Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
アテネの二日目は午前中小雨が降るあいにくの天気でしたが、昼前には雨も小止みになり、私たちはアテネのへそとでも言うべき中心部シンタグマ広場から地下鉄で一駅のアクロポリスまで出向きました。徒歩でもプラカ地区(みやげ物屋やレストランなどが並ぶエリア)を抜けて15分程度で丘のふもとまでたどり着けます。アテネには市街を囲むように七つの丘がありますが、アクロポリスはその中の一つ。ご存知パルテノン神殿を擁するアテネで最も有名な丘です。ちなみにアクロポリスはこちらでは「アクロポリ」と「ス」を抜いて発音していました。
古代アゴラ側からアクロポリスの丘を臨む


パルテノン神殿にはヘロデス・アティコス音楽堂、ディオニソス野外劇場、エレクティオン神殿などが隣接しており、これら遺跡群が旧跡としてのアクロポリスの丘を形成しています。古代建築や考古学に明るくない私には、古代ローマやギリシャの遺跡は古すぎてそのすばらしさは正直わかりにくかったのですが、間近で見るパルテノン神殿は、想像以上に巨大かつ壮大で、よくも2500年も前にこんなものをこんな高い丘の上に作ったものだと感嘆しました。素材の多くには大理石が使われており、建てられた当時の絢爛豪華さはいかばかりかと想像できます。この神殿は17世紀のトルコ軍の占領下にはなんと弾薬庫として使用されており、1687年にヴェネチア軍の攻撃を受けて大爆発、なんといっても弾薬庫ですから神殿はほとんど吹き飛ばされたといいます。今我々が見ているのは19世紀以降に修復されたものとのこと。なんとももったいない話です。

パルテノン神殿 ヘロデス・アティコス音楽堂

神殿や遺跡も見ものですが、それ同等か以上に目を奪われるのが、丘から見下ろすアテネ市街地の景色です。見渡す限り白壁の四角い家が所狭しとひしめき合う中に、市内各所に丘が突き出しており、エーゲ海も見ることができます。神殿をバックに360度のパノラマが広がる様はなかなか見ごたえがあります。
アクロポリスの丘から古代アゴラを臨む アクロポリスの丘からゼウス神殿を臨む


午後にはシンタグマ広場まで戻り、そこからアクロポリスの丘と逆方向に歩いてコロニキ広場に出ました。このエリアは高級ブランドが並ぶショッピングストリートとなります。このエリアはリカビトスの丘へのゆるやかな上り坂になっており、神戸の北野坂に雰囲気がよく似ています。日本では見かけないようなブランドもいくつもあるので、ショッピングが好きな人は一見の価値ありでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/310-caf31282

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。