Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2007/10«2007/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2007/12
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
ナイーブ(naive)という英単語があります。「ナイーブな肌」とか、日本でも日常的に使われています。これを私は「敏感な」という意味だと長らく理解していました。ところが、イギリス人などと話をしていると、このnaiveがまったく違った意味で使われており、混乱しました。実際には naive は「世間知らず」「無知な」といった意味で使われます。

He is naive.といえば、「彼は世間知らずなめでたいやつだ」といった否定的な意味なのに、「彼は傷つきやすい繊細なやつ」と私は間違って理解していたわけです。「繊細」=sensitiveであり、naiveはむしろ「鈍感」と訳したほうが意味としては近い。こうした、半ば日本語としても使われる英単語が、実は違う意味を持っているというケースは結構あります。たとえば:

> smart =「細身」ではなく、「賢い」「かっこいい」。細身はslim。
> busy = 「忙しい」という意味でも使われるが、「混雑している」という意味で使われることも多い。busy trafficとか、busy airport、busy street(人通りが多い道)など。電話が話中という場合もこれ。
> claim =「苦情」というより、「請求する」という意味。立て替えた経費を会社に請求する場合など、I claim it to the company.と言う。苦情はcomplaint。
> handle = 「扱う」「処理する」という動詞として使われる。車の「ハンドル」はsteering wheel。

他にも色々とあると思いますが、とりあえず頭に出てきたものを書いてみました。

先日、私の上司のイタリア人が、会社のリストラに際して余剰になる人たちを解雇しなければならないということを言うのに、"They will be dismissed."という表現を使ったところ、イギリス人が、「"dismiss"ではあまりにもイメージが悪い。"They will be made redundant."とすべきだ」と指摘していました。”dismiss”はストレートな表現で、「お前のパフォーマンスが悪いからくびにする」というネガティブな響きがあるようです。その点、"make redundant"であれば「余剰人員をカットする」ということで、同じ解雇であっても会社の事情であぶれたという意味合いになります。イタリア人にはそのあたりのニュアンスの違いが分からなかったわけですが、内容が内容だけに、英語ネイティブは敏感にその違いを指摘したわけです。

"make redundant"。日本の英語の授業で習う事はありませんが、こちらのビジネス社会ではしばしば耳にする表現です。
スポンサーサイト
     
今日は久しぶりに英語の話題を。今朝のTimesの記事で目に付いた英語表現です。

Virgin on verge of winning Northern Rock race

キーはこのon the verge of –ingという表現。(上見出しではtheが省略されている。)

「~の瀬戸際にある」とか「間際にある」といった表現はビジネスの現場でもしばしば使われます。代表的な表現としては下の二つがあります。

be on the verge of loosing business = ビジネスを失う瀬戸際にある
be at the brink of war = 戦争の間際にある

vergeもbrinkも端っこ、がけっぷちという意味なので、ネガティブな結果を招きそうな場合に使われることが多いようです。私が普段メールをやり取りするイギリス人は”verge”の方をよく使っているのを見ると、こちらのほうが一般的なのかもしれません。ただ、どちらの表現も英語を母国語としない外国人が使っているのはあまり見かけないので、表現としてはやや硬く、かなり英語を勉強した人が使う表現だと思われます。

そんなことを考えながら次のTESCOの海外進出についての記事を読むと、似たような別の表現が出てきました。

“We are on the threshold of becoming one of the few successful international retailers.”

「我々は、国際的に成功するリテーラー(小売業者)の一つになれるかどうかの境目にある。」

thresholdという単語はどちらかといえば技術英語で、ある一定の値を超えるとある現象が一気に拡大するような、そんな値のことをスレッショルドと言って日本語でもそのまま使われたりします。この記事の場合、TESCOがイギリス国外での売上比率が27%に達している今、もうひとふんばりすれば一気に海外売上が拡大する、その分かれ目に来ていることを"threshold"という単語で表現しているわけです。

以上、同じ日に同じ新聞の二つの記事で似たような表現を見つけたので取り上げてみました。
     
昨日オフィスでのこと。私の近くのデスクに、イタリア人から電話がかかってきたのですが、イタリア語しか通じない。「誰かイタリア語できる人いませんかあ」と英語で呼びかける声に、「私が何とかできるかもしれない」と手を上げたのが私の課のポルトガル人女性。彼女は母国語以外にスペイン語と英語が達者で、オランダ語もかなり話せる(ドイツ語は私よりも下手ですが)。

「プロント(もしもし)」と電話を取った彼女は、その後しばしイタリア語で会話。ポルトガル人でスペイン語にたしなみがあればイタリア語はなんとか理解できると彼女は言いますが、そのどれもほとんど分からない私から見ればちょっとした魔法のよう。言語間の距離が近いということはすごいことだなと、改めて感心した一幕でした。
     
先週末、デュッセルドルフで開催されている美術展に行ってきました。”Bonjour Russland” と銘打ったこの展覧会は、フランスの印象派、バルビゾン派、フォービズム、キュビズムといった絵画がRussland(ロシア) の絵画に与えた影響を俯瞰するというもので、ロシアの富豪のコレクションを中心に、エルミタージュ、プーシキンといった美術館からも有名作品が集められています。普段なかなか見ることができない作品が多いため、話題になっているそうです。モネ、マネ、マティス、ルノワール、ゴーギャン、セザンヌ、カンディンスキーなどの作品に混じってタトリンなどのロシア人画家の作品が並べられ、その共通性、影響がわかる展示になっていました。そんな中で私が目を奪われたのがこれ。

Portrait of Jeanne Samary (Renoir)


ルノワールの「Jeanne Samary」。実物は等身大並の大きさで、表情のナチュラルさ、淡いピンクのドレスの質感、そして写真では判りにくいですが唇の鮮やかな紅さなど、ほれぼれする美しさに目を離せなくなりました。幸い個人所有ではなく、サンクトペテルブルグのエルミタージュにある絵なので、またいつか見るチャンスもあればいいなと思っています。

なおこの展覧会、来年1月までデュッセルで開催された後、次はロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツに移動するそうです。
     
EU Citizen (EU市民)という言葉がある。ヨーロッパ人が自分たちのことを時々誇らしげにそう呼ぶのだが、これにはすなわちEU加盟国の国民として権利が保証されているという意味がある。EUが保証する代表的な権利として、EU国間での移動、就労の自由がある。EU内であればどこに住んでも、どこで働いてもよいわけだが、現実はそう簡単にはいかない。国によって言葉も違えば文化、習慣も違う、教育システムも異なれば、税制や社会保障も異なるということで、ハードルはいろんな意味で高い。

特に税金が高く社会保障が手厚いヨーロッパではその違いはインパクトが大きいので問題だ。他国で働いて将来自国で年金を受け取る場合など、複雑な手続きが必要だし、最悪損をする場合もあるようだ。同僚のポルトガル人は現在オランダに住んでいて、ドイツで就労しているが、この場合所得税をどの国に支払って、どの国で住民税を払い、将来どこで年金を受け取るのか、手続きが複雑であることは容易に予想がつく。しかも申請書類はそれぞれ違う言語で書かれているので、書かれている内容を理解するのも簡単ではない。EUはこの問題には当然気づいており、改善の動きもあるようだが、各国の税制や政治的思惑が絡んでなかなか進まないのが現状だ。

私の会社でも現地社員の欧州間の転勤というのは結構あるのだが、多くの人は転勤を嫌がる。奥さんが働いていて学齢期の子供がいるから他国への転勤は困るというのは分かるが、独身であっても他国への転勤を嫌がる人も結構いる。特にドイツはイメージがあまりよくないようで、たとえばフランス人にドイツへの転勤を納得させるのは大変だ。西側先進諸国では各国民が自国にこだわる例がよく見られ、みんな意外と保守的なんだなとよく感じる。EUはEU市民の労働人材流動を奨励するが、他国で働いているEU市民は5%にしか過ぎないのだとか。一方で、EUは生活レベルが異なる東欧から西欧への労働力流入は規制しており、たとえば最近加盟したルーマニアの人は五年間は他国での就労は制限されているのが現実だ。このあたり、自由の理念と現実の多国間の利害の対立との間で微妙なさじ加減を要求されるEU運営の難しさが現われている。
     
ささいでつまらないことだけれども、国によって違うものや習慣ってありますよね。いくつか例を挙げて見ます。

1. レストランの支払いをクレジットカードで済ます場合、イギリスやアメリカであれば、”Gratitude”と書かれた欄にチップ金額を自分で書き込んでサインすればよいが、大陸欧州や日本の場合、これはできない仕組みのようだ。チップ分はあらかじめ請求額に乗せてもらうか、別請求にしてもらうか、現金をおいていくかである。これは今日オランダで夕食を支払ったときにあらためて気づいた。

2. なお、チップの金額はアメリカではトータルの15%以上、イギリスでは10%という不文律があるが、ドイツなど大陸欧州では決まった金額はないし、なしでもかまわない。細かいおつりを置いていく程度がスマート。

3. 車のスピードカメラは、フランス、ベルギー、ドイツは日本同様前方からしっかり顔まで撮られるが、イギリスとオランダでは後方から車だけの撮影。これはプライバシー保護のためだと聞いたことがあるが、真偽は不明(私、本日オランダの高速道路で背後から撮影された模様)。

4. マクドナルドやバーガーキング、欧州でも各国にあるけれども、大陸欧州ではポテトにマヨネーズをつけて食べるのが一般的。これはベルギー名物のポム・フリートが原点か。ドイツのバーガーキングではケチャップもマヨネーズもただで付いてくる。イギリスとアメリカはケチャップ。アメリカはケチャップはポンプで出すディスペンサーがあってケチャップもドリンクも取り放題、飲み放題。日本は塩だけ?

5. ホテルの部屋やオフィスからの外線発信は「9」が英米の標準だが、大陸欧州は日本と同様0発信が主流。

     
今週こんなニュース記事が配信されていた。

「英国ニュースダイジェスト」より抜粋

英で妊婦バッジが好評
おなかに赤ちゃん乗車中!

ロンドン市交通局が妊婦向けに無償で提供する「(おなかに)赤ちゃん乗車中!」と書かれたバッジが好評だ。地下鉄の乗客がバッジを見て自発的に妊婦に座席を譲ることを促す試みで、妊娠初期や冬の重ね着などで妊娠に気付いてもらえない女性に代わり、小さなバッジがさりげなく新たな命をアピールしている。


英国ニュースダイジェストの記事全文

ロンドン市交通局のページの記事


Baby on board badge こんな風につけるBaby on board!バッジ
これがそのバッジ。やはり、妊婦には優しくしてあげたいもの。妊娠初期の人や細い人なんて外見ではわからないから、いいアイデアだと思う。私の経験では、イギリス人はやはり一般的にマナーが良い人が多い(狭い通路や道で対面したときに譲ってくれる、前を歩く人がドアを開けて待ってくれるなど、「われ先」にという人が少ない)。上の試みもマナーの国イギリスならではのアイデアだが、人に席を譲るべきかどうかという判断は結構微妙で、下手に譲ろうとすると相手に不快感を与える場合もある、という点ではイギリス人も結構悩んでいるようだ。

下のBBCの記事は冗談っぽく、こんなバッジもあったほうがいいと10個のパロディ・バッジを提案している。

10 badges for commuters


特に最初の”No Baby On Board!”は秀逸。妊婦だと思って席を譲ろうとしたら、その人は妊娠なんてしていなかった…なんて、気まずさではお互い最悪だろう。たしかに欧米では、太っているのか、妊娠しているのか分かりにくい人、結構いますよね(失礼)。
     
バグパイプなどを使った独特の哀感漂う旋律を特徴とするケルト・ミュージック。その影響を色濃く受け継ぐ現代ミュージシャンと言えばアイルランドのEnyaを思い浮かべる人が圧倒的に多いと思うのだが、私としてはなんといってもこの人が最初に来る。

Live at Montreux 1981 (Mike Oldfield)Live at Montreux 1981 (Mike Oldfield)
(2006/05/16)
Mike Oldfield

商品詳細を見る

これは先日買い物に出かけた際に覗いたCDショップで偶然見つけて衝動買いしたライブDVD。スイスのモントルー・ジャズ・フェスティバルでのマイク・オールドフィールドのライブ(1981年)。彼はドイツでは特に人気があるのである。

ヴァージン・グループの創始者リチャード・ブランソンが70年代にヴァージン・レコードを立ち上げた時の第一号アルバムがマイク・オールドフィールドのソロ・デビュー作「チューブラーベルズ」(1973年、下写真)であり、これが全英チャート一位と大成功を収めたことからその後のヴァージン・グループの躍進が始まったといえる。曲の導入部のピアノによる印象的な旋律が、ホラー映画「エクソシスト」のテーマに選ばれたことから、神秘的な曲というイメージを持つ人も多いが、それは最初の数分だけで、繰り返される印象的なメロディをブリッジに曲は転調し、そこにギターによるケルト風の旋律がかぶさって、雰囲気は牧歌的になり、壮大に広がっていくのである。
Tubular BellsTubular Bells
(1992/06/29)
Mike Oldfield

商品詳細を見る

このアルバムはパート1、パート2と分かれているものの実質40分で一曲という大作。(当時はLPでA面にパート1、B面にパート2という構成。)

20年前、高校時代に夢中になって聴いたマイク・オールドフィールドだが、このモントルーライブが収録された後、80年代半ばからは大作志向からポップ路線に転換し、商業的な成功は収める一方、小粒な印象になってしまった。上に紹介したDVDではそんな端境期にある彼の貴重なライブ演奏を聴くことができる。久々に夢中になって見ることができたライブDVD。下は「チューブラー・ベルズ パート1」のライブ映像。

     
先週10月31日夜、会社から帰ると自宅前の道路に仮装した子供たちがたくさん練り歩いており、その日がハロウィーンだったということに気がついた。古いケルトの慣習をアイルランド移民がアメリカで広めたのが現代のハロウィーンの起源とされ、ドイツでは最近入ってきたイベントであり、さほどポピュラーではないが、私の住むエリアは結構外国人が多いせいか、この北米のイベントも大きな市民権を得ているようである。

アメリカにいるときは、その盛り上がりと規模の大きさに驚いたものだ。町全体に子供たちのために雰囲気を盛り上げようという遊び心があって、誰もが子供に優しかった。

Wikipediaなどを読むと、イングランドやドイツではここ10年くらいにポピュラーになってきたと書いてある。アメリカのように盛り上がらないのは、同じ時期にイギリスではGuy Fawks Day(11月5日)があり、ドイツではSt. Martins day(11月11日)があって、競合しているからだとも言われる。ガイ・フォークスは国家転覆を企て、国会議事堂の地下に大量の火薬を仕掛けて爆破を図った男の名前で、彼が捕まってタワー・オブ・ロンドンで死刑となったのを祝う日。この日は夜になると各家庭の庭で盛大に花火が打ち上げられ、この日に向けて店では大量の花火が売られる。イギリスに暮らしたことがある人なら、この日の火薬くさい町の様子が思い浮かぶだろう。

St. Martin’s dayはカトリックの聖人を祝う日で、ドイツやオーストリア、ベルギーのフランダース地方といったカトリック圏のお祭り。私はこの国に来て始めてその存在を知ったのだが、この日に子供たちはめいめいがラターネ(英語のLanternにあたるドイツ語。ちょうちん)を作って、夕方、近所のお店をめぐってお菓子などをもらうという。ドイツの一部の人たちはハロウィーンが広まることで、このSt. Martins dayがすたれることを危惧しているのだとか。確かにハロウィーンにとてもよく似たイベントだ。

ヨーロッパにはSt. Nikolaus (またはNicholaus) day(12月5日と6日)という、クリスマスのサンタ・クロースとよく似た日もあり、アメリカのようなThanks Givingこそないが、これから何かとイベントが増えるヨーロッパである。
     
Wuerzburg


フランクフルトから東南に100kmほど行ったところにヴュルツブルクという街がある。ロマンティック街道の起点として知られるが、12世紀以来、カトリックの大司教が住んでいた町として発展を遂げてきた。政教を統べる絶対的な権力者としての大司教が住む家として18世紀に建てられたResidenz(レジデンツ)というバロック様式の宮殿は世界遺産に登録されている。
Residenz Residenz Garden
 
今回ウルムからの帰り途中ランチのために立ち寄っただけだったが、さすがに大司教の町、宮殿だけでなく、大聖堂、教会、要塞など、ロマネスク、ルネッサンス、バロックと様々な建築が立ち並ぶ様は、数あるドイツの歴史ある街の中でも風格がある。

なお、このヴュルツブルクのほんの少し南にローテンブルクという街があり、ここはロマンティック街道と古城街道が交差するドイツ観光のハイライトとして知られる。私は数年前にこの街にも訪れたことがあったので、今回は通過してしまったが、このローテンブルクと合わせて、機会があればいつかまたゆっくりとロマンティック街道を旅してみたい。

     
紅葉が深まり、美しい森の木々が目に鮮やかな晩秋のドイツ。先週末、車でドイツ南部のレゴランドまで家族で遊びに出かけた。途中、町全体がちょっとしたアウトレットショッピング街と化している、シュツットガルト近くにあるMetzingenという街に立ち寄り、秋冬服を買う。ここはHugo Boss, Strenesseなどドイツのブランドが特に充実している。

レゴランドは、ご存知おもちゃのレゴブロックをモチーフとしたテーマパークで、本国デンマーク、イギリス、アメリカ、ドイツで開園している。園内の乗り物はレゴブロックの形をしているし、精密なミニチュアの街がレゴで作られていたりと、楽しい。絶叫マシーンなど派手なものはほとんどないので、子供向きである。

Legolandドイツ、街のミニチュア


このレゴランド、ドイツでもイギリスでも冬季は閉鎖されており、この週末で営業をいったん終了し、次にオープンするのは来年の春である。一年の三分の一を閉鎖してしまうなんて、年間入場者数を競うような遊園地と違って、なんとも優雅な営業スタイルである。

レゴの工場を模したLego Fabrikでは様々な形と色のレゴが格安でばら売りされており、みんな袋いっぱいに詰めて買っている。このときは70ユーロ相当が20ユーロまでディスカウントされており、うちの子供たちも満足。

ディズニーランドのように大規模でもないし派手さもないが、レゴという、大人から子供まで楽しめるおもちゃを題材にした子供に優しい、穏やかなテーマパークは、私たちのように小さい子供がいる家族にとってはなかなか快適である。

二年前の10月にイギリスのウィンザーのレゴランドを訪れており、そのことを過去のブログに書きとめている。似たようなことを書いているなと苦笑。でも、ドイツの方が施設の充実度、混雑の少なさから見てお奨めである。



FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。