Europe Watch

 これまでイギリス、アメリカ、ドイツと移り住んできたビジネスマンが、海外での暮らしや習慣、ビジネスなどについて様々な視点から語るブログです。
2017/10«2017/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
先日こんな記事を目にしました。

英国人の10%はトイレの後に手を洗わず=調査

「英国の医薬品会社ミルトンが行った調査では、同国では人口の約10%に当たる600万人がトイレの後に手を洗っていないことが分かった。また、1カ月に1回しか下着を替えない人は50万人以上であることも明らかになった。英国では3分の1以上の人が体を毎日洗っておらず、床に落ちたものを拾って食べる人の割合は全体の27%だった。一方、ロンドン居住者やスコットランド人は68%が毎日入浴すると回答。ただロンドンは、1カ月に1回しか入浴しない人の比率が最も高い場所でもある。」



清潔志向の強い日本人にはなかなかショッキングなデータですが、私はこれを読んだとき、調査を行ったのが衛生用品会社だということで、まずは記事の公平性を疑いました。たとえば、「一ヶ月に一回しか風呂に入らない人が多いって言ってるけど、でも、実はシャワーは浴びているのではないか?」とか、そういったことです。人の興味を引くような調査結果を発表して、「みなさんもっと清潔にしましょう、ついてはわが社の商品をよろしく」というメッセージを埋め込むという、マーケティングの世界ではよくある古典的なPR手法ですので、100%文字通り信じるわけには行きません。ですから、念のため、英文記事も読んでみました。

New survey reveals Brits’ dirty little habits (Britsはイギリス人という意味を表すスラング)

これによれば私が疑ったようなことはなくて、一ヶ月風呂にもシャワーにも入らない人が1%いるそうで、その比率はロンドンが最も高いとか。「イギリス人はきれい好きが過ぎてしばしば非難される」と記事にはありますが、意外と不潔な人も多いということです。

Britain’s are often accused of being over the top in our attitudes to cleanliness but as these results show, for some people the opposite is true.

Over the top が「行き過ぎ」という表現で、the opposite is trueは「その逆が当てはまる」といった感じでしょうか。

今年の夏に日本に帰ったとき、公衆トイレで手を洗わない人が多いことが気になってブログに書いたことがありましたが、果たして日本人とイギリス人、どちらがより不潔なのでしょうか。
スポンサーサイト
     
今週こんなニュース記事が配信されていた。

「英国ニュースダイジェスト」より抜粋

英で妊婦バッジが好評
おなかに赤ちゃん乗車中!

ロンドン市交通局が妊婦向けに無償で提供する「(おなかに)赤ちゃん乗車中!」と書かれたバッジが好評だ。地下鉄の乗客がバッジを見て自発的に妊婦に座席を譲ることを促す試みで、妊娠初期や冬の重ね着などで妊娠に気付いてもらえない女性に代わり、小さなバッジがさりげなく新たな命をアピールしている。


英国ニュースダイジェストの記事全文

ロンドン市交通局のページの記事


Baby on board badge こんな風につけるBaby on board!バッジ
これがそのバッジ。やはり、妊婦には優しくしてあげたいもの。妊娠初期の人や細い人なんて外見ではわからないから、いいアイデアだと思う。私の経験では、イギリス人はやはり一般的にマナーが良い人が多い(狭い通路や道で対面したときに譲ってくれる、前を歩く人がドアを開けて待ってくれるなど、「われ先」にという人が少ない)。上の試みもマナーの国イギリスならではのアイデアだが、人に席を譲るべきかどうかという判断は結構微妙で、下手に譲ろうとすると相手に不快感を与える場合もある、という点ではイギリス人も結構悩んでいるようだ。

下のBBCの記事は冗談っぽく、こんなバッジもあったほうがいいと10個のパロディ・バッジを提案している。

10 badges for commuters


特に最初の”No Baby On Board!”は秀逸。妊婦だと思って席を譲ろうとしたら、その人は妊娠なんてしていなかった…なんて、気まずさではお互い最悪だろう。たしかに欧米では、太っているのか、妊娠しているのか分かりにくい人、結構いますよね(失礼)。
     
スコットランドのネス湖で今月初めに謎の生物が撮影され、そのビデオがロイターで配信されている。

http://jp.reuters.com/news/video?videoId=55283&videoChannel=203
私自身はちょうど一年前の同じころにネス湖を訪れている。
http://europewatch.blog56.fc2.com/blog-entry-65.html

ネス湖の周囲は森に囲まれており、人の手はほとんど入っていない。湖畔にはアーカート城という崩れかかった古城があり、はちみつ色の廃墟の城が静かな湖面に佇むさまはとても絵になる。霧や雨が多い地方なので、湖面はしばしば霧に包まれて神秘的だ。湖は南北に細長く、その深さはエンパイヤステートビルが丸ごとすっぽり入ってしまうほど(300m)もあり、さながら地球の裂け目のようだ。それほどの深さがあれば、底までくまなく探索することはとても難しく、底の方に大きな何かがいるのではと考えても不思議はないだろう。ネッシー論争はまだまだ続きそうである。
     
ロンドンの中華街が取り壊される計画に地元中国人が猛反発」という見出しに「!?」と思い、よく記事を読んでみると、ロンドン中心部レスタースクエアのいわゆるあのチャイナタウンではなく、ロンドン北部コリンデールにある「オリエンタルシティ」が取り壊されるということらしい。このオリエンタルシティ、街ではなく、アジア食品などを売るモール街である。ロンドン在住の日本人には馴染み深い存在で、かつては日本食スーパー「ヤオハン」を中核店舗に、旭屋書店、山崎パン、サンリオショップ、すし屋、日本人向けクリーニング屋などが並び、隣には古本の徒波書房もあるという、いわゆる「ジャパンタウン」だった。最上階に中華レストランが二つあり、どちらにもよく足を運んだ思い出がある。

90年代後半の「ヤオハン」の倒産後、経営権は中国だったかマレーシアだったか、他のアジア系に移り、21世紀に入ってからは日本色は徐々に薄れ、逆に中国色がどんどん強まっていったものだ。2005年に何年かぶりに訪ねたときには、旭屋書店はすでになく、クリーニング屋さんも姿を消していた。当時はたくさん見かけた日本人家族も激減。モールはほぼ中国系に占拠されていた。

バブルの頃に急増したロンドン在住の日本人の生活を支えていたヤオハン。バブル崩壊後の地価暴落が原因となって倒産。同時に日本経済の凋落とともに、日本人駐在員家族の数も減っていった。人口減少に陥った日本のモールが、中国勢に取って代わられていく様は、日本と中国の未来を先取りして暗示しているようで、あそこに足を踏み入れるたびに言い知れぬ不安に駆られたものだ。
     
日本では不二家の品質問題が話題になっているようだが、これで思い出したのが昨年の夏イギリスで発覚したCadbury Schweppes社のチョコレートのサルモネラ菌汚染問題。Cadbury Schweppes社はイギリスでDairy Milkというブランドのチョコレートを100年以上販売している老舗中の老舗。昨年春に発生したサルモネラ菌感染源が同社バーミンガム工場で製造されたチョコレートであったことが昨年6月に判明し大量のチョコレートが回収された。事件発覚前後の経緯はこんな感じ。

 2006年春、サルモネラ菌感染が異常発生。
 6月、感染したサルモネラ菌がCadbury社の製造ラインから発見されたものと同じものであることが判明。14ブランドが回収される。
 製造ラインで汚染を発見したのが同年1月で、汚染事実を半年も隠していたことが発覚。
 原因は製造ラインに近接するパイプの漏れにあり、そのパイプはすぐに修繕されたので感染は最小限に留まったため、人体への影響は軽微と判断したとのこと。
 ところがその後2002年にも同様の感染があったのに、同社がその報告、公表を怠っていたことが発覚。

このあたりの経緯はchichiさんの「いぎりすせいかつ」にも取り上げられている。
これだけでも十分だが、さらに3-4日前にはこんなニュースが。

CADBURY 'SORRY' OVER CHOCOLATE BAR MOTH– YORKSHIRE POST TODAY

これはCadbury社のチョコレートバーに「蛾」が混入していたというもの。子供が半分くらい食べてから気付いて母親に報告して問題が発覚した。

これだけ色々と発覚しても同社は製造を止めるでもなく、社長が辞めるでもなく、通常通り営業を続けており、さらに驚いたことに昨年12月にこんな発表までしている。

CADBURY SCHWEPPES WINS QUALITY OF MARKETING AWARD AND LEADS SECTOR IN BRITAIN'S MOST ADMIRED COMPANIES SURVEY
01 Dec 2006


英国企業大手220社による投票で決まる「イギリスで最も尊敬される会社」ランキングで同社が、「品質」「優れたマーケティング」など9つのカテゴリーで上位にランクされたというニュースを自社のウェブサイトで誇らしげに発表している。

サルモネラ菌汚染で多くの感染者を出し、汚染の事実を過去に渡って隠していたことが発覚したのに、半年後に賞を授与されてそれを声高に発表する・・・。日本ではおよそ考えられないことである。方や不二家は特に被害者が出ていなくても、社長辞任だけに留まらず、倒産まで取りざたされている。不二家の追い込まれている状況というのは、イギリス人にはおよそ理解できないのではないだろうか。

社会には鈍感な部分と敏感な部分があって、日本社会はこうした品質問題には異常に敏感(おそらく世界一)。一方で欧米でうるさい人権問題などには鈍感であり、こうした違いが社会のあり方を規定していくのだろう。

サルモネラ菌に汚染された人気のチョコレート
     
ロンドン地下鉄の駅にあるあの長いエスカレーター。長い空間を利用して両側にずらりとミュージカルなどの広告が並ぶことでよく知られている(ロンドンっ子が女優などの目や鼻の頭にガムをひっつけているあれだ)。ロンドンで地下鉄を利用したことがある人はほぼ100%目にしたことがあるだろう。一種のロンドン名物ともいえるが、昨日パディントン駅で異変に気が付いた。これまでは普通の紙の広告だったのが、なんと液晶画面に付け替えられていたのだ。

BBCニュースによれば、これは巨大メディア企業のViacomグループが進めているプロジェクトで、エスカレーターだけではなく、最終的にはすべてのプラットフォーム広告の4分の1程度がこのLCDに切り替わるとのこと。

この記事では、まるで「ブレードランナー」のようにSF的な光景がロンドンチューブに出現したなどと表現しているが、「マイノリティ・レポート」になるにはまだしばし時間がかかりそうだ。

LONDON TUBE AD DISPLAY

写真はBBC Newsから
     
今朝は早朝便でイギリスに。今日のロンドンはかなりの悪天候。イギリス人同僚の車でロンドンから北西に一時間ほど行ったMilton Keynesという町に向かうが、M25,M1ともに悪天候で事故が頻発して渋滞。M40でも大きな事故があった模様。ミーティングを終えて、帰りは車で送ってもらうのを遠慮して電車でヒースロー空港に戻ることに。

ロンドンにはいわゆる東京駅のようなセントラルステーションがなく、ターミナル駅が方面によって分かれている。北に向かうのがKings Cross, St. Pancras、北東から東がLiverpool Street、南東から南がWaterloo, 南がVictoria, 西行きがPaddington, 北西がEustonといった具合だ。東京で言うと上野、新宿、品川などがそれぞれつながらずにばらばらに存在している感じか。

20061212043811.gif

     
 今日はロンドンに。深く雲がたれこめる天候の中、着陸態勢に入るべく降下を続ける機体は左右にロールしたかと思えば、ふわっと体が浮くようにピッチング、といった具合でいつも以上に烈しく揺れた。元来飛行機嫌いの私は、手に汗握ろうかという緊張を強いられる。そこで思い出されたのが三年ほど前、ドイツからロンドン行きのフライトだ。強風が吹く中、着陸直前まで機体が烈しく揺れ、相当緊張したフライト。ラフな着陸の後、機長のアナウンス第一声は、”Well, I hope you enjoyed the flight.”

 安堵感が充満する機内は思わず笑いに包まれる。シリアスなフライトの直後に機長がこんなユーモアを見せるのはイギリス人ならではだろう。航空会社はBAだったから、英国のナショナルフラッグである。これが日本なら、不真面目、不謹慎だと客から苦情が出るのではないだろうか。そんなところにシニカルな英国人のユーモアセンスを見た。

 さて、今日のロンドンはそぼふる雨が道を湿らせる天気。気温は10度に届かない。傘をさすほどではないが、道行く人々はコートなどで体がぬれるのを防いでいる。夕方四時を過ぎるともうあたりはかなり暗い。典型的なイギリスの冬到来である。
FC2ブログランキング

My Profile

TI

Author:TI
日本を離れて八年。イギリス、アメリカを経て現在ドイツ在住。30代も後半に入ったビジネスマンで二児の父。

Calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Blog Link

その他Link
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。