Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/06«2017/07 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
この数週間ほど、アメリカ留学時代のクラスメートからの連絡が多い。先日UAEに住むヨルダン人のクラスメートからドバイ洪水の写真が届いたし、先々週はドイツのハノーバーで韓国人クラスメートと会い、先週はロシア人のクラスメートと、サンパウロのブラジル人クラスメートから連絡あり。ロシア人の彼はモスクワで戦略コンサルタントとして活躍の様子。東京の日本人クラスメートからも連絡があった。みんな世界各国からアメリカでMBAをとるべく集まって3年前まで一緒に勉強してきた仲間だ。

アメリカのMBAプログラムでは学年の3割がアメリカ国外からの留学生というのが平均的。留学生の中では中国人、インド人が多く、韓国人、日本人がそれに続く。卒業後もアメリカに留まって就職を希望する留学生は多いが、外国人であることの壁は意外に厚く、結局それぞれの出身国に戻って就職する人が大半。わたしのように卒業後そのままアメリカからドイツに移るというのはかなり特殊なケースだ。これが可能だったのは私の会社が国際的に事業展開する日本企業だったからだろう。

将来海外で働いてみたい、という日本人がいれば海外に積極的に進出している日本企業を選ぶのがたぶん、もっとも早道だ。私の会社もそうだが、スタッフや営業マンの多くは20代後半から30代のうちに数年の海外勤務を経験する。一方、外資系企業の場合、職場が国際的ではあっても、外資系企業の日本支社で日本市場を担当するために雇われた日本人が海外に転勤できる確率は(海外研修はあっても)あまり高くないのが現実ではないだろうか。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは!

昔の友達と、ずっとコンタクトをとっていけるのは嬉しいですよね:)***
せっかく会えたんだから、つながりは大事にしていきたい、と思います♪


今回のブログはとても参考になりました。
なんとなく、外資系企業のほうに目が向いてしまっていたのですが、違うのですね。

”海外で(スウェーデンで)働きたい。”そう思ってもどうすればいいのか、なかなかわからなかったのですが、今後はTIさんの言われた事を参考に、もっとじっくり考えて実行していこうと思いました。
はじめまして。面白い記事がたくさんで、読み応えがありました。最近ヨーロッパの賃貸住宅について調べているのですが、イギリスなどの賃貸契約は日本と同じようなものなのでしょうか?それとも敷金、礼金などは無いのですか?なかなか情報が無いので困っています。またアパートを借りる値段の相場というのは、どのくらいなのでしょうか(部屋の大きさにもよりますよね)?
いろいろな選択がありますね。今のこどもたちの時代には、もっともっとそうなっているのだろうなと思います。同じ勉強をした仲間たちがあちこちでがんばっているのは、よい刺激になりますね。もう「ナニジン」というようなくくりがない世界にいらっしゃるのだな~と思いました。
イレノさん、

スウェーデンでの生活を希望されているのですね。もちろん、海外で働くのはビジネスだけではなく、学問やNPO、政府系機関など選択肢は色々ありますので、調べてみられてはいかがでしょう。

スウェーデンは経済規模からみれば大きくはないので、さほど多くの日本企業が進出しているわけではないでしょうが、会社や産業によっては北欧市場を大変重要視しているところもあると思います。そういう会社がねらい目かもしれません。
noeさん、

ありがとうございます。ご質問の件ですが、敷金にあたるものはイギリスやドイツにもありますが、礼金はないと思います。

賃貸住宅の相場ですが、ロンドンはパリと並んで欧州では最も高いでしょう。私は自分の住む場所を探すのに、このサイトを参考にしました。

http://www.findaproperty.com/

ご覧になると分かりますが、イギリスの賃貸住宅情報では敷地などの広さはほとんどかかれていません。部屋数とロケーションで家賃が決まるという感じでしょうか。
castagna さん、

そうですね。留学を通じて自分の世界、人脈が急に開けたような気がします。自分のいる会社や業界の人脈ではないので、しがらみや遠慮がないのもよいところです。

「ナニジン」というくくりですが、確かにグローバル化が進み、以前より意味合いは薄れてはいるでしょう。ただそれでもいざ仕事となると、まだまだ欧州では国籍や国民性想像以上に重要だなと実感することもありますね。
URL、ありがとうございます!初めての書き込み&ぶしつけな質問にもかかわらず、丁寧にお返事していただけて光栄です。
また訪問させていただきます。
のんさん、

どういたしまして。また遊びに来てください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/13-c4693cb8

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。