Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
本日見つけた記事から抜粋。 

”牛乳の消費低迷に歯止めをかけようと、乳業各社は独自のコンセプトを切り口にした“新牛乳”の製造・販売に相次ぎ乗り出している。森永乳業は夫婦だけで暮らす小世帯など向けにコップ4杯分の少量パック「森永牛乳720ml」を同19日から売り出した。森永は、「500ミリリットルでは少ないし、1リットルでは余ってしまう」との声が多いのを受け、1~2人でも適度に飲みきれるサイズを作った。(毎日新聞)”

実に日本的だなと思わせる記事である。アメリカに住んでいたとき、スーパーで売られている牛乳のサイズは標準が1ガロン(3.78リットル)だった。どうしてこんなに大きいかと言うと、アメリカ人はスーパーの買い物は週一回程度で済ましてしまうので、大きいものの方が売れるのである。巨大なカートにあふれるほど買い込んで、大きな車のトランクに詰め込み、巨大な冷蔵庫に放り込むのがアメリカ式。で、巨大な牛乳だから(子供が持てないほど重い)、当然使い切るまで何日もかかる。しかしどういう理由からか、アメリカの牛乳は日本やイギリスと比べて長持ちするのである。確か一ヶ月近くもったように記憶している。だから余って困るなどということはないわけだ。
巨大なミルク (Sam’s Club HPより)


森永が720ml牛乳を開発したのは1リットルでは余ってしまうという声が多いためとのことだが、余ればもう一日置いておけばいいわけで、いくら日本の牛乳が賞味期間が短いとは言っても少しくらい余ったところで無駄にはならないと思うのだが。これは欧米風の考え方だろうか。それとも何か短期間で飲みきれるサイズにしなければ売れない理由があるのだろうか。いずれにしてもこの牛乳、冷蔵庫が小さく、スーパーに行くサイクルが短くて、賞味期限にうるさい日本人ならではの商品企画だと思える。欧米(特に米国)では生まれえない発想に根ざした商品だ。
スポンサーサイト

コメント

南アフリカでも、ヨルダンでも、ロングライフの牛乳、美味しかったんですよ・・・かえって フレッシュミルクは、日本よりも、賞味期限内に”悪く”なるため、買わない方が無難だったのでうsが、・・・日本のロングライフは、美味しくないですね~。なぜか、20年経っても、ロングライフは、定着しないですね・・・?! 以前、TI さんが書いておられた、日本は、個人消費者の各自のニーズ・細かい対応・が、他国に比べて、顕著だ、というような点、なるほど尤もだと思いました。今回の750ml の牛乳もそうですけど、便利&消費者思い・・・なのかもしれないけれど、そうやって消費者の”わがまま”に対応する・追従するばかりだと、日本人は、どんどん他国に出て行ってもそのワガママ振りを”当然”な要求として、文句をこれ以上言うようになるんではないか、とちょっと心配しています。細かい対応は、ありがたいけれど、環境に(柔軟に)合わせるという”考えて、工夫する”そういう部分が、日本では急速に減っているのかもしれない、知らず知らずに能力が衰えているのではないか、と思います・・・。「パンになさいますか?ライスですか? & コーヒーですか、紅茶ですか?アイスですか?ホットですか、? お食事と一緒ですか?後ですか?」ファミレスでさえ、この調子・・・。便利だけれど、なければ、ない、で、なんとかしよう、という気持ちが、だんだん日本では薄れているんでしょうかね・・・・。
宇宙和里さん
そういえば、イギリスのミルクも賞味期限内にヨーグルト状にどろっと固まることがありました。日本だとすぐに誰かが騒いで品質問題になるのではないでしょうか。日本では、ロングライフだと逆に添加物があるのではと怪しまれて売れないそうです。日本人は一般的に食品の新鮮さへのパラノイアがあるように思いますね。

食品の種類の多さ、きめ細かさについては、日本はずば抜けていると思います。しかし、その裏には壮大な無駄があるわけです。失敗作もあれば、750mlという特殊サイズを作ることにより物流や陳列棚のサイズなどが設計変更になったり・・・それらすべてをメーカーや流通は消費者へのコストとして上乗せします。当然。世界的に見て食品のコストがとても高い日本ですが、そういった構造的な問題を抱えていると思います。わがままな消費者がいて、マーケティング的にはそれに対応せざるを得ない。ただ、そろそろ時代的に、逆にうまく商品を標準化単純化してコストを下げて、食品業界に価格破壊を起こすというマーケティングがあってもいいように思います。
そうなん?1人暮らしだけど1リトルのサイズちょうどいいだと思うけど^-^
勝てにコメントを入れてもいいかな?!
TIさん書いてるもの面白いから
osakasophieさん
コメントは歓迎しますので遠慮しないでくださいね。牛乳、1リットルでちょうどよいサイズだという声も当然あると思います。でも日本は全体的に食品のサイズが小さいので、牛乳パックも小さめの750mlが売れるかも知れませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/138-bc869144

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。