Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
私の名前をアルファベットでウェブ検索すると、海外のサイトがいくつかひっかかるのだが、その中になんと私の住所と電話番号が公開されているサイトを発見した。

Klicktelというこのサイト、個人の名前を入力するとその人の住所、電話番号、さらにご丁寧にその住所の航空写真地図までが表示される仕組みのサイトである。

私の情報が見事に公開されているので、最初どこから漏れたのだろうと不安になったのだが、試しに社内の同僚の名前を入力してみると、ドイツ人、日本人に関わらずたいていの人の住所と電話番号があっという間に検索できてしまうことがわかった。

プライバシー保護がうるさく言われるこの時代、ちょっと信じられないような話だが、会社で同僚のドイツ人に訊くと、ドイツでは電話帳にも個人名と住所と電話番号が併せて載っており、このサイトはそれを単純にネットに移し変えただけで、特に驚くようなことではないとあっさり言う。日本ではたとえ電話番号は電話帳に公開しても、住所までは普通記載しないし、最近は個人情報保護がうるさくなって、さらに神経質になっていると話すと、ドイツは安全だから大丈夫などと無責任な返事。まったく意に介していない様子。欧州を代表する先進国が意外にも個人情報保護に無頓着という一例。
スポンサーサイト

コメント

TI さんはご存知のことと思いますが、アメリカでは1900年代から個人の住宅などの情報がインターネットで見られます。
Sep,11災害以後でも変わっていません。
2004年にニューヨーク州のアルバニーで知人の家を訪問しようと検索しましたが、自分の現在いる場所と、行き先を指定すれば地図と、道路の名前、距離、交差点で曲がる方向など細かくリストされた資料が出ます。
衛星写真はもちろん、人名からその人の電話番号、住所、職業まで分かります。その際、有料ですがその人の経歴まで検索できるサイトがあります(やってみたことがありません)。そのとき、知人が旅行中で電話が通じなく、その方の息子さんが市内に住んでいることと職業が分かっていたので、ファーストネームは知らなかったのですが突き止めることが出来ました。
ヨーロッパには、知人はいませんが、個人経営のホテルやアパートメントの道順を調べようとしてもアメリカほど充実していないようで不便を感じています。
日本での個人情報の取り扱いは社会的ルールが定着するまでしばらく混乱するでしょう。
ちょっと・・・いえ、かなり驚きました。
個人情報は最近騒がれてますから・・・・
登録したわけでもないのに検索で出てくるのですね?
悪い事に使われなければ便利ですけど・・・
検索はしないでおこう・・・(^_^;)
こんにちわ^^。 ↑のspaceglow さんが、書いておられますが、私も時々、知人(住所を調べたいわけではなくて)を探したくて、ネットで 検索すると、住所とか、自ら公開している人もあることに、少し驚きました。 ただ、日本に帰国した当時、思ったのですが、日本は、個人情報保護法と うるさく 言われ始めた・・・(余計なところばかり、うるさいのですよ。 学校の、クラス名簿:住所氏名電話番号)を、連絡網以外の目的で使わないでくださいとか、って・・・。でも、このリストを元に、個人的に「お茶しませんか」っていう連絡をしても、構わないのではないかとおものですが、やたらと 重箱の角をつつくような 細かさです。ただ、悪用されるとイヤだ、というのは、ありますけど。)結局は、良心の問題だと思うのです。なぜなら、名前が公開されていなくても、電話帳で、地域の番号を片っ端から調べて、電話をかけてくる”セールス”とかもいますから、こういうのは、一体どこから、かけてくるの? というと、電話帳=昔は、こんな使い方する人は、ほとんど居なかったですよね・・・。ダイレクトメールもそうですが、情報は、公開されていても、それを使う人間の、モラルの意識次第なのだろう、と 思う今日この頃です。 日本は、過保護みたいだけれど、それは、まだマチュアではない、ってことなのはないでしょうか?!・・・。 どちらにしても、行き過ぎは困りますし、怖いですけどね。
spaceglowさん
私もアメリカにしばらく住んでおりましたが、そこまで公開されているとは知りませんでした。職業まで分かるとはちょっと行き過ぎのような気がしますね。道順については、ヨーロッパでも最近はGoogle MapなどのサービスがドイツやUKで始まっていますし、イギリスのRACのサイトなどでもJouney Plannerが充実しています。ただ国によってはまだまだのところもありますが。
ステラさん
特に住所などの情報を公開するような登録はしていません。おそらく電話を申し込んだ時に公開を希望するかどうかと言う質問があるのではないかと思いますが、特に何も言わないとこうして載ってしまうようです。

ストーカーなどにとっては好都合な状況だと思いますが、こちらではまだこの住所公開が問題になっているようには思えません。
宇宙和里さん
日本は細かいことにこだわるなあ、というのは私も普段良く感じることです。同時に日本と言う国は性悪説に立って国民を見ているなと思うことしばしばです。つまり役所は国民を信用していないし、子ども扱いし、間違いを極度に恐れて過保護になっているように思います。

記事中に紹介したサイトですが、電話番号の隣にSkypeへのリンクがあります。こらを使えばPCで電話できるという仕組みです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://europewatch.blog56.fc2.com/tb.php/121-defd940f

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。