Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/04«2017/05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
仕事に忙殺されていたかと思うと風邪を引いたりして、かなり更新が滞ってしまった。

ドイツ人が謹厳実直でルールに厳格であることは世界一般に広く知られるところだ。たとえば、レストランやビアホールなどで出されるグラスには、ここまで入れれば0.3リットルとか、0.5リットルとか線が書かれてある。店はこの線まできっちり注ぐのがルール。
ケルンビールのグラス。後ろに0.2Lという表示

私のオフィスでは入室用のキーカードがタイムカードを兼ねており、端末にカードを近づけると来社時間、帰社時間を記録するようになっている。勤務時間は分単位で管理され、超過勤務時間はオーバータイムとして正確に記録され、それが8時間に達すると社員は一日代休をとることができる。たいていの人は残業した時間分、あとできっちり休むなり早退するなりして調整している。週40時間労働が徹底されているのだ。私の場合、月に80時間は残業しているので、毎月10日間休む権利がある計算だが、もちろん不可能な相談だ。

まだある。イギリスで勤務していたとき、ユーロ圏に出張することが多かったのだが、その時の出張精算には、ポンドとユーロの為替レートを経理担当者が固定してそれを使っていた。固定レートなので、あるときは得をし、あるときは損をするが、長い目で見れば相殺されるので、だいたいでよいではないかというおおざっぱな考え方だ。これがドイツに移るとそうアバウトにはいかなかった。担当者が日々刻々と変わる為替レートを見ながら、社員が出張したその日のレートを適用して、正確にユーロ換算するのだ。個々人の性格の違いもあるが、社員たちがそこまでの正確さを求めるかどうかというところに国民性が出ている。

かつて初めてイギリスに勤務した頃、当時のヨーロッパの社長に、「どうだね、ヨーロッパは日本とだいぶ違うだろう」と話かけられて、「そうですね。こちらのほうが日本よりもアバウトなことが多いですね」と答えたら、意外そうな顔をして「そうかな。ドイツ人なんかとても正確だが。」と答えが返ってきた。相手はドイツなどで十数年を過ごした人。イギリス人独特の、本質ははずさないが細かいところは意外とこだわらない大雑把さは、彼の中のヨーロッパ人像とはあわなかったようだ。私もドイツにも住んでみて、当時の彼の意外そうな反応の理由が分かったのである。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
私がマルタの語学学校に行ってた時は、周りのヨーロッパ人はみんなアバウトだった感じがします。私が気にしすぎなのかなと思うほど。グループでどこかに行く約束をしてもみんな時間には来ませんしね(笑)
日本人の感覚で「5分前行動」を心がけていたらだいぶ待たされることがしばしば・・。
その中でもドイツ人は正確なほうだった気がします。ドイツの人と二人で出かけるときは待たされることはありませんでしたから。あと、さりげなく人の気を察してくれる人がドイツ人には多かったような・・。

私のブログにコメントをしていただいたようで、ありがとうございます!でもなんか最近ブログの調子が悪くて文字化けしてしまって読めなかったのです・・。せっかくしていただいたのにごめんなさい・・。これに懲りずにまた是非遊びにいらしてください。
ドイツ人家庭にホームステイしていた時に、貴重品は、クローゼットの中の金庫に入れていました。
その金庫にたどり着くには、①家の鍵、②部屋のあるフロアに入る鍵、③クローゼットの鍵、④金庫の鍵と四つの鍵が必要だったので、すごく安心して貴重品を保管することが出来たんです。ドイツのあと、イギリスに移ってホームステイした時に、金庫もなかったので、ホームステイ先の家族に「貴重品を預かって」と頼んだら、リビングにあるデスクの引き出しにポーンと入れて終わりでした!すごくびっくりしちゃった。もちろん、それで貴重品がなくなるようなこともなかったのだけれど・・。日本人には、ドイツ式の方が合ってる気がします。
amyさん
時間に正確なのはやはり北ヨーロッパの人たちですね。イギリス人、ドイツ人は特に正確なほうでしょう。イタリアあたりになるとかなり適当です。2,30分くらいの遅れは気にしないというイメージですね。フランスもそうです。ラテン系気質なんでしょうか。人の気持ちを察してくれる、という意味では私はイギリス人が細やかというイメージがありますが、こればかりは個人差があるのでしょうね。あと、国民性とかカルチャーが近いとお互い理解しやすいかもしれません。
さらみさん
4つの鍵とはまたすごいですね。このあたり、ドイツ人はくそまじめなところがあって、その融通の利かないあたりがよいところでもあり、悪いところでもあり・・・。イギリス人はそんなドイツ人をよくジョークのネタにしています。一方、ドイツ人は冗談を言わない国民なので、いわれっぱなしという感があります。そのあたりは日本人に似てますかね。私自身はイギリス人のほうが肌があうのですが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/280-e35f045e

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。