Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

先日、20世紀のイギリスのデザインベスト10が発表された。これはデザインの専門家が候補を選んだ中から、ロンドンデザイン博物館への来館者の投票で選ばれたもの。トップ10は以下の通り。


TOP 10 BRITISH DESIGNS OF THE 20TH CENTURY


1. Concorde aircraft


concorde_cp_5104671.jpg



2. London Underground map


3. Supermarine Spitfire aircraft


4. Mini automobile (late 1950s-1960s model)


5. World Wide Web


6. Routemaster (double decker) bus


7. Catseye reflective road marker


8. Tomb Raider video games


9. Grand Theft Auto video games


10. K2 Telephone kiosk


トップのコンコルドは納得。2位の地下鉄マップも以前ブログで紹介したとおり、ユニークかつ優れたデザインだと思うが、なんと1931年にデザインされたものだというから驚きだ。これが70年前にデザインされた地下鉄路線図。


beckmap1.jpg



あと、見ていくと分からないものが二つほどあった。7位のCatseyeって何だ?と思って調べたら、よく道路の中央に埋めこまれている反射板のことらしい。猫の目の様に車のライトを反射させて光ることからCatseyeと名付けられたようだ。やはり1930年代のデザイン。当時のパンフレットのデザインがとても面白い。

catseye.jpg



もう一つはK2 Telephone Kiosk。調べたらこれ。Telephone boothと呼ぶのかと思っていたら、kioskと呼ぶとは初めて知った。

K2 Telephone Kiosk



確かにブリティッシュなしゃれたデザインだと思う。 上には選ばれていないが、入っていてもおかしくないと思ったものは...これ。

austin_cab5_thumb.gif



20世紀の優れたイギリスのデザイン。他にもあるだろうか。
スポンサーサイト

コメント

コンコルドはイギリスとフランス人の誇りでしょうこれは当然だと私も思います。ただ、ケネディーで数回、駐機中のコンコルドを見ましたが、すすで薄汚れ華奢な姿は、写真に見るような飛び立つときの勇姿とは異なる印所を受けたことを記憶しています。A360はヨーロッパ連合の誇りとなるでしょうか。
1930年の車道の分離帯の標識,驚きました。ヨーロッパの車社会の歴史を感じさせます。
コンコルド、一度は乗ってみたいな~と思っていました。
ジュネーブの空港で見つけた時には感動でした。
2位の地下鉄マップ、そんな昔に作成された物なんですね。
ロンドンの旅の思い出にとってあります。
TIさんの書かれたとおり、ロンドンの街を走る
タクシー、趣があって素敵ですよね~
私も上位に入っていて欲しかったです!
私もコンコルド好きです。
ところで、地下鉄の地図を見て思い出したのですが、ヒースローからのライン、まるで地下じゃないですよね、駅も階段登って行ったり・・・(あ、ここまで書いて、大阪の地下鉄も南港あたりは地上でした。)しかし地上部分が、長いかな・・・・。
電話ボックスはKioskというのですね。mobileの世の中になって、こちらもだんだん減っているのでしょうか?
わたしはこれをみて、トシちゃんと聖子のアーモンドチョコのコマーシャルを思い出してしまいました。そんなのありましたよね??^-^;
space-glowさん、

コンコルド、私はヒースローで偶然飛び立つ瞬間を間近に見る僥倖を得ましたが、スピード、爆音、姿なにもかもが衝撃的でしびれました。

Catseye、アイデアにネーミングがとても面白いですよね。
コンコルドがジュネーブ空港にあったとは驚きです。何か特別の航空イベントでもあったのでしょうか。ロンドン地下鉄マップはTシャツにプリントされて売られていたり、よいお土産になっていますよね。

ロンドンタクシーは中が広いのがよいです。家族でゆったり乗ったりできますからね。
華さん、

ヒースローに行くのはピカデリー線ですね。他の線も市内中心部を出ると地上に出るものが結構あります。東京も同様ですね。土地に余裕がある市外だと地上を走らせた方が経済的ということでしょうね。
直海さん、

電話ボックスはイギリスでも減っていると思いますよ。いずれ博物館行きになってしまうのでしょうね。

>トシちゃんと聖子のアーモンドチョコのコマーシャル

うーん、確かにそんなのありましたねえ。なつかしい!
あれれ・・・もしかすると間違った記憶でしょうか。
ジュネーブからヒースローに戻ってから
見たのかもしれません。
失礼いたしました。m(__)m
ところで乗られた方がいたら
感想をお聞きしたいですね☆
第4位ミニ
私はミニが好きで好きで高校生の頃から6台ほどプラモデルを作りレーシング使用にしたり、キャリーをつけたり色も自由に変えたり。
ほれてほれて新車を買ったのが13年ほど前でしたブリテッシュグリーンのミニクーパー1.3i。
ところが、ローバー社のミニはあたりはずれが多いといううわさどおり。
私の車は見事にはずれ~~電気系統が弱いらしく真夏にクーラー入れて夜走るとすべての電気が消えてしまったり、
高速道路でタイヤがバーストするわ、サスが弱いために前のめりになってしまう。
あまりのメンテナンス費用に泣く泣く手放した
そんな思い出のミニでした
確かにデザインは本当にかわいい!!それは認める・・・・・・んですが。
ステラさん、

いえいえ。コンコルドはもはや飛んでいませんが、当時でもNY, Paris, Londonでしか見れなかった(それも一日一便)ので、結構珍しいんですよ。乗った人となるとさらに珍しいですよね。体験談聞きたいものです。
私の妻もミニが大好きです。

オリジナルデザインは確か60年代で、それ以来最近まで40年近くモデルチェンジをしなかったわけですが、それだけ基本デザインが優れていたということですよね。

残念なのは、信頼性までが60年代のままだったということでしょうか。好きな人はそれでもだましだまし乗っていますが、こと安全性に関わるとなると家族もちはちょっと考えてしまいますね。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/16-714f6555

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。