Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/10«2017/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

”ドイツのゲッティンゲン大学の研究者が3日、性生活の不足が仕事の勤勉さにつながる可能性があるとの調査結果を明らかにした。3万2000人の男女を対象に実施した同調査によると、性生活に不満を持っているとした人の35%強が、きつい仕事をそのはけ口にする傾向があると答えた。”


(ロイタージャパン)http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-27221820070805

(英文記事)http://www.expatica.com/actual/article.asp?subchannel_id=52&story_id=42593

これは逆ではないだろうかと思う。つまり、性生活が不足しているから仕事をたくさんするのではなく、仕事をたくさんするから、性生活が少ないのではないか。仕事で疲れているため、性欲も減退すると考えるほうが自然ではないだろうか。まあ、きちんとした調査なのだからそんな抜かりはないだろうが。

コンドームメーカーのDurexが行ったThe Global Sex Survery 2005 では、日本人の年間セックス回数は45回で世界平均の103回を大きく下回ってダントツの最下位。ブービーのシンガポールが73回だからその最下位ぶりは抜きん出ている。トップのギリシャが138回だから、実に日本人の三倍。果たして同じ年齢層で比べたのかどうかさえ疑問に思うほどの差だ。

ランキングをよく見てみると、回数が多い国はギリシャ、クロアチア、セルビア・モンテネグロ、ブルガリアと、みんな南欧の国ばかり。その他上位はほぼすべてヨーロッパ。意外にも北欧はみんな低め。一方、下位10カ国はワースト9のスウェーデンを除いてすべてアジアとなっている。

人種や性文化の違いがその背景にありそうだが、勤勉な国民がセックスの回数が少ないというデータを裏付けているようでもあり、興味深い。
スポンサーサイト

コメント

この記事読んだことがあります。へえ~って思いました。疲れていたら早く眠りたい気持ちは人間誰しにもあるとは思うのでこの結果は納得いくものがあるんですけど、もし、仮に、自分の余暇を十分に持てると仮定して、全世界条件が平等だとして、だとしたら日本人の順位は果たして何処まで上がるんでしょうか?それも興味深いところです。世の男女の”仕事で疲れている”これは通用しないわけですから(笑)こちらもリンク貼らせて頂きますね!
makreleさん
エンターテイメントが多いとセックスに割く時間が減るという話をどこかで聞いたことがあります。日本は余暇時間があったとしても、他の楽しみが多いので、結局それに時間をとられてしまうかもしれません。

あと、この記事よく読むと、性生活に満足していない人がそのストレスのはけ口として仕事を多くすると書いてあるんですよね。よく働く人がセックスをしないというわけではないんです。この研究結果はその点がユニークですね。リンクありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/272-4bc5efed

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。