Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/06«2017/07 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
二月はあまり出張をせずにおとなしくしていたのだが、先週ハノーバー、昨日まではノルウェーのオスロ、その翌週はパリ、再来週はロンドンと出張が続く。

来週はパリだなと思っていたら、ジャズのスタンダードナンバー、"April in Paris"という曲を思い出した。春のパリの美しさをテーマにした曲だが、他にヨーロッパをテーマ、モチーフにしたジャズのナンバーはあるかなと思い出してみる。

"Sketches of Spain" - マイルス・デイビス&ギル・エバンス競演の名盤。
"Spain" - チック・コリアの定番曲。
"A Nightingale Sang In Berkeley Square" - マンハッタン・トランスファー。ロンドンのメイフェアにあるバークリースクエアを舞台にしたラブソング。
"Dear Old Stockholm" - スタン・ゲッツほか。原曲はスウェーデンの民謡だとか。
"No Sun in Venice" - モダン・ジャズ・カルテットの「たそがれのベニス」。
"A Night in Tunisia" - ディジー・ガレスピー。アラビックな音階をうまく使ってチュニジアのエキゾチックな雰囲気をうまく出している。

あと、スタンダードナンバーではないが、マイルス・デイヴィス晩年の「シエスタ」というアルバムに"Lost In Madrid"という曲もある。

ジャズはアメリカで生まれたわけだが、アメリカ人にとってもヨーロッパは憧れの地。ヨーロッパをモチーフにすると、そのタイトルからだけでも独特の情緒が感じられるから不思議である。

広く知られている曲ではだいたいこんなところか。ドイツをモチーフにした曲は思い当たらなかったし、ロンドンを題名に使った曲もないのが意外。他にもあれば教えていただきたい。
スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです☆
TIさんは何でもよくご存知ですね。
ジャズバーへは何度も行っているはずですが
曲名は一つも知りません。。。
こんな記事を読んでいると、たまにはジャズを聞きに行きたくなります。

龍崎さん、
そうですね。私も久しぶりに聴きにいきたくなりました。ヨーロッパにいるとジャズはあまり聴く機会がありません。日本にいるころはよくライブハウスなどに出かけたものですが・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/218-f972be42

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。