Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
月曜日はシュツットガルト、火曜日はフランクフルト郊外に出張しており、更新が滞ってしまった。シュツットガルトはこの時期は世界一大きなクリスマスマルクト(クリスマス市)が立つことで有名だが、残念ながら空港と駅とミーティングルームの往復だけで、何もここで紹介できるような話はない。

日本人がドイツで生活する際に問題になりやすいことの一つに生活騒音がある。ドイツは騒音規制が厳格で、こんな規制があるそうだ。
夜10時以降大きな音を出すことは禁止。マンションなどの集合住宅ではシャワーも浴びてはいけないし、トイレも流してはいけないとも言われる。
日曜日の午後(何時だか忘れたが時間が指定されている)は子供を屋外で騒がせてはいけない。

など。シャワーやトイレについては、数年前に裁判があり、生活に必要な騒音だから許されたという判例があると聞いたが、未確認。こうしたことを知らない多くの日本人が、よく近所のドイツ人に苦情を言われるという。毎晩のように残業で帰宅が夜10時以降になることが多い我々日本人にはつらい規制である。子供だって、日曜日の午後は外で遊びたいだろうに、ドイツ人の子供はみんなどうしているのだろうか。

イギリスやアメリカではこうした話は聞かなかったが、先日この話をイギリス人にすると、「信じられない、なんと窮屈な暮らしにくい国だ」とあきれていた。私は以前、ドイツに来て間もないころ、車のエンジンをかけたままマンションの出口で人を待っていたら、上の方の窓からドイツ人のおじいさんに注意されたことがある。ああ、ドイツはやはり音に厳しいのだと思ったものだ。
スポンサーサイト

コメント

私が住んでいた地域に限っては、この法律はあんまり守られていなかったようです(笑)
(ある公共施設内のアパートに住んでいました。若い人が多かったかも・・)
年に一度くらいだけど、同じフロアの人が、ヘビメタをガンガンかけて夜通しパーティしてまた。
夜中に夫が、何度か注意しにきましたが、ちょっと怖かったです。
警察でも呼べばよかったかな。

クリスマスの市にはいけなかったのですねー・・残念。

ドイツはそんなに騒音に対して厳しいんですね。
トイレやシャワーも規制されると大変ですよね。

ドイツのマンションはそんなに隣の音が聞こえるものですか?
ドイツのマンションでは夕食に友人を招待することなども簡単にはいかなそうですね・・。
いや~~~知らなかったです。
NHKのドイツ語入門でも、そのような話題は有りませんし・・・・。
「さすが、ドイツ人!!」と評価すべきなんでしょうか?
とても、興味深いお話でしたが、お住まいになる方は、大変ですね。
ヨーロッパの中でも、少し(嫌、とても)異常でしょうか?
さらみさん
いますよね。夏に夜通しパーティをしてうるさい人たち。でも意外と誰も止めないようです。どうもたまにやるパーティくらいであれば、少々うるさくても大目に見ているのかもしれません。それでも限度があるでしょうが。

だんなさん、勇気ありますねえ。
amyさん
ドイツのアパートというのは、作りはかちっとしていて、密閉度も高いのですが、その分、音が伝わりやすいようで、よく音が響きます。壁や床ごしに隣や上下の音が漏れ聞こえるのはよくあることのようです。新しいところほど建築資材を節約する傾向があり、防音という観点では古い家のほうがよいと聞いたことがあります。
華さん
そうですね。やはりドイツがヨーロッパの中では最も厳格な国でしょう。イギリス、オランダと北欧がそれに続いて、フランス、スペイン、イタリアなどの南欧がその後に来るイメージでしょうか。日本人がドイツに住む時は、周囲に外国人が多いところに住むのがよいと聞きます。やはりアパートを巡るトラブルが耐えないのでしょうね。
生活騒音
ごみ集めは何時どうして行うのでしょうか。
アメリカなどでは、早朝5時ぐらいに、とんでもない騒音を出して集めていて、目を覚まされましたが。確かパリでも、大きなごみのコンテナーの積み替えには騒音を出していたようですが。
Spaceglowさん
ドイツでも場所によっては早朝集めていることもあります。といっても5時というのはきいたことがありませんが。我が家の周辺は昼間回収しているようですね。ごみ収集トラックで集めていますが、日本より大型で音も大きいかもしれません。
日本でも似たようなことがありました。お部屋を借りようとしたところ、「このお仕事(夫の仕事を指して)では夜遅くシャワーやお風呂を使うでしょう。ご近所に迷惑がかかりますのでお貸しできません。」とのこと。子どもが小さかった頃にも、小さい子どものいるご家庭には貸せませんと言われたことがあります。
ここでは、お互いに寛大(?)かもしれません。あるイタリア人が北欧に住んだときに、「ここはあまりにもきちんとしていて住み心地が悪い」と言ったとか。ここにいると、基準がわからなくなるときがあります。
castagnaさん、
そうですか。最近の日本の住宅は防音と断熱はかなり改善されているような印象がありますが、そういうところもあるんですね。

イタリアが騒音に寛大というのは分かるような気がします。もともとおおらかで陽気な人が多いですし、普段の街中はバイクの騒音がすさまじいですし。あと、子供にも優しい文化ですよね。北欧はドイツに似てきちんとしていますから、イタリア人にとっては別文化でしょうね。日本人にとってもイタリアは色々な基準が異なるので、長く住んでいると日本人と価値観がずれていくような気がします。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/178-4e04609e

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。