Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/10«2017/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
今週はクリスマスの休暇を利用してギリシャに来ています。冬のギリシャに来て何をするんだという意見もありましたが、(たぶん)残り少ないヨーロッパでの生活、ヨーロッパ文明の原点であるギリシャを見ずして帰るのも惜しまれたので、来ることにしました。現地の気温は最高で15度前後、最低が5度くらい。朝は氷点下5度くらいまで下がるドイツよりも10度くらいは暖かいでしょうか。ただ、天気はヨーロッパの冬らしく、どんより曇っています。この季節は雨が多いようで、太陽が燦燦と降り注ぐエーゲ海の陽気は期待できそうにありません。おかげで宿はどこも格安なのが救いですが。デュッセルドルフからアテネまでオリンピック航空の直行便が出ています。いざ飛んでから気づいたのですが、ギリシャ北部の都市、テッサロニキで一度着陸して人を降ろし、30分ほど駐機してからアテネに再度飛び立つというものでした。

さて、アテネの街ですが、周辺を含む人口約400万人と、ヨーロッパではローマと並ぶ大きさ。フランクフルトよりも規模が大きいようです。

Largest European Metropolitan Areas (Wikipedia)
(ちなみに最大はロンドンでもパリでもなくモスクワ。)

まだクリスマス気分が残る街には人と車があふれ、その騒々しさは人口密度の高さを感じさせます。空港やその周辺の高速道路、そしてトラム、地下鉄といったインフラは2004年のオリンピックでかなり整備されたと見えて、パリなどと違って明るくて安全な感じがしました。観光客から「ぼる」ことで悪評高かったタクシーもかなりましになっている様子。

初日を終えた印象などは以下に。
南欧ラテンの国に独特の喧騒と無秩序さには、静かで落ち着いたドイツに慣れてしまった私たちは少々圧倒されてしまいます。思えばスペインやイタリア、フランスの大きな都市にも似たような雰囲気があります。ただ、他の南欧諸国と違うのは文字です。ギリシャ人はα、β、γというギリシャ文字を使い、いわゆるアルファベットを使いません。地名などが読めない国というのは私には久しぶりで、そこにも西欧との「距離」を感じます(もちろん多くの観光地では英文名が併記されており、実際には不便というほどではありません。気分の問題です)。

街で見かけるブランドやお店からは、欧米資本が入り乱れた街という印象で、グローバル化の一つのせめぎあいが展開されているともいえます。車はフランスとイタリア、ドイツの小型車を中心に日本車もちらほら見えて、群雄割拠の様相ですし、銀行も地元ギリシャの銀行に加えてフランスやイギリス、オランダ資本の銀行も目につきます。エレクトロニクスではソニー、フィリップス、サムソン、ノキアが目に付くのは他のヨーロッパの都市と同じ。レストランチェーンだとやはり米国資本が強く、マクドナルド、ピザハットといった常連に加え、TGI FridayやAppleby’sといった、ドイツでも見かけないような米国レストランチェーンも見かけました。洋服はフランスやイタリアのブランドを中心に、ZARAなどスペインのブランドも進出しているようです。

道行く人を眺めていると、金髪碧眼であっても肌の浅黒い人や、中東系、インド・アーリア系の人も多く、洋の東西が入り混じったトルコのイスタンブールとよく似ているなと思ったりもしました。道端で何をしているのか、男たちがただおしゃべりしてたまっているのもそれっぽい。ちなみに男性はひげ面のむさくるしい人が多いですが、女性はギリシャ彫刻のような彫りの深い顔立ちの派手な美女をよく見かけます(笑)。

たまに違う国に来ると気が付く点はいろいろとありますが、今日はこの辺にしておきます。
天気がよくないので写真などはあまり期待できませんが、今後また情報をアップしたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

ハイ、レポートを期待しています。
何しろ、行きそびれた憧れの地ですから・・・・。
宜しくお願いいたします。
えっ、どこかへお引越し?
日本に帰ってくるの??
華さん
華さん、先ほどドイツに戻ってきました。先ほどアクロポリスについての記事をアップしました。旅の後半はエーゲ海のサントリーニ島に行きましたが、天気予報に反して天気は快晴でした。というわけで、すばらしい景色を楽しむことができましたので、これからアップしていきます。
さらみさん、

うーん、2008年中の引越しは避けられそうにないですね。どこに行くかはまだ決まっていませんが、ドイツを離れることはほぼ確実かと。また、決まったらブログ上でお知らせしますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/309-ba01c5f6

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。