Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/06«2017/07 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
ドイツで生まれた息子がもう三歳になり、幼稚園に入れる年齢となったのだが、どの幼稚園に入れるかで迷っていた。日本人の多いデュッセルドルフには日本人幼稚園もいくつかあるのだが、我々の住むエリアからは遠く、毎日通うのは大変である。英国系や米国系といった英語による幼稚園もいくつかあるのだが、こちらはとても高価。ドイツの地元の幼稚園に入れるという手もあるが、当然すべてドイツ語。先生や他の子供や親とのコミュニケーション、幼稚園からの連絡文書の翻訳など、片言のドイツ語しかできない我々にはハードルは低くない。

それにそもそも、子供にどの言語で教育を施すべきかという問題がある。単純に通いやすいからとドイツの幼稚園に入れてドイツ語環境で育ったとして、その後どうすべきか。小学校までドイツ語で育てるつもりはない。娘はイギリス時代に現地の学校に通っていたため、今もその流れで英国系小学校に通っているが、息子は特に英語環境になじんでいるわけではないので、年間100万円もかけて英語の幼稚園に入れる価値はないように思える。やはり日本語で初等教育を受けさせるのが妥当なのかも思うが、遠いところを苦労して日本人幼稚園に通わせて、そもそも日本に帰るのはいつになるのか分からない。

というわけで、ここしばらく悩んでいたのだが、将来どこに住むのかが不透明な私たち。娘と息子のばらばらな送り迎えが妻に大きな負担になるが、どう転んでも必要な日本語ということと、先生とのコミュニケーションの楽さを考えて日本人幼稚園に入れることに決めた。
スポンサーサイト

コメント

娘の同僚が所謂帰国子女、彼女日本の某国立大卒後スペインの大学の院卒、フランス語、スペイン語自在且つ日本語完璧・・・・フランスの某企業のインターン終了・・・ご両親を様々な国で生活されたそうです。ご両親が、賢かったのでしょうね。
どのような環境でもご両親が幸せに生活できればきっとお子さんも順調に育たれると思います。個人的な思い込みですが・・・・。
華さん
私は国を越えた引越しが多いので、特に子供の言語教育はとても気になります。その娘さんの同僚の方のようにうまくいけばいいのですが、下手をすると子供たちに将来恨まれそうで少し心配です。でも、おっしゃるように我々が幸せに生活することが子供たちにもいい影響を与えるのでしょうね。それは間違いないと思います。
私の親戚は、イギリスでしたが、現地校、日本人学校、現地校と、何度か学校を変わっていました。日本人学校は何かと、親の負担が大きかったようです。行事やお弁当など、日本と同じようにしなければならなかったようで・・。
英語圏以外の国に住んでいると、コトはもっと複雑になりますね・・・・。

少し話は違いますが、子どもにドイツ語を教えたいな~と思っているのですが、迷っています。
小6の次男に英語を教えていますが、同時にドイツ語も教えようかと・・。
例えば、book という単語が出てきたら、Buchという単語も同時に教えようかと・・。

でも、やっぱり頭の中でごっちゃになっちゃうでしょうかね・・・???
お久しぶりです。
日本でも「ダブルリミテッド」という言葉が聞かれるようになりました。
英語であれ、日本語であれ、ドイツ語であれ・・・息子さんにとっての「母語」をきちんと育ててあげることが一番なのではないかなぁ、と思います。
そうすればどこに行っても自分を保つことができるのではないでしょうか。
外国にあって一貫した言語教育を継続して行うことは、本当に大変だと思います。
日本人が日本で教育を受けさせるときには、考えなくてもいいことですから、そのご苦労はいかばかりかと想像しています。
頑張ってください。
さらみさん
日本人学校の親への負担が大きいというのは分かるような気がします。娘はイギリスでは週末補習校に通っていましたが、親のボランティアで運営されている面がたくさんありましたので。

娘は学校でドイツ語とフランス語を(英語で)勉強していますが、それぞれがごっちゃになることはありませんので、複数の言語を学ぶことは大丈夫だと思います。ただ、英語の時間とドイツ語の時間は分けたほうがよいように思いますけれども。
piaopengさん
そうですね。やはり母語がすべての基本になりますから、そこから固めることが大事ですよね。娘の場合は幼児期から英語の幼稚園、学校で来ていますすので、日本語をきちんと自宅で教えなければというプレッシャーが強くあり、それは親子ともに負担になっています。息子はこれから毎日車で数十分かけての通園になりますので、妻の負担がさらに重くなって心配ではありますが。海外にいるとこうした悩みはつきませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/243-c5d80a44

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。