Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
車が車上荒らしにあいました。朝、車で子供を送ろうとしたら、リアウィンドウが叩き割られていました。盗まれたものがなかったので、最初は人種差別がらみのいやがらせかもと思いましたが、警察に聞くと、この週末に似たような被害報告が他にもいくつかあったということで、そうではないようです。警察に通報するなんて初めての経験です。(ドイツでは警察は110で日本と同じだが、消防・救急は112。)

こと、車上荒らしや車の盗難に関しては、日本とこちらの警戒心の差は歴然としています。日本では、車の中にものを置きっぱなしにして車を離れるなんてことはちょくちょくあったと記憶しています。何しろ、車内に赤ん坊を置きっぱなしにしてしまう国ですから、かばんくらいどうってことはない。ロックしていればなおのこと。しかし、それは日本だけの話です。欧米、特にロンドンなどの都会では車内に物を置いたまま車を離れるなどというのはもってのほか。ロックなどしていても、窓ガラスを叩き割られて持っていかれるので、外から見えるところには何も置かないのが常識です。夜間はカーオーディオやカーナビさえ取り外して家に持ち帰るといったことも珍しくありません。

日本人は金目の物を車内によく置いているので、デュッセルドルフでは日本人の所有する車が窃盗団に狙われやすいとか。こうした窃盗やすりの犯罪に対する自衛という意味では、日本人はまだまだ国際感覚に乏しいようです。
スポンサーサイト

コメント

TIさん、残念な出来事ですね。
リスクを背負って車は所有する物とは分かっていても、やはり敢えてその様な人為的な被害にあうと許しがたいですね。
その様な行いの一方で彼らには倍のツケがどこかで回って来るのだと私は思います。

日本でも現在は警報装置を付ける人も増えたようで、友人が車上荒らしにあったり、今では日本も随分と貴重品は持って行く。は常識になって来たとは思います。時には車ごと盗まれる事があるようです。それでも車内に荷物を置いている状況を見ると、まだまだ日本は安全な方だと感じますよね。ヨーロッパでは取り外しのカーナビが多いのが理解できます。また吸盤で付けるタイプはウィンドウに丸い跡が残るので荒らされやすいと聞いた事があります。
なんでそこまで気をつけなければならないのだろうか。。。と思いますが。
残念なニュースでしたが、ご家族への危害では無くて良かったです。
私も注意を改めたいと思います。
anarchyさん、
anarchyさん、お気遣いありがとうございます。修理にかかるお金もさることながら精神的なショックがあります。狙われているのかと疑心暗鬼になってしまうのです。特に海外暮らしだと人種差別なども気になるところです。まあ不幸中の幸いともいえますが。

日本も最近は車上荒らしが増えてきたんですね。イギリスでは警報装置がついているといないとで保険料が違いますし、路上駐車かどうかでも保険料が変わってきます。事故よりもそうした盗難被害がきいてくるんですね。
TIさん、大変でしたね~。
何も盗られていなくて良かったですが、
車は壊れてしまったし、
何よりも、そういう事があると
精神的にショックですよね。

日本でも、最近は危ないということで
駐車する時は、荷物は見えるところに置かないようにはしています。
子どもを置いていくのは、なくならないですね。残念なことに。

車じゃないけど、先日も、2歳と3歳と子ども2人を留守番させている時に火事があり、2人が焼け死ぬという事故がありました。
本当に可哀そうで・・
(ごめんなさい。関係ないけど、思い出してしまいました)

車上荒らしを含めて、被害や事故に合わないようにするために、想像力を持って
行動したいです。

ちょっとした手間を惜しんだために、
本当に大切なものを失うことになるかもしれないですから。
TIさん、もしも人種的な差別を感じる事があったとしても、無視して下さいね。
そのような人には全く言葉の違う国で生活をしながら、妻と子を養う様な力量と、努力などは皆無に等しいでしょうしね。
可哀相に。。。心が狭く育ってしまったのだと理解してあげて下さい。
そんな一部の人の為に心を痛める必要もありませんし、TIさん自身の自信と優しさを失わないようにして下さいねっ!

さらみさん、
さらみさん、

最近は日本も危ないんですね。どうも数年間離れているうちに日本の治安は悪化しているようですね。これも格差社会の弊害のひとつでしょうか。

子供に留守番をさせることは多くの先進国では違法にあたりますが、日本はまだまだそれが危険だという意識がないですよね。「はじめてのおつかい」なんていう番組もありましたが、国によっては「とんでもない」と思われると思います。

想像力をもって行動する、その通りですね。そしてリスクを小さくしたいものです。
anarchyさん、

励ましのお言葉ありがとうございます。たぶん今回の事件は単純な車上荒らしで、差別とは関係ないと思いますので、気にしないようにします。

差別意識というのは、普通の人は露骨に出すことはめったになく、むしろ無意識に出てしまうものだと思います。本人も気付かない程度で、こちらはなんとなく避けられているなとか、無視されているなとか、そんな感じなので、長くこちらに住んでいる人なら分かるけど、海外生活の日の浅い人なら気がつかないことも多いと思いますが、どうでしょう。
過去に留学生の男の子がパブであからさまに差別的な事を言われた経験談などを聞いた事があるのですが、それに対しては見ず知らずの土地の酒場で怯むくらいならば、行かぬ様に言いました。
その様な類いの言動を受けたわけではないんですね。
ならばきっと深読み?ってとこもあるかも知れません。
差別心は誰もが少なからず持っているものだと思いますが、敢えて個人攻撃をするような事は滅多に無いんですよね。
海外生活が長くなると、その地にとけ込む一方で、自信を失いやすいかも知れませんね。
その地の人にはなれない現実のジレンマを抱きますからね。
差別では無いのですが、そう感じてしまったり、避けられてる様に感じたり。
また、永住と一時的な滞在者となると、相手方の心構えも違うと思いますし。それは逆の立場でも同じだと思います。そして、都会になればなるだけ警戒心は増し、時間に追われていますから人付き合いもアッサリしますよね。
その辺はパーソナルスペースが比較的に広いと言われる日本に住む外国の方の方が避けられてると感じる事が多いかもしれませんね。
外国に住む日本の多くの方も、やはり言葉の壁が無いにしても、心から信頼する友人と言うのはやはり同郷の人になりやすいですよね。それはそれで自然な事ですし、道徳的な観念の違う人と無理に接する必要も無いと思うのです。
私はある厳格なイスラム教徒の女性がとても美しい笑顔をし、お会いできて光栄でした。と言われた時に、この笑顔を容易に他人の男性に見せてはならぬ事に考えさせられた事があります。
話しが逸れますが、我が家に遊びに来る夫の友人の中には食事の際に「いただきます」と言う方もいらっしゃいますし、夫を始め、日本人の心を尊敬してくれていますよ。
しかし一方で「いただきます、ごちそうさま」が言える日本人が現在どれだけの割合で存在しているのかと思います。
忘れてはならないのは、外国で生活しようが日本で身に付けた貴重な道徳心を忘れてはならないと思うのですよ。。。
ホームステイで黒人を拒否する人も居たり経済・政治の格差から他のアジア諸国を軽視している人も居ます、ヨーロッパほど酷くは無いでしょうが無意識的に私達日本人も一種の人種差別をしている事を忘れてはいけません。
Anarchyさん、
Anarchyさん、

まあ、今回の場合は単なる不運で、特に狙われたというわけではないと思います。日本人が日本で住んでいても不愉快なこと、理不尽な扱いを受けることはあるわけで、それが外国人だからという理由に起因しているのかどうか、見極めるのは難しいですよね。

マイノリティとして暮らすとき、人は普通以上に過敏になりますし、弱気になります。それがもし何か不愉快な目にあったときに、あからさまな差別ではなくても、差別されたのでは?と被害妄想的に過剰に反応することもあるでしょう。これは海外慣れしていない人に多い反応かもしれません。

一方、私の知り合いに帰国子女の人がいますが、差別されるので海外にはもう住みたくないと言っています。言葉ができるものですから、現地の人が話す言葉のニュアンスから差別意識を感じ取ってしまうそうです。これって、現地の言葉ができない人にはわからないものですよね。

現地で、現地の人と本当に心の通じ合った交流ができるかどうかが、海外生活に融け込む一つの鍵ではないでしょうか。
ARDさん、

私は日本人は差別意識が強いと思っています。区別意識と言い直してもいいかもしれません。外国人慣れをしていないがために外国人に対するゆがんだ先入観もありますし、不要な怖れもあるように思います。白人に対する劣等感がある一方、その他の人種に対する優越感も感じられます。均質化社会の弊害の一つではないでしょうか。
それが島国根性と馬鹿にされている理由でもあるんですけどね。世界を分かった気でいて本当は何も分かってないのが日本人ですからね、もっと視野を広げなきゃだめですね。
ARD さんがおっしゃる視野を広げなければ、と言う事と、差別心のある日本人。
TIさんのおっしゃる差別意識が強い、と言うのは理解しています。
日本の事を一番分からないといけない日本人が、自国の事についてしっかりと教育を受けていない。
理解度の低さに生じる数々の誤解が生み出す問題は数知れないと思います。
また、いくら現地の言葉を身につけたからと言って、外国で暮らす日本の人達がどれだけ日本の事、現地の事を学んでいるかによっても違うと思いますし、付合う人の層にもよりますよね。
外国生活を始める際は、多少の差別を乗り越える覚悟は必要だと言う事です。

日本人はアジア大陸からの混血であり、他の国の人々を侮辱、我が身を誇るほどの純粋な民族ではありませんよね。しかし、日本で生まれた文化の素晴らしい部分は誇れるとは思います。
差別には度合いもあり、歴史上の黒人の人達への差別ほどの差別は日本には存在しないと信じています。寧ろ、欧米の犯罪報道からの認識により、危険像がイメージ付けられたのも多少は関係しているのでは無いでしょうか。

優越感も経済が発展しているからでしょうが、その背後には自給率の貧しくコントロールされた現状がありますから、現実を知らない為に勘違いするのだと思います。
TIさんのおしゃる劣等感についても頷けますが、持つ必要が無いと思うのです。

私も単なる1人の人間で、大きな事は言えませんが、今の日本の欧米化による平和ボケの裏に隠されているプロパガンダの真実や、長崎、広島にあるABCCの存在をどれだけの人が知っているのかと思います。何を持って劣等感を抱くのか、学んで欲しいです。

その無念さ、愚かな事を学んでこそだと思います。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ARDさん、Anarchyさん、

お返事が遅くなり、すみませんでした。日本人は自分の国がそれなりに居心地がよいものだから(これは、インフラなどが整備されている豊かな国であるということと、国内市場がそれなりに大きいため企業は海外進出せずとも国内だけを相手にしていればよい(携帯電話などがいい例です)と言う二つの意味があります)、ついそこに安住してしまい、外の世界に出て行かないため、人々や企業の発想は国内レベルで止まってしまうし、自分たちが一番と自己満足に陥りがちだと思います。その結果、よそ者への対応はおっかなびっくりのぎこちないものになるし、一方で外来文化を安易に無批判に受け入れてしまうナイーブさも持ち合わせているように思います。

おっしゃるように、国民全体が視野をもっと広げることが今後もっと大事になるでしょう。そして、それは教育内容にもつながるものだと思います。
TIさん、初めまして。同じ都市に住む者として、いつも興味深く拝読しています。実は私も同じ日に車上荒らしにあいましたので、同一犯ではないかとびっくりしての初コメントです。確か前の晩は大嵐だったと記憶しています。車のアラームが聞こえない日を狙ったのでしょうか?周りのドイツ人にもクリスマス前はこういうことが多いので気をつけるようにと言われましたが、対策があるようであまりないんですよね。とにかくお互い怪我などなくて良かったです。
lindaさん
lindaさん、

初めまして。そうですか、同じ日に被害にあわれましたか。確かにあの日の前夜は嵐でした。最初、風で物が飛んできて窓を割ったのでは?と疑いました。嵐でアラームが聞こえにくいというのはあったでしょうね。でも、こうした犯罪がクリスマス前に多いとは知りませんでした。特にうちが狙われたというわけではなかったようなので少し安心しましたが、気分は悪いですよね。馬鹿にならない出費ですし。
お互い用心しましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/302-81d8e9bf

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。