Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/04«2017/05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
オーストリーの記事で思い出したのが、オーストリーの首都ウィーンの呼び方。英語ではVienna (ヴィエナ)と発音し、ドイツ語ではWien (ヴィーン)。なぜ、日本ではウィーンと呼ぶのか。ちょっとネットで調べてみたが特にはっきりこれといった説明は見つからず。

結局、昔の日本人が、Wienというドイツ語表記を見て、誤って英語風の発音でウィーンにしてしまったのか、と考えたのだが、しかしそれも何かあまりにお粗末な話。その人にドイツ語の知識があればヴィーンとなっただろうし、英語の知識があればヴィエナとなっていただろうに。第一、仮にその人が間違っていたとしても、誰か他の人が間違いに気付いてもよさそうなものだ。

ちなみに、アメリカにはWienという地名がいくつかあり(アメリカの田舎には、MoscowだのWarsawだの、ヨーロッパの都市の名前をつけた街が散見される)、これはウィーンと発音されているようだ。
スポンサーサイト
     
一昨日ネットをにぎわせたニュースにオーストリアの日本での呼称についての話題があった。(Österreich 日本語表音表記 の変更について

オーストリアがオーストラリアと混同されるのを防ぐためということだが、一国の呼び方をあっさり変えてしまうのは、なかなか影響があるのではないかと思う。戦前はオウストリ(なんかレトロ)と呼ばれていたため、それに近い形に戻そうということらしいが、何しろ、過去60年以上にわたってオーストリアは(日本では)オーストリアだったのだ。地図だって教科書だって、様々な文書だって、人々の記憶だってすべてオーストリアである。
FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。