Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2008/03«2008/04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2008/05
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
先日イタリアまでドライブしたとき、スイスのルツェルンという街に立ち寄りました。チューリヒやバーゼルに近いためか、日本ではあまり知られていない街だと思いますが、アルプス山系の山を望み、湖に面したこじんまりと美しい街でした。かつてはビクトリア女王がバカンスに訪れたという、ヨーロッパではちょっと知られた高級避暑地リゾートのようです。
ルツェルンにあるヨーロッパ最古の木造橋14世紀建立

この街の特徴はなんといっても高級時計店の充実振りです。街の中心部のしゃれた商店街には至る所に時計屋さんがあります。その多くは当然ながら高級なスイス時計。その中でも街の中心部のひときわ目立つところに位置しているのが、”Bucherer”(ドイツ語でブヘラと発音)というお店。ショーウィンドウにもずらりと高級時計が陳列されていますが、中に入るとかなり奥行きがあって広々としており、それがなんと4フロアもあります。そのほとんどがスイス製高級時計。東京にも色んな時計屋さんがありますが、ここまで大きくて高級な時計ばかりを揃えた店はないのではないでしょうか。チューリヒなど、スイス各地とドイツなどにもお店がありますがこのルツェルンが創業の地で本店。昨年秋に日本支社を設立したようです。

ブヘラのルツェルン本店


このブヘラは高級時計とジュエリーの名店として有名ですが、もう100年も前からBuchererブランドの時計も出しており、ドイツのアンティークのお店などでもエレガントなデザインのヴィンテージ腕時計を見かけます。日本ではまだあまり知られていないけれど、本場スイスではよく知られた老舗のブランドの時計が欲しい、というこだわり派の方にお勧めします。

ブヘラ パトラヴィ


スポンサーサイト
     
ヨーロッパは車のメーカー、ブランドがひしめいており、トヨタが半分を占める日本よりもバラエティに富んでいます。その中には、いくつか日本では見ることが稀なメーカーの車も走っています。そのうちの一つがスペインの車セアト(SEAT)。元々フィアットと提携していたメーカーですが、現在はフォルクスワーゲンの子会社になっています。

ヨーロッパの車というのは、メーカーの名前がそのままブランドのイメージに直結しており、その下の車名というのは、単なる番号だけというパターンが多いのですが(プジョー407とか、BMW645, Audi A5といった具合です)、SEATのネーミングはなかなかユニーク。SEATの車はみんなスペイン国内の地名をその車名として冠しています。

例えばSEAT Ibizaはダンスパーティアイランドとして知られるイビザ島の名前を付け、ヨーロッパの若者に大いに人気を博しました。

SEAT IBIZA


そのほか、小型車マルベーリャ、コンパクトファミリーカーのコルドバやマラガ、中型車トレド、そしてファミリーMPVにはなんとアルハンブラというたいそうな名前を付けています。すべてスペインの名所旧跡の名前です。日本ならさしずめ、「京都」「横浜」「法隆寺」という感じでしょうか(笑)。

実はSEATは、最近はフォルクスワーゲンと車台を共有しており、違うのは顔つきだけという車ではありますが、こうしたユニークなネーミングととんがったデザイン、安価な価格設定でうまく若年層に売り込んでいるようです。

だいぶ前イギリスで、スズキの軽トラが“Sumo”という名前を付けられているのを見て笑ってしまったことがありましたが、日本の車も、欧米の真似をした無個性で無難なネーミングから一つ脱皮して、日本車であることをもっと訴求するネーミングにすれば、意外と海外で受けるのではないかと思うのですが、どうでしょうか。
     
静寂を重んじる文化を培ってきた日本が、実は世界で最もうるさい街を作り上げてしまっている矛盾をついた日本在住の外国人のコラムを読みました。芭蕉の句『古池やかわず飛び込む水の音』を引用し、現代日本ではとてもそんな音は聞き取れないだろうと苦言を呈しています。駅のアナウンスに発車のメロディ、拡声器を使った選挙演説、暴走族、レストランのBGM、エスカレーターの注意など、私がいつもうるさいなあと不快に感じている騒音をそのまま取り上げていました。

ロンドンの地下鉄もドイツの国鉄DBも、駅に入ってくる電車のアナウンスなどないし、ましてや発車のメロディもありません。目の不自由な人のための横断歩道信号の音も日本では考えられないほど簡素で静か。街頭で拡声器で演説することは法律で禁じられていますし、レストランは音楽を聴くところではなく、会話を楽しむところだと認識されています。車の改造はほとんど不可能なほど法規制が厳しいですし、エスカレーターでは乗り方をわざわざ教えてはくれません。

     
夜、外での会食を終えて車で帰宅途中、飲酒検問に出くわしました。警察が私に機械を渡して、強く息を吹き込みます。その呼気に混じるアルコール濃度によって、酒気帯びかどうかということになるわけです。ドイツの基準では、数時間前のビール一杯くらいは問題がないとされています。このあたりの基準は各国まちまちで、ドイツはフランスなどに比べて厳しいことで知られています。

検問のとき、助手席にいたのがアメリカ在住暦の長い人。彼によれば、アメリカでは不審な挙動をしていない限り、走っている車を止めて検問をすることは法律で認められていないとのこと。確かに私の経験でも、アメリカでもイギリスでも飲酒検問を見たことはありません。イギリスではスピード違反さえ、カメラ任せで、警察がレーダーで張っているということはまずありません。その代わりスピードカメラの台数は半端ではありませんが。

一方、こちらドイツでは朝はスピード違反の取締り、夜は飲酒検問と、この辺は日本とよく似ています。一つ大きく違うのが、ドイツでは警官がデビットカードの決済端末を携帯しており、罰金の支払いがその場でできてしまうこと。

「25ユーロになります」

と言われてデビットカードを差し出すと、警官が端末でカードをスワイプし、端末に暗証番号(PIN)を打ち込むと、ローラーペーパーにレシートが印刷されて出てきて、ピリッと破いて渡され、「行ってよし」となります。まるで買い物感覚。わざわざ郵便局や銀行に払いに行かなくていいので便利ではあるのですが、まるで金儲けのための取り締り。何事にも「合理的なドイツ」です。

     
同僚のオランダ人が今週から東京に出張しているのですが、出張前にいい輸入時計のお店を教えてくれと頼まれました。1ユーロ160円の昨今、ヨーロッパの高級ブランド腕時計であれば、日本で買うほうがこちら欧州で買うよりも安いのです。RolexのExplorer IIを買いたいのだとか。また、ベルギー王室ご用達というチョコレート、Pierre Marconiの箱詰めを今日とある人からいただきましたが、一万円もするこれも銀座で買うほうが、ブリュッセルで買うよりも安いようです。

ユーロ高だけでなく、日本の消費税にあたるVAT(付加価値税)もこちらドイツは19%(一昨年まで16%でしたが、2007年に3%も急上昇しました)。消費税分だけで14%も日本が安くなります。ちなみにヨーロッパのVAT税率は各国で異なりますが、イギリスは17.5%、フランスは19.6%などEUの主要国は軒並み20%前後。北欧などでは20%を超えます。税率が低いのはルクセンブルグの15%や、EU加盟国ではありませんが、スイスが7.6%です。
     
昨日から出張でアムステルダムに一泊。春らしい良い天気でしたが、丸一日ホテルの会議室でミーティング。西欧諸国はもちろん、ロシア、ポーランドから北欧、ポルトガル、果ては南アフリカまで、ヨーロッパ各地と一部アフリカからも人が集まりましたが、例によって日本人は私一人。こうした会議に集まってくる面々には、オランダ人やスイス人をはじめ、3~5ヶ国語くらいを操るマルチリンガルの人も多く、誰かとスペイン語で話しているかと思えば、隣の人にイタリア語でジョークを飛ばし、そこに通りかかった私には英語で話しかけてくると言った具合で、ヨーロッパ人の言語の切り替えのすばやさに毎度ながら感心します。こっちなど、英語以外はほとんど話せないくせに、一応、挨拶だけはドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語など相手に合わせて使い分けようとしてみますが、一呼吸置かないと切り替えが効きません。

こうした場では食事時などに、普段は聞くことができない様々な国の話を聞くことができますが、興味深かったのはFrench Caribbeanと呼ばれる、フランス領カリブ海諸島で8年間働いていたドイツ人女性の話。
     
今週は車でイタリアまで行ってきました。デュッセルドルフからミラノまでまっすぐ行けば860km。これを途中スイスのルツェルンLuzernという街に立ち寄り、そこからアルプス山脈を越えて(というよりトンネルを抜けて)スイス南部に出るともうそこはイタリア語圏になります。結局イタリアとスイスの国境に近い保養地コモ湖の湖畔に宿を取り、そこからミラノまでは車で一時間半足らず。帰りはチューリヒに寄り道して、ドイツに帰国という旅程でした。

Map from Dusseldorf to Milan

スイスを車で移動するのは二度目ですが、今回は初めてアルプス山脈を越えてイタリア側に出ました。アルプス越えといっても、高速道路のトンネルがそのままアルプスの山腹を貫通しており、多少上り下りはあるものの、ほとんどストレスは感じずに走り抜けることができてしまいます。トンネルはゴッタード・トンネルGotthard Tunnelといって、全長は30km程度にもなる長さです。高速道路から眺めるアルプスはこんな感じです。

高速道路から見えるアルプスの風景 Gotthard Tunnel手前からアルプスを望む


興味深かったのは、トンネルの向こうとこちらとのコントラストでした。
FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。