Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
3月から職場での職務が変わり、そこに個人的な引越しが絡んではなはだしく忙しい日々をここしばらくすごしている。ブログの更新もしばらく滞りがちになってしまった。

私の職場では、全ヨーロッパのオペレーションを見ているため、周囲のメンバーの国籍は多様である。ちょっとした会議となればドイツはもちろん、フランス、イギリス、オランダ、イタリア、ルクセンブルグ、ポーランド、ロシア、ポルトガルといった国の人々が集まって、ああでもないこうでもないと話し合う。こうした光景は、人種は多様でも国籍はみんなアメリカ、というアメリカのオフィスでは見られないだろう。

それはともかく、こうした多国籍のメンバーが集まる場合、会議は英語で行われるわけだが、当然、大半のメンバーにとって英語は外国語である。だから英語の理解度にもばらつきがある。昨日、会議が始まる前に、イタリア人がイギリス人の部下に言った一言が印象的だった。「一つアドバイスがある。今日は分かりやすい英語を話せ」と。イギリス人が母国語である英語を普通に話すと、外国人には伝わりにくいことがままある。これを防ぐためには以下のような点に気をつける必要がある:
平易な単語を使うこと
スラングやなどのカジュアルな表現は避ける
イディオムや格言の引用にも注意
ゆっくりはっきり話す
訛りは消す
ジョークの半分は通じない


それでも、イギリス人同士が議論になったりすると、早口で分かりにくい表現のやり取りが行われて、周囲がついていけなくなる、といったことはしばしば発生する。英語圏以外の人は、BBCの英語や学校で習うきれいな英語は分かっても、実際生で使われる英語には慣れていないのが普通だ。特にイギリス英語はアメリカ英語よりもTVや映画で耳にすることが少ないので、慣れが必要だろう。このあたりのことはChichiさんの「いぎりすせいかつ」のGlobishについての記事で詳しく紹介されている。

海外勤務を数年やれば英語がぺらぺらになるのでは、と思う人もいるのだが、実際には非英語圏で話される英語というのはアメリカやイギリスの本場の英語よりもかなり平易な英語Globishであり、そのためネイティブとは異なる英語を身につけることになる。私の場合、イギリスからドイツに引っ越してきて、使う英単語のレベルも早さもイギリス時代よりも落ちてきているのを時々感じる。さみしいことではあるが、Globishにより近くなっているといえ、必ずしも悪いこととは言えないのだ。
スポンサーサイト

コメント

そう言えば、昔、オーストラリアで映画を勉強していた時に、ハリウッド映画では、簡単な英語を使うのが黄金法則だ、みたいな事を習いました。オーストラリア人と言えば、結構、英語を話せない人たちを敬遠する人も多いのですが、だからか、この黄金法則がハリウッド映画のネガティブな点として取り上げられてました。ネイティブでない私たちには、分かりやすくても、やはり表現法で言うと、浅くなってしまうと言う事なのでしょう。ちょっと思い出したので、コメントする事にしました。
mikaさん
オーストラリアで映画の勉強をされていたんですね。ハリウッドは巨大市場を相手にしていますから、どうしても内容やせりふは一般大衆に迎合したものになりがちですね。これが英語の表現にもいえるということなんでしょう。興味深い話をありがとうございました。
はじめまして
はじめまして。今日ネットサーフィンして、はじめてこちらのサイトにたどり付きました。が、もうご帰国だということでザンネンです。
日記はとても楽しく読ませていただきました。私はロンドンに3年半学校と日系企業に勤務で居住し、現在は東京でヨーロッパ系の会社で働いています。
会社ではアジアパシフィックのチームに所属しているのですが、第2外国語として英語を使う人たちのコミュニケーションは簡単であり、難しいと気づきました。使う単語は比較的簡単なのですが、ニュアンスが違ったり、やはりアクセントの問題が大きいのではないでしょうか?ある意味、ネイティブと話すより難しいかもしれません(笑)
British英語に慣れた私にとっても最初はチャレンジでしたが、今では、これこそ生きた英会話だと日々努力を重ねています。ブログ内の"わかりやすい英語"を話すこと、これこそ確かにとても重要なことだと共感し、コメントをさせていただきました。
りえっちさんへ
コメントどうもありがとうございました。久々にブログに戻ってきて、コメントを見つけた次第でして、お返事が大きく遅れてしまったことをお詫びします。

おっしゃるように、ネイティブではない人の場合、単語は平易でも、文化背景が違うためか、ニュアンスが普通と違ったりしますよね。確かに難しい側面があります。分かりやすい英語を話すことが結局一番意味が伝わるんですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/216-fe1d5382

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。