Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
普段の人格がメールになると変貌する、などと言う例は最近よく耳にする。一種の二重人格だが、これをメール人格と呼び、いくつかのタイプがあるようだ。

http://r25.jp/index.php/m/WB/a/WB001120/id/200706211107?vos=dr25rssc000001

私の知っている人に、普段はとても愉快で穏やかな人なのに、メールでは恐ろしくアグレッシブになる人がいる。メールを書いている間は自分だけの世界に浸ってしまうので、そのときの感情が増幅されやすい。特に夜に書くメールは要注意だ。また、メールは簡単に送信できてしまうから、頭を冷やす時間もなく送ってしまう。

あともう一つ、英文メールを書くときの注意点もある。日本人が仕事で不慣れな英語を使う場合、表現が直接的過ぎて、受け取った相手が攻撃的offensiveだと感じる例は結構ある。私がイギリスにいたとき、イギリス人同僚がある日本人からメールを受け取り、不愉快に感じたので、私に相談に来た。「どうして私はこんな言われ方をしなければならないのか」と。

見ると、
”You must do…”「君は・・・しなければならない」、という表現を多用していた。英語ではこれはかなり強い命令口調に取られる。上司が部下を叱るときのような感じだ。この場合、なぜそうしなければならないのかという理由に触れてから、Would you do…という表現をすれば角は立たなかっただろう。また、Youの代わりにWe を使って、相手と自分が同じ側にいるんだというニュアンスにすることも効果的である。

海外をあまり知らない日本人にとって、ストレートで誤解のない言い方が欧米風、英語的というイメージがあるが、これは正しくない。英語にも婉曲表現はあり、特にイギリスではビジネスの現場でも多用するし、相手にお願い事をするときには丁寧な書き方をするものだ。こうした丁寧で婉曲な表現力を持ち合わせないがゆえに誤解を受ける日本人は多い。直接電話で話せば特に攻撃的ではないといったニュアンスは伝わるのだが、外国人とのやり取りでは時差や言葉の壁もあり、直接話すことは簡単ではない。だからこそ、丁寧で婉曲な表現をうまく使えるようにしておくことが仕事上のコミュニケーションでは大事である。

ただ、表現が稚拙なゆえに誤解を受けるというのは、日本人に限ったことではないことがヨーロッパにいて分かった。ドイツ人はやはり直接的な表現をする傾向があり、イギリス人には攻撃的と取られるので、英語を習うときにその点をよく注意するように教わるそうだ。デンマーク人も同様の傾向があるのが、隣のスウェーデン人だとそうでもないそうで、デンマーク人とスウェーデン人がやり取りするときもデンマーク人の表現が攻撃的ととられやすいと聞く。

受け取る相手の気持ちを汲み取ってメールを書くことは、円滑なコミュニケーションの基本だが、国籍や言語が異なる場合、相手の文化や言語の特徴まで頭に入れておくことが、簡単ではないが、助けになるのである。
スポンサーサイト

コメント

英語で文章を書く時、
一番気をつけている点は
とにかく誤解の生じる隙がないように、
違った捉え方を絶対されないように書く、
ということでした。
でも、それが、もしかしたら直接的すぎる
表現に繋がっていたこともあったかも・・。

前に飛行機の中で、イタリア人と隣合わせたのですが、
彼女の話し方がとにかく失礼に感じて
むっとしました。
でも、それは、彼女の英語が稚拙で
Would~? とか Could~?とか Please・・
などを使えないせいでした。
意図しなくても、英語が未熟だと
攻撃的だったり、失礼に感じてしまうんですよね~・・。
気をつけなきゃ。
さらみさん
相手の顔が見えていたり、声が聞こえているときは話し方や表情、雰囲気からニュアンスが伝わりますが、手紙やメールではそれが伝わりにくいですよね。

人に文章を書くときの留意点として私は、英文であれ和文であれ、出す前に読み返す、または少し時間を空けてから出すことにしています。特に感情的になったときは要注意ですね。

誤解がないようにはっきりと書くことと、相手からオフェンシブにとられないということは両立できると思いますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/252-d2171f6e

「はっきり言う」性格

裕木奈江さんが、デイヴィッド・リンチ(David Lynch)の「Inland Empire」にエキストラ出演したことで、全米進出とかハリウッド女優とか日本でニュースになっていましたが、(>> あの裕木奈江が全米進出…鬼才リンチ監督大抜
FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。