Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/06«2017/07 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
昨日から今日にかけてパリに出張。木曜も金曜日は曇りで、午前中はみぞれ混じりの小雨もぱらつく肌寒い天気。ただ先週は20度に達する異様な暑さだったようだ。

フランスでは4月22日から5月7日にかけて注目の大統領選挙が行われる。セゴレーヌ・ロワイヤル女史とニコラ・サルコジ内相の一騎打ちと言われているが、ロワイヤルがフランス史上初の女性大統領になる可能性があり、内外の注目が高い。彼女の華やかな美貌と、社会党第一書記であるパートナー(結婚はしていない)との間に四人の子供がいること、男女同権と環境保護を訴えるその姿勢が庶民の人気を集めていると報道されている。

さぞかし女性に人気があるのではないかと思い、同僚のフランス人女性三人に尋ねてみたところ、三人が三人とも口をそろえてアンチ・ロワイヤルなので少し驚いた。彼女たちによれば、ロワイヤルは口先だけで中身が伴わず、信用できないということらしい。確かに、彼女が外交や軍事といった問題に疎く知識がないという問題は以前から指摘されていたが、働く女性の象徴としてこれ以上の存在はないのではと私は思っていたので、働く女性たちからのこの嫌われようは意外だった。ドイツのメルケル首相に続き、フランスのロワイヤル、そしてアメリカでヒラリー・クリントン政権が登場すれば、政治の世界も女性を中心とした新たな時代に突入するのだが、女性は同性に厳しいのだろうか。

セゴレーヌ・ロワイヤル

スポンサーサイト
     
パリ症候群」という言葉がある。Wikipediaによれば、パリにあこがれて渡仏したものの、現地の言葉や生活に融け込めずに精神が不安定になることをいうらしい。企業駐在員やその家族にも時々あるようだ。パリはあくまで例えであり、場所はパリに限らない。要するに海外への憧れと現実のギャップに苦しむことを表す言葉である。ただ、パリは外国人にやさしい街とは言えないので、発症しやすいのだろう。こんな記事も報道されている。

'Paris Syndrome' strikes Japanese

パリは街が汚れている上に人が不親切で、憧れが裏切られてショックを受ける日本人旅行者が多いという記事であるが、まあ、パリはたしかに壮麗だけれども、きれいで清潔な街とは言いがたいし、街は騒々しくて無礼な人も多い。

観光客の数では世界一を誇るフランス、そしてパリだが、一方でヨーロッパの人々には上のような理由で評判が芳しくない街でもある。無礼なパリジャンのイメージ回復のために、フランス観光局はこんな一風変わったキャンペーンまで行っている。

http://www.cestsoparis.com/attitude-game.php

昨今フランスで頻発する移民たちの暴動も、外国人を見下すフランス人の態度と無関係ではないだろう。
     
クリスマスから年末にかけて、フランスのロワール地方にドライブに出かけた。ロワール川沿いに中世の古城が点在することで有名な土地だが、今回の旅ではそれらの世界遺産の古城群を見て回ることができた。

フォンテーヌブロー宮殿を池から眺める ディアーヌが気に入らなかったというショーモン城


ロワール地方は古城にまつわる歴史がとても興味深い。
     
クリスマス休暇を利用して、フランスのロワール地方にドライブに行っていた。携帯電話は持っていったが、休暇中電話をかけることも受けることもなく、PCにもネットにもまったく触れず、純粋に家族だけの時間を過ごしてリフレッシュ。

ヨーロッパが面白いのは国ごとに文化、歴史、習慣などが異なるその多様性だが、フランスを数日ドライブして改めて気付いたフランスの道路事情はこんな感じだ。


     
今日はすばらしい天気でとても暖かいパリに。コート要らずの暖かさ。「ちょっと異常だね。やはりGlobal warmingかな」とイギリス人同僚と話すほど。

パリのシャルル・ド・ゴール空港については以前も触れているが、やはり何度来てもユニークな空港だと感心してしまう。着陸して飛行機を降りてから、荷物をピックアップするためにエスカレーターで「上」に上がらなければならないという空港を私は他に知らない。円形をしたターミナル1では、Baggage Claimがビルの最上階にあるのである。どう考えても奇妙なレイアウトだし、滑走路から重い荷物をわざわざターミナルビルの最上階まで上げてくる手間とパワーも相当なものだろうに。世界一荷物の紛失が多い空港だと聞いたことがあるが、果たしてこれも奇怪なレイアウトに関係があるのかないのか。

I Robot I Robot
The Alan Parsons Project (1989/03/01)
Sony Budget
未来的な空間はレコードジャケットにも

     
これまで公序良俗に則ったブログで通してきましたが・・・

FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。