Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/04«2017/05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
今朝は朝6時半のアムステルダム行きの飛行機に乗るために朝4時に起きて空港に向かった。そんな朝早い便に乗るくらいなら前日のうちに飛んで一泊したほうがよいという人もいるが、私は可能な限り自宅で夜を過ごしたいたちなので、多少無理をしても出張は日帰りにする。

今日の目的地はアムステルダムの隣町のハーレム。オランダ語風にHaarlem とつづるこの街、NYにある地名Harlemはここにちなんで名づけられた。アメリカのNYはもともとオランダ人が作った街で、当初はニュー・アムステルダムNew Amsterdamと呼ばれていた。その後英蘭戦争でオランダが敗れ、オランダが支配していたNYと、イギリスの支配下にあった南米のスリナムを交換したという。それを境にニュー・アムステルダムはヨーク公の領地となり、ニュー・ヨークと改名された。今もNYの地名に残るハーレムはオランダがかの地を占領していたかすかな名残である。

このハーレムの中心部には聖パヴォ教会とよばれる大きな教会があり、モーツアルトが弾いたという有名なパイプオルガンがある。
スポンサーサイト

コメント

NYってそういう歴史の街だったんですね。とても興味深く読みました。オランダが負けていなければ、今もニュー・アムステルダムだったわけですね。ちょっとイメージが湧きにくいです・・・スリナムという国、初めて意識しました。地図で確認してしまいました!
Castagnaさん、

アメリカの地名は英語、フランス語、スペイン語、ネイティブアメリカンの言葉などが混じり合っていて、そこにアメリカの歴史を感じることができますね。中部はフランス風が多いとか、西海岸はスペイン風の地名が多いとか、地方による特徴もでます。

スリナム、日本にはまったくなじみのない小国ですが、オランダには結構な数のスリナム系の人が住んでいるようで、昨日私が会った人の一人もスリナム系でした。
17年前に、小学生の息子と2人旅で、ダムへ行きました。路面電車に乗って訪ねたダム広場、バスに乗り継いで行ったサーゼスカンス。改札口の無い鉄道。分からずに乗った特急から降ろされた事、ハーグの学生街。オランダ語も分からずに必死で会話をしましたが・・・あの頃、かの地は、英語が・・・・それとも私の英語が・・・・今では楽しい思い出です。ブリュッセルで、見た小便小僧・・・・・世界の3大ガッカリとか・・・・。
華さん、

お子さんとの二人旅。楽しい思い出ですね。オランダは北欧と並んでヨーロッパではもっとも英語が通じる国のひとつですが、それも最近になってのことのようですから、当時はまた状況が違っていたのかもしれませんね。

ブリュッセルの小便小僧、確かに小さくて、それがどうしたの?という感じですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/14-8bc8c7c6

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。