Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
ドイツ人やイギリス人から、「日本人は中国語は理解できるの?」と訊かれることが時々ある。外見が似ているから言葉も似ていると思っているようだ。外見は似ているのに隣国の言葉が話せない自分たちのことを棚にあげているが、白人を「欧米人」として一くくりにして全員英語を話すと思っている日本人も多いから人のことは言えない。

アメリカ留学時代、中国人留学生の友人たちと話をするときは、英語を使っていたのだが、時々困るのが中国人の人名や地名の発音が英語で思いつかないことだった。「北京」「上海」「小平」「毛沢東」は英語で言えても、「重慶」、「成都」だとか「孫文」「蒋介石」を英語でどう発音するのか、これは普通の日本人は覚えていないのではないだろうか。「じゅうけい」と日本語で発音しても「?」となる。というわけで、こうした場合便利なのは漢字を書いて見せることで、そうすると必ず通じる。

以前「言語間の距離」という考え方があることを紹介したことがある。日本語と中国語は発音こそ異なるものの、共通の文字である漢字を書くことで意思の疎通が図れるので、距離が比較的近いということになる。同じようなことは当然欧州の言語にもあって、ABCのアルファベットは西欧を中心に幅広く使われているし、同じつづりの単語が複数の言語にまたがって使われていることは多い。ドイツ語はオランダ語と近いので、ドイツ語の分かる人がオランダ語を読めばなんとなく大意はつかめるし、スウェーデン人はデンマーク語を読んで意味を理解することができる。ただし発音が違うので話をしても通じない。このあたりは中国語と日本語の関係に似ている。

私の隣にいるドイツ人女性は、学校でラテン語を学んだそうで、そうするとラテン語に距離が近いイタリア語、フランス語、スペイン語、ギリシャ語の文章の理解力がとても高まるそうだ。以前イギリス人の同僚も同じことを言っていた。ヨーロッパでは古典言語であるラテン語を勉強することが一つの教養なのだ。これは、日本人が高校の授業で「漢文」を習うことに相当するのだろう。

ちなみにこのラテン語、バチカンでは今でも公用語としてミサなどで使われている。そういえば、カトリック系の学校に通っていた頃、ラテン語の賛美歌を意味も分からず歌わされていたことを思い出したが、独特の滑らかな語感をもつ言語だったと記憶している。

以下、日本人にはなじみの薄いラテン語が聞ける音楽アルバムをご紹介する。
まずはフランスのグループEra。シンセサイザーとエレクトリックギターに教会風コーラスを載せた壮大な雰囲気のロックアルバム。やや大仰だが様式美に満ちていて、70年代のブリティッシュハードロックをも髣髴とさせる。
Era Era
Era (1998/06/02)
Mercury
この商品の詳細を見る


あと、これは故ヨハネ・パウロ二世が1999年に発売したCD。現代風音楽に乗せてローマ法王自らのメッセージが五つの言語で語られ、歌われる。意味は分からなくとも音楽と語りが心地よくヒーリングミュージックとしてお奨め。
Abba Pater Abba Pater
Pope John Paul II (1999/03/23)
Sony Classical
この商品の詳細を見る


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/244-08f3275b

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。