Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/06«2017/07 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
ロンドン地下鉄の駅にあるあの長いエスカレーター。長い空間を利用して両側にずらりとミュージカルなどの広告が並ぶことでよく知られている(ロンドンっ子が女優などの目や鼻の頭にガムをひっつけているあれだ)。ロンドンで地下鉄を利用したことがある人はほぼ100%目にしたことがあるだろう。一種のロンドン名物ともいえるが、昨日パディントン駅で異変に気が付いた。これまでは普通の紙の広告だったのが、なんと液晶画面に付け替えられていたのだ。

BBCニュースによれば、これは巨大メディア企業のViacomグループが進めているプロジェクトで、エスカレーターだけではなく、最終的にはすべてのプラットフォーム広告の4分の1程度がこのLCDに切り替わるとのこと。

この記事では、まるで「ブレードランナー」のようにSF的な光景がロンドンチューブに出現したなどと表現しているが、「マイノリティ・レポート」になるにはまだしばし時間がかかりそうだ。

LONDON TUBE AD DISPLAY

写真はBBC Newsから
スポンサーサイト

コメント

私はピカデリー線のエスカレーターで(長かった記憶があります)こういう広告を見ました。
全て液晶画面に換えるのなら、かなりの経費では?すごいですね。
いたずらされないと良いですね。
いつか訪れてこの目で見てみたいです。
地下鉄に乗っていてもこういう広告が見られたのは、パリだったかしら?東京だったかしら?突然、地下鉄の暗い窓に液晶画面の広告が映って驚いたことがあります。伊ではありえないと思います。
すっごく個人的ですが、ロンドンというと、ここに行って見たいと思っている私です・・・失礼!
もし機会があれば、どうでしょうか?
http://www.locandalocatelli.com/html/first.html
ステラさん
経費という意味では液晶TVのコストは紙とは比べ物にならないでしょうから、何かTVならではの注目を引く工夫をして広告料を高く徴収する仕組みになるのでしょう。紙にはよくいたずらでガムが貼り付けてありますが、液晶をいたずらで壊されたりするというのは避けたいところでしょうね。
castagnaさん、
先日チューリヒの空港に行ったとき、スカイメトロという、ターミナルビル同士を結ぶ地下鉄に乗ったのですが、そこで似たようなものを見かけました。真っ暗な窓に突然美しいアルプスの山が写り、スイスの民族衣装を着たきれいな女性が微笑む、という映像でしたが、とても印象的で注目してしまいました。広告として効果があるでしょうね。

ご紹介のお店ですが、ポートマンスクエアにあるんですね。何度も前を通っているのですが、気付きませんでした。今度ロンドンに行ったときに行ってみます。ちなみに、私のお気に入りのロンドンのイタリアンはZilli Fishです。前のブログで紹介していたと思いますが、そこのオーナーも料理の本を書いていました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/182-5142f261

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。