の管理職や同僚との付き合いの仲間に入れるのが第一歩でした。その意味で、女性も男性の職業的地位を社会的に支えているといった役割で男女平等といえたかもしれません。当時は女性が独立して活躍する場面は少なかった様に思います。それが、暗黒の1970年代以を経てアメリカの社会構造が大きく変革したものと思います。
一方、当時、日本では女性の社会的地位が低かったのは確かですが、家庭では主婦の座は安定していて、アメリカの様に、いつ離婚になるかといった不安定さはない様に感じました。
そのせいか、現在日本で見かける、ホテルのランチブフェーなどに中高齢のご婦人のグループがあふれている情景は欧米では見かけない様に思います。
TIさんのこのシリーズの話題は、欧米でも、教育程度が高く、社会的にも独立した男女の場合のように思いますがいかがでしょうか。



私自身、オーストラリアに留学している時は、一軒家を6人でシェアしてました。その内、2人は男性。ただ、両男性ともカップル(つまりカップル2組、シングル2人という内訳)だったので、あんまり抵抗はありませんでした。ま、ホストファミリー先に滞在していた時も、その家には男性の存在もあったし、反対に、『異性』と意識した事は無かったですね。

特に、シェアしていた家はバスルームが1つでしたが、上手くスケジュールを決めて使い回してました。ま、私を含め、みんながバスタオル1つでバスルームと自室を行き来してるような感じで、私自身は何とも思ってなかったんですが、ある日、遊びに来た日本人のカップルには驚かれました。

かと思えば、私と同年代のオーストラリア人の友人は「出世するには結婚していないと出来ない」という考えの持ち主でもあります。

やはり同じ年代であっても、それぞれが、育った環境、地域によっても大きく違うんでしょうね。改めて、興味深い分野だと思います。
海外留学でシェアを体験した方にとっては普通の事で、帰国後も自然に男女がシェアをしていますよね。時代は変わりつつあります。
女性ではやはりフランス女性が権利意識が強いのでしょうか?
娘の同僚で、フランス本社で、インターンシップを経験された方、優しい女性ですがご自分の主張はかなりきちんとされるそうで・・・周りの女性とは一寸違うそうですよ。

個人的には、かなり古風ですが・・穏やかに家族や家庭を守って行く女性に憧れます。
やはり、誰かが要にならないと・・・と思うのですが・・・。
spaceglowさん、

今回と前回の話題はどちらも平均的な一般大衆の社会意識の話をしているつもりでした。特に階級や収入を区別した話ではありません。ただ、私の知り合いというのはおおむね社会的に安定した中流ポジションにいる人ばかりですので、私の体験というのはそのエリアに限られていることは確かです。

Spaceglowさんがアメリカで見られたパートナーの重要性は、今でも多かれ少なかれ当てはまる話だと思います。ただ、当時と今で違うのは、法律上結婚しているかどうかは特に問題ではなくなってきているということではないでしょうか。大事なのはライフパートナーがいるかどうかだと思います。フランスの場合は婚外子率が増えていても、出生率が増えていることが注目されるべきだと思います。

日本では女性は主婦として家庭に入るべきという考え方が男女とも根強いですが、欧米ではこの考え方が減り、共働きのほうが一般的なようです。主婦だけが固まって食事をする光景は確かに欧米ではあまり見たことがありません。同性同士で固まる傾向が強いのは日本人や韓国人の傾向ですね。日本では男女の社会的役割の区別がはっきりしていること(言い換えれば主婦率が高いこと)と関係があるのかもしれません。
mikaさん、

アメリカでも一軒家を学生が数人でシェアする(それも男女が混じって)のをよく見ました。多くの日本人にはカルチャーショックでしょうね。私も最初は驚きました。

「出世には結婚が必要」という考え方は、上でspaceglowさんもコメントされていますが、西欧は「社会的ステータス」が重要視される社会で、ライフパートナーがいるかどうかは今も重要なファクターですね。ただ、これは別に男女が気軽にルームシェアをする社会観念と対立するものではないと思います。性差にとらわれずに自由に暮らせる社会というのが彼ら西欧諸国が目指している方向なのではないでしょうか。
華さん、

フランス人の権利意識と自己主張が強いのは、フランス革命以来の伝統のようなもので、彼らのDNAに刷り込まれていますね。フランスや西欧で暮らした日本人はそれが身に沁みるので、帰国後もそれが抜けず、「洋行帰り」と呼ばれてしまうのでしょう。

誰かが家庭を守るべきという考え方は日本ではまだ主流でしょうし、欧米でも根強いですが、着実に減ってきているように思います。それが離婚率の増大として顕れているのではないでしょうか。離婚を禁じるカトリック思想が強い国では、離婚を避けるためにあえて結婚をしないというカップルが増えているそうです。西欧社会はより自由でゆるやかな家族像を追い求めており(同性婚、婚外子など)、それでも出生率が伸びているフランスは一つの理想モデルとして各国が参考にしているわけです。

日本が今後そういう社会モデルになっていくかというのはまだ分かりませんし、文化的な考え方の違いから難しいところもありますが、熟年離婚の増加、少子化の急激な進行などの昨今の社会問題を見ると、フランスモデルを参考にしていかねばならないように思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/319-99d95111

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。