Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
パリに70年ぶりに路面電車が復活したという。

http://www.sankei.co.jp/kokusai/europe/061217/erp061217000.htm

日本ではその多くが姿を消した路面電車だが、ヨーロッパ大陸(イギリスやアメリカではあまり見かけない)では今でも主要な交通機関として、中規模以上の街の多くで走っている姿を見ることができる。大きな街では中心部で地下を走り、周辺部で路面を走るといった形で運行されていることが多い。写真はアムステルダムを走る路面電車。

アムステルダム市街を走るトラム


ヨーロッパの路面電車で驚かされるのはその床の低さである。プラットフォームを低くし、車体を低床にしてバリアフリーを実現している。車椅子などでも乗り降りは楽である。

雨のときレールの上を走るとすべるとか、車との接触事故が起こるなど(何度かぶつかる現場を目撃したことがある)、車のドライバーにとっては面倒なこともあるが、環境に優しく、都市部の渋滞緩和にも役立つということで、日本でも欧州に習って最近は路面電車の見直し機運が高まっているようだ。
スポンサーサイト

コメント

日本で
路面電車が活躍しているのは広島ですね。
ここには各地の電車が終結しており、ドイツからも輸入していると聞いたことがあります。
いろいろな形の電車なので見ていても楽しいです。
ヨーロッパでは路面電車に限らずバスも車椅子やベビーカーに優しいつくりですよね。
日本もノンスッテプバスが少しずつ増えてきているけれど、まだまだですね。
ach soさん
京都や長崎ではもう何年も前に乗ったことがありますが、広島は行ったことがないですね。最近は日本でも増えつつあるようですね。うちもまだベビーカーを押すことが多いので、ドイツのシステムは助かります。日本やイギリスはその点遅れていますね。
トラムも路面電車ということになりますか?
ローマには何路線か走っています。便利なような、そうでもないような・・・微妙な感じですが。排気ガス対策にはなっているのでしょう。
言われて見れば、たしかにローステップだったように思います。一駅乗車のミュージシャンが多いです。
castagnaさん
路面にレールが付いていればトラム(路面電車)ですね。私も10年前、ローマで乗ったことがあります。チケット(Billet)の買い方が分からなくて、そのまま乗り込んだら、周りの方が親切にどこで買うか教えてくれました。おせっかいな人が多いのもイタリアのよいところですね。ミュージシャンは、パリの地下鉄ではよく見かけますが、イギリスやドイツでは見かけませんね。ラテンの国に多いのでしょうか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/191-47a851f1

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。