Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
イギリスやアメリカのお店で売られているケーキといえば、外側がアイシングで覆われているものがほとんど。このアイシング、砂糖のかたまりなので、濃厚に甘い。日本にいる時は生クリームが当たり前だと思っていたので、ちょっと意外だった。

最近はそのアイシングの上に写真をプリントできるサービスがあり、大手スーパーSainsbury'sなどでもオーダーできる。誕生日パーティ用などで人気は上々のようだ。

さて、イギリスの英語表現で"icing on the cake"と言えば、ケーキの外の衣という意味が転じて、「なくてもなんとかなるが、あるとよいもの」という例えとして使われる。

英英辞典によれば、"something that makes good situation even better."とあった。なるほど。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます^^。たま~に、このアイシングタップリのスポンジケーキがなつかしくなり、一切れ食べたくなったりしますけど・・・ふだんは日本のケーキで充分です~、とはいえ、昔、娘の日本人の友人(5歳だったかな?)の誕生会で、お母さんは、美味しいケーキを作ろうと甘さを控えたチョコレートケーキと、ピンク色のゼリーなど三種作ったのです。そして、子供のケーキカット用に地元でアイシングたっぷりのケーキも一応、出したのですけど・・・結果はーー。日本人のママさん仲間には、日本風の甘さを抑えたケーキやゼリーは大好評!でも、呼ばれてきた子供たちは、一口食べて、「甘くない」とばかりに、悲しい(友人いわく)かな、アイシングたっぷりのケーキの方を選択・・・。あのバタークリームたっぷりのケーキには、小学校卒業まで我が家もお世話になりました^^。TI さんのお嬢さんは、いかがですか?!
宇宙さん、

うちも、娘はアイシングのケーキのほうがすきだとのたまっています。甘すぎて日本人の口には合わないと思うのですが・・・慣れや環境とは怖いものですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/28-afee144c

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。