Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
ヨーロッパはこの日曜日に夏時間から冬時間へ移行。アメリカよりも一週間早い冬時間移行である。日曜の夜中の三時に一時間時計を戻すのだが、それによって、朝起きる時間が遅くなるので、朝寝坊派にはうれしい。先週までは朝7時半でも外は暗く、普通の活動時間とずれが生じていたのだが、この時間修正により、朝7時には明るくなり、夕方は6時までには暗くなる。時計が実際の我々が働く時間に合うようになったという感覚だ。

緯度の高いヨーロッパでは、夏と冬の日照時間の差が大きいため、サマータイム導入は生活感覚的に必要なのだと思う。日本でもサマータイム導入の議論がされて久しいが、夏冬の日照時間差がさほど顕著ではない日本では、北海道などの高緯度地域を除けば実生活における感覚面での導入効果は少ないのではないだろうか。夏に朝早く稼動することで冷房電力消費などを抑える効果などが指摘されているが、夕方残業することが常態化している日本のオフィスでは、むしろ夕方が長くなることによる残業=電力消費が増えてしまって、省エネ面での貢献は少ないのではないかと私は考えている。
スポンサーサイト

コメント

高緯度の冬は時間にゆとりが出来るように思いますが・・・
と言うのも、夏10時過ぎまで明るいと・・・
つい寝ずにテニス、ドライブと・・・・つい時間が過ぎますが・・・
冬早く暗くなると、諦めがつきますよね。
大阪はさほど日昇日没の時間差が無いので、年間同じ時間に行動する事に疑問はありませんが、高緯度に住まわれている方は体内時間も、狂いがちなのでは?と思いますが・・・・いかがですか?
華さん、

以前、夏時間に移行したとき、一時間時計が早くなって、時間感覚が狂うと書いたことがあります。特に子供は明るいと寝ません。夏はドイツ人の子供なんか夜9時ごろまで外で遊んでることがありますから。

やはり、高緯度地域では時間をずらすほうが人間の感覚や行動に合うのだと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/289-0c0fb681

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。