Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/03«2017/04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
気温36度の京都から、18度のドイツへ。こちらは早朝は12度まで気温が下がり、肌寒いほどである。先週ルーマニアに出張していた同僚によれば、ブカレストでは気温が42度の猛暑で、それがもう6週間も続いているとのことだった。同じヨーロッパでありながら、西と東とで30度もの温度差。異常である。

今回ドイツに戻ってきて感じたことの一つが、「静けさ」だ。街を見渡しても、歩いてみても、ドイツには東京のような賑わいはまったく感じられない。なぜか。以下考えられる理由である。

- 東京のように人口が集中していないため、人口密度が低い。
- ドイツはこの時期バカンスに出る人が多く、さらに閑散としている。
- 店先や店内から音楽が聞こえてこない。
- 選挙カーがない。

東京は人や車が多い上に、お店などではがんがん音楽が流れているのが普通だ。こちらではむしろそれは珍しく、店もレストランもBGMは流していない。また、拡声器を使った選挙活動も法律違反だ。どこもかしこも音の洪水(時に暴力的な)の東京から来ると、ドイツはどこも静かで、ほっとする。ただ、その裏返しとして、生活騒音も含めた音には敏感で、異常なまでに気を使うのがドイツ人気質なのである。
スポンサーサイト

コメント

日本人が音に鈍感すぎる、というのは常々感じてます。ある大型家電店に行った時、売り場によって、違う音楽を大音響で流してるんです。で、全然落ち着いて買い物ができないのでお店の人に、「もう少し、ボリュームを下げるか、音楽を統一してもらえませんか」って言ったことがあるんですが・・「この音楽のかけ方を好むお客様がたくさんいらっしゃいますので」って却下されました。
どうなってんだろう、日本人の耳??って思いました。
さらみさん
大型家電店はパチンコ屋と並んでひどいですよね。
特に家電店は同じ曲を延々と流し続けるので、メロディが頭に焼き付いて後々まで残ります。ほんとにあれが効果的なのかって思います。

レストランでも常にBGMが流れていますよね。これもヨーロッパではないことです。日本人は静かになることを怖れているようにも思えます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/265-ba99fec6

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。