Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
本日気になったニュース。

ロシア、エストニアに圧力・石油製品、輸出停止も

一年半前、フィンランドを訪れたついでにエストニアの世界遺産都市タリンを訪問し、エストニア人のジャーナリストにタリンの町を案内してもらったことがあった。エストニアがデンマークやドイツなどの支配を経てロシア、そしてソビエト連邦の支配下にあって、第二次大戦中には多数の国民がシベリアで強制労働に従事させられたり、タリン市街はソ連による爆撃にさらされるなど、ひどい圧制に苦しんだということは当時の私のブログにも書いた通り。

タリンには大戦中のソ連空軍による爆撃の跡地がそのまま保存されているなど(写真)、エストニア人のロシア人に対する反発、憎しみは戦争を知らない世代にまで連綿と受け継がれており、それが1991年のロシアからの独立、そして今世紀に入ってからのEU加盟と、エストニアのロシア離れを加速させていった。

タリン爆撃跡地


そんなエストニアのタリンが市の中心部にあったソ連兵の銅像を郊外に移設し、それに対してロシアが石油輸出停止措置で報復というのが今回の事件の流れである。もともとよくないエストニアのロシアの国民感情は今さらに地に落ちているだろうことは想像に難くない。

高騰する原油や豊富な天然ガス資源をてこにグルジアやウクライナなど旧ソ連衛星国への圧力を強めているロシア。今回の制裁もその外交政策の流れにあるようだ。先日のポロニウムによる元スパイ暗殺事件や、チェチェン弾圧を批判したアンナ・ポリトコフスカヤ記者の暗殺など、プーチンが情報統制をますます強めているという噂も。国内では国民のナショナリズム感情も高まっており、なんとも不穏なロシアの動きである。

世界遺産タリン旧市街の街並み

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/235-5db7b09a

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。