Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
ギリシャ旅行の後半はアテネからエーゲ海のサントリーニ島(正式名Thira:ティラ)に移りました。

アテネからオリンピック航空のプロペラ機で45分のフライト。空港から15分ほどのドライブで中心市街フィラへ。私たちの宿はそこから少し北の西側斜面にあるMillhouses studio & suites でした。普段一万人が暮らすこの島は夏には三万人以上に膨れ上がるそうですが、冬はオフシーズンなので、8割がたのホテルが4月くらいまで休業。数少ないチョイスからよさそうなものをネットで予約しました。料金は夏の半額。場所はフィラの中心から徒歩で10分程度離れていますが、静かな環境と眺望は抜群。部屋は斜面に掘られた洞窟といった趣きで、白壁一色の美しいホテルでした。ロフトとキッチン、リビング・ダイニングもついており、我が家も夕食は自炊。
ホテルからエーゲ海を臨む   ホテルのバルコニーから

サントリーニは火山島です。火山の噴火がカルデラを形成、さらに別の噴火が土地を隆起させ、中心部に火山、そしてそれを囲むように三日月型の島が出来上がり、そこに人が住んでいます。こうしたカルデラの島というのは世界でもここと中国の二つしかなく、人が住んでいるのはサントリーニだけだと、現地のガイドブックには書いてありました。絵葉書やカレンダーで有名な風景は、すべてこのカルデラを望む斜面からのものです。斜面といっても実際には断崖ともいうべきもので、断崖の上に街が形成されています。転落事故を防ぐため、ホテルの多くは小さな子供の宿泊を禁じているほどです。

NASAの写真。三日月形の島がサントリーニ島


旅行前にいくつかサイトやブログをチェックしたところ、冬のエーゲ海は曇りか雨ばかりで海は灰色。紺碧のイメージとはかけ離れているという情報があったので、事前に天気予報でこの島の天気を調べたら、どれを見ても曇りか雨マークでした。サイトによっては雷雨との予報。移動当日のアテネも小雨模様だったので、やっぱりだめなのかと期待していませんでしたが、着いてみると天気は快晴。現地の人もここ数日は降っていないと言います。ネットの天気予報もけっこういい加減なものです。どのサイトも予報がまちまちでした。昼間の気温は20度近くで、半そでで歩いても大丈夫なほどの陽気。というわけで、サントリーニの白く輝く家並みとブルーのエーゲ海の鮮やかなコントラスト、そして世界で最も美しいといわれる夕日を堪能することができました。

サントリーニ島の夕日 サントリーニの夕焼け


冬のエーゲ海はお勧めしないという話もききますが、観光客が極端に少ないため、宿泊費が通常の半額だということ、そして街がとても静かなので、のんびり静かに過ごしたい人には悪くないと思います。ただ、レストランやお店、ホテルの多くも休業しているため、にぎやかなリゾート気分を味わいたいという人には不向きでしょう。私たちの場合、小さな子供がいますので、のんびり静かにきれいな景色の中を散歩して、食事も誰にも気を使わず自炊で済ますというスタイルは快適でした。下にフィラの街で撮影した写真が数枚続きます。
フィラの町、教会脇の小道 サントリーニ島で見かけた女神像とエーゲ海
サントリーニの町にはこんな小道が迷路のように
スポンサーサイト

コメント

素敵な宿ですね。
泊まりたくなっちゃった!
今、今年の夏休みの旅行先を考え中です。
とはいえ、上の子は補習があるし、
下の子も中学生になるので、部活などが
あるかもしれないし・・以前のように
長い休みは取れそうもありません。
でも、来年は上の子の大学受験、再来年は下の子の高校受験と続くので、今年はヨーロッパに行きたい、というのが家族の希望です。
今のところは、お手軽に、ドイツにも近いオランダのセンターパルクに泊まって友達に会いに行く、といういつものパターンが
いいかな~と思っているのですが・・。

でも、ギリシャとかポルトガルとか、行ったことのない所もいいし、食べ物が美味しい素ペン、イタリアも行きたいな~~・・

と迷いっぱなしです。安くて良い宿は、結構早く予約がいっぱいになってしまうので
今から、少々焦ってます。
T.I. さん 
遅ればせながら新年のご挨拶をお送りします。

ギリシャ、私たちも健康が許すうちに行きたいと思っています。TIさんがアテネの項で書いてあられるように、ヨーロッパ文明の原点には触れてみたいと思います。エーゲ海と云うとコバルト色の海と空というイメージがありますが気候には気をつけなければいけないことを知りました。
旅行には、クルーズという選択もあると思いますが、個人旅行とどちらにするか迷います。
では、今年もよろしく。
ヴロエカの近くにギリシャ人の、娘の友人が住んでいますから、なるべく航空料金の安い時期にゆっくりギリシャへ、と思っておりますが・・・何時が行き時か・・・迷ってしまいます。4、5月頃はどうかな~~と思っています。シーズンオフも良いですね~~。
新年おめでとうございます。

いつも楽しく拝見させていただいています。

私も12月にギリシャの島巡りをしたことがありますが、その日は途中から強風で観光船が大きく揺れ、立っているのも困難な状態の時が何度かありました。風もかなり冷たかったのを覚えています。
メテオラでは雪が積もっていて、階段を登るのも大変でした!!

ところで、もう1つある中国のカルデラの島というのはどこなのでしょうか??
さらみさん、

景色だけではなく、サービスもなかなかいいホテルでした。でも、部屋は10室もないので、夏はすぐに満杯でしょうね。お子さんが大きくなってきて受験が絡んでくると旅行にもおちおち行ってられませんね。しかも大学に入ってしまうともう親と一緒に旅行なんてしないでしょうし。

旅行先を決めるのに、私の中で最近は食事のおいしさも大きなポイントになってきました。旅行中って結局食事が大きな時間とポーションを占めると思うんです。うちは子供も小さいので、子供に優しくて食事がおいしいイタリアがポイント高いです。でも南欧は夏はちょっと出歩くのに暑すぎるのが難点かな。海だったらいいんですが。
spaceglowさん、

こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いします。エーゲ海といえばクルーズですよね。私はクルーズといえば、ほとんど海の上だから、上陸する時間が短くてつまらないのではと思い込んでいましたが、実際にエーゲ海に来て見ると、島が近接してたくさんあるので、割と変化があって楽しいかもと思い直しています。一方で、それぞれの島がそれほど違わないのであれば、どこかの島にしばらく滞在してしまったほうがいいような気もします。

ギリシャのように、ちょっとエキゾチックな場所となると、ツアーに入ったほうがよいかどうか、迷うところですね。私は自分で決めて色々と歩くほうが好きな性分なので、旅はいつもすべて自分でアレンジしていますが、ツアーに入った方が手間が省けて、効率もいいとは思います。
華さん、

ギリシャは4-5月や10月がベストシーズンではないかと思っています。7月と8月は暑すぎるのと人が多いのとで、疲れそうです。海岸でのんびりするだけならいいですが、サントリーニは見所は崖の上なので、海水浴にはあまり向いていないようです。
WORLD_TOMOさん、

今年もよろしくお願いします。冬のエーゲ海は風が強くてよく船が欠航すると聞いたことがあります。いくら暖かいといっても風は冷たいですから、船でふきっさらしだとけっこう寒いでしょうね。私は穏やかな天気に恵まれてラッキーでした。

中国の海のカルデラですが、ひょっとして東シナ海の鬼界カルデラではと推測しています。海中のカルデラは珍しいですし、East China Seaですから、サントリーニの人が中国の一部と勘違いしたとしてもおかしくありませんし。どうでしょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/313-39d28ef3

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。