Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/08«2017/09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
フランスでは生まれる子供のうち婚外子の割合が半数を超えたというニュースが報道されていました。結婚せずに出産する人が半数以上を占めるということで、日本人には驚きのニュースではありますが、40年前はこの割合は6%に過ぎなかったということで、この数十年で結婚に対する意識が大きく変わってきたことが伺えます。ちなみにWikipediaによれば、2003年度の各国の婚外子の割合は、アイスランド 63.6 %、スウェーデン 56 %、ノルウェー 50 %、デンマーク 44 %、イギリス 43 %、アメリカ 33 %、オランダ 31 %、イタリア 10 %と、北欧では軒並み高くなっています。日本は2%以下です。

私のオフィスには、事実上結婚していながら、法律的には結婚を選ばずに同棲を続けている人が何人もいます。年齢も20代の若い人から60近い人からまで様々。彼らは夫婦一緒に家を買ったりもしていますし、周囲もそれを当たり前のように受け入れています。結婚せずとも税制上や法律上不利にならないため、より自由な事実婚という緩やかな関係を望むわけですが、フランスの場合、結婚していないことが子育てに際しても不利にならないため、出生率は上がり、1.98まで達しています(EUで最高)。日本であれば非嫡出子として法律的に不利に扱われる婚外子ですが、婚外子が過半数を占めるスウェーデンでは「親の様々な生き方を認める」観点から、婚外子の法的・社会的差別が完全に撤廃されているといいます。

欧米に暮らしていると、こうした自由な婚姻関係や親子男女関係が普通に見えてきて、古い習俗や意識に囚われる日本が暗く窮屈に思えるときがあります。日本がフランスのようになれというわけではありませんが、日本人なら後ろめたく感じるようなことでも、ヨーロッパではごく当たり前に受け入れられる、すっきりした自由さを感じます。ゆがんだ差別意識が社会の暗部を生み、国全体の閉塞感を醸成するもの。こうした問題にも私たちは視野を広く持ち、日本を明るく自由な社会に変えていけるよう取り組んでいければと思います。
スポンサーサイト

コメント

興味深いですね。私も、『事実婚』で既に4年目、別に結婚しようと、あんまり思わないんですよね。ただ、相手はクリスチャンなので、そろそろ籍は入れたい様な感じ。でも、基本的には、子供を産むのでも、私は、結婚していてもしていなくても、あまり気にならないですね。でも、それは、今住んでいる国が、結婚していなくても、あまり税制、福利厚生面で不利が無いからでしょうね。
ちょっと違うかもしれないけど・・

イギリスでホームステイしていた時、
友だちがホームステイしている家では、その家の娘のボーイフレンドが同居しているを知って、すごいカルチャーショックを受けました。

こっちでは、結婚とか恋愛の形が
日本と全然違うんだな~というのを肌で感じました。

それからもいろんな記事などで、欧米の人の恋愛、結婚に対する考え方を知って、目からウロコの思いばかりしてます。

たとえば、日本では、2人の関係は「恋人」と「夫婦」くらいで、せいぜい、結婚するまでの短い期間「婚約者」を名乗るくらいだけど、欧米では2人で「婚約者」と名乗り、そのまま20年くらい「婚約者」のままでも、いいわけですよね。「婚約者」のまま、子どもを生み育てても、全然OKなわけですよね。
そんなふうに、2人の関係を決められるて、それを周囲も認めてくれるのっていいな~と思います。

でも、同時に、日本ではなかなかこんなふうにはならないだろうな~というのが正直なところ。

フランスのようになるとしたら、100年後くらいかな~(笑)
mikaさん、

そうですか。自由な国で自由な男女のライフスタイルを実現しておられるのですね。法律的、税法的に不利にならないのであれば、特に結婚する意味は薄れてきますよね。

結婚という風習が、つい最近まで子供を生み育てる社会の仕組みであり、だからこそ法律や宗教で規定して強制力を持たしてきたわけですが、フランスのように、法律上の結婚と子供を産んで育てることとの関連が低くなってくれば、これはもう法律で規定する意味が薄れてきているのだと思います。結婚することの宗教的、象徴的な意味というのは根強く残ると思いますが、法律で縛るというのはもはや時代遅れになりつつあるのではないでしょうか。
さらみさん、

私も似たようなカルチャーショックを体験しました。その話を次のトピックにしようかと思っています。

フランスのようになるには、何世代も必要で、その間にフランスはまた違う形に進化して、という永遠の追いかけっこになるのでしょうね。時代背景によって、どちらが進んでいるのかは見方が変わってくるでしょうし。

ただ、フランスっていつの時代も常に自由を追い求めているのだな、と感じます。そんな価値観がフランス革命以来染み付いているのではないでしょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/318-67139a77

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。