Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
今朝は5時前に起きて朝一のフライトでドイツに出張。夏時間に切り替わったので、睡眠時間が削られてのつらい朝。

イギリスもドイツも先週末から急に温かくなり、今日もドイツは春の陽気。夕方の飛行機で帰るはずが、フライトが突然キャンセルに。ヒースローが強風によってフライトのダイヤが大幅に乱れたらしい。仕方ないので一本後の夜8時のフライトに切り替えたが、これも1時間半近く遅れ。自宅に帰りついたのは夜11時。

疲れた体でニュースをチェックしていたら、こんな記事が。

「仏国鉄がスト突入、若者雇用策(CPE)の撤回要求」

実は明日と明後日はパリに出張。ストで交通機関が麻痺することが多いことで悪名高いパリ。大丈夫だろうかとかなり不安。

ところで、フランスで騒動の原因になっているCPEってどういう内容なんだろうと思っていたら、ふらんすさんのブログに詳しい記載が
スポンサーサイト

コメント

いつもお疲れさまです。パリはそういうことで、ニュースになっているんですね。よくわかりました。日本とて、大卒の就職はかなりきびしいと聞いてますが、いずこも同じなのですね。保護される部分と、各自が責任を持つ部分をきちんとわきまえてほしいものです。権利ばかりの主張は見苦しい・・・
パリのストライキも有名(?)ですね~こちらも度々あります。アリタリアは有名でしょう。ジャーナリストのストライキで新聞がなくなったりTVニュースが同じ物を繰り返されたりするのには、びっくりしました。日本ではストライキという言葉は、あってないようなものでしたよね・・・
Castagnaさん、

今日パリから帰ってきました。幸い空路はさほどの混乱はなく、無事帰って来れました。
ヨーロッパの労働市場事情については、いろいろと感じるところがあるので、いずれ書こうと思っていますが、パリの暴動とストライキはもういい加減にしてくれとうんざりします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/19-be5c939f

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。