Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
クリスマスにロシア人の知り合いからもらったウォッカ(英語やロシア語ではヴォトカと発音)とキャビア。クラッカーにクリームチーズとキャビアを乗せたものをかじりながら、ウォッカをストレートであおるのがロシア風だとか。

ロシアから~キャビアとウォッカ


クリスマスにありがたくいただくことにする。

ウォッカで思い出したのが、あるポーランド人のおじいさんの話。
私の知り合いのイギリス人が以前ポーランドに出張したときに、ポーランド系移民である彼のおじいさんのために、ズブロッカ(ポーランドのウォッカのブランド)をお土産に買って帰った。でも、頑固者のおじいさんはあまり気に入ってくれなかったという。なぜなら、そのおじいさんはアルコール度数が96%の「スピリタス(Spirytus)」というポーランドのウォッカを使って、自分でブレンドしたウォッカを飲むのがスタイルなのだそうだ。ポーランド人らしいこだわりである。

私もかつてスピリタスを飲んだことがあるが、アルコール度数が高すぎて簡単に火がつく。飛行機には持ち込めそうにないということで、彼は今回はスピリタスを買って帰る事は断念。

ヨーロッパは25日と26日が祝日なので、多くの人は来週はすべて休みを取って今週で仕事納めに。私も来週はオフ。
スポンサーサイト

コメント

ヴォトカ
マティーニとヴォトカ
ロンドンでのこと、何処のレストランか忘れましたが、マティーニを頼んだら、ジンにするかヴォトカかを聞かれ、始めてヴォトカベースのマティーニが飲まれていることを知りました。
ジンを注文したのですが、今度はジンの銘柄を聞かれました。こんなに根掘り葉掘り好みを聞かれてたのは初めてでした。アメリカの経験で、ロックにするか、レモンかオリーブかの答えは準備していましたが、応答にまごついたことを記憶しています。
フランスと、スウェーデンの通常予約をするクラスのレストランで、座席に座ってウェーターとかなりの時間話した後出て行った客を見ました。理由は分かりませんが、メニューを見ながら話していたことから料理が好みに合わなかったのかと思いました。
文化のバックグラウンドの違う人が交じり合って作った社会、その中で自己主張をどの程度にするか、食事一つをとっても判断力が問われるのを実感しました。
TIさんのような、国際的な人脈の中で磨かれた経験を日本の大学教育で生かす必要を痛感しています。
ワイングラス一杯で、フラフラになってしまう私には、縁がない話だけど・・
飲んでみたいな~ウォッカ。

TIさんは、どんなクリスマスを過ごしますか?
我が家は、なんだかそれどころじゃない・・って
感じが漂っています。。
今日も大掃除でばたばたしてました。
Spaceglowさん
ヴォトカベースのマティーニというのは私も飲んだことはありませんが、ジェームス・ボンドが愛飲しているとか。だからイギリス生まれなのかもしれません。メニューを見てから、出て行くというのは私も見かけたことがあります。日本人なら妥協してしまいそうですが、自己主張がはっきりしている欧米らしい話ですね。

>国際的な人脈の中で磨かれた経験を日本の大学教>育で生かす必要を痛感しています。

未熟者の私には身に余る話ですが、何でも人の役に立てるというのはうれしいことですし、それが教育ならなおさらすばらしいですね。
さらみさん
最近私のブログはお酒の話が多いですね。でも実は私も大して飲めません。きらいではありませんが付き合い酒程度です。でも、お酒ってそれぞれの国の文化や生活が凝縮されていて、そのお酒にまつわる逸話を聞いているだけでも楽しいですよね。

ドイツのクリスマスは日本の元旦と一緒で、どこもお休みで出かけてもしょうがないので、ゆっくりすごします。その後年末にかけてドライブ旅行にでもいこうかなと思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/186-7a3da174

ズブロッカ ウォッカ 700ml 40度

ズブロッカ草の茎が、瓶の中に入っているウォッカです。ズブロッカ草は、ポーランド東部のピャロビエジャの森に群生する匂いの強い香草。この草からエキスを抽出してブレンドしたあと、茎を瓶に入れています。英国の作家、サマセット・モームが絶賛したお酒と知られています

ズブロッカがいっぱい

草(ズブロッカ草)が中にはいっているめずらしいウォッカです。昔からヨーロッパでは強精に効果があると信じられています。強い酒ですがいがいとさっぱりして独特の舌触りがある感じです。購入するなら値段もですがやはり正規物のがおすすめです。・ズブロッカの値上げ・う
FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。