Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
昨日から今日にかけてパリに出張。木曜も金曜日は曇りで、午前中はみぞれ混じりの小雨もぱらつく肌寒い天気。ただ先週は20度に達する異様な暑さだったようだ。

フランスでは4月22日から5月7日にかけて注目の大統領選挙が行われる。セゴレーヌ・ロワイヤル女史とニコラ・サルコジ内相の一騎打ちと言われているが、ロワイヤルがフランス史上初の女性大統領になる可能性があり、内外の注目が高い。彼女の華やかな美貌と、社会党第一書記であるパートナー(結婚はしていない)との間に四人の子供がいること、男女同権と環境保護を訴えるその姿勢が庶民の人気を集めていると報道されている。

さぞかし女性に人気があるのではないかと思い、同僚のフランス人女性三人に尋ねてみたところ、三人が三人とも口をそろえてアンチ・ロワイヤルなので少し驚いた。彼女たちによれば、ロワイヤルは口先だけで中身が伴わず、信用できないということらしい。確かに、彼女が外交や軍事といった問題に疎く知識がないという問題は以前から指摘されていたが、働く女性の象徴としてこれ以上の存在はないのではと私は思っていたので、働く女性たちからのこの嫌われようは意外だった。ドイツのメルケル首相に続き、フランスのロワイヤル、そしてアメリカでヒラリー・クリントン政権が登場すれば、政治の世界も女性を中心とした新たな時代に突入するのだが、女性は同性に厳しいのだろうか。

セゴレーヌ・ロワイヤル

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/223-076ba856

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。