Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
木曜から金曜にかけてアムステルダムに出張。

夜、オランダ人の数名に連れられて、アムステルダム郊外の湖沿いのレストランで食事。食事をしながら、鎖国時代の日本はオランダとだけは関係があったので、当時色んなものがオランダから紹介され、オランダ語を起源として日本語になった単語がいくつもあるのだという話になった。彼らオランダ人によれば「リュックサック」はオランダ語が元なのだそうだ。私はそれはドイツ語ではないかと言ったのだが、彼らはオランダ語だと言い張るのである。ドイツ語ではRücksackと書いてリュックザックと濁音で発音するので、確かにサックという発音そのものはオランダ語のほうが日本語に近いように聞こえる。

他にも、このホームページによれば、ビール(bier)、コップ(kop)、ゴム(gom)など、日常生活にすっかり浸透しているものや、ガラス(glas)やインキ(inkt)、ランドセル(ransel)のように、発音が日本語化したものも多いそうだ。

なお、浅学の私は杉田玄白の「解体新書」の元となった「ターヘル・アナトミア」はオランダ人が書いたものだと思い込んでいたのだが、これはドイツ人の書いた解剖書がオリジナルで、それのオランダ語訳が「ターヘル・アナトミア」だということらしい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/239-bc517418

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。